FC2ブログ

ユーロドル1年5カ月ぶりの安値を記録 


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は昨日の東京時間に114円台を回復し、114円20銭まで

    上昇したが、NY市場では株価の大幅下落に上値が重く、113円66銭

    まで反落。

  • ユーロドルは節目の1.13を割り込んだことで下落が加速し、

    NY市場では1.1216までユーロ安が進む。域内の景気鈍化や

    政治的リスクが台頭し、約1年5カ月ぶりとなる安値を記録。

  • 株式市場は大幅下落。アップル株やマレーシアの政府系ファンドの

    資金流出に関与していたとしてゴールドマン株も大きく売られた。

    ダウは602ドル下げ、ナスダックも200ポイントを超える下げに。

  • 債券市場は「ベテランズデー」のため休場。

  • 金は3日続落し、WTI原油価格は下げが止まらず11日続落。

    引け値で60ドルを割り込む。

    本日の注目イベント

  • 独   独10月消費者物価指数(改定値)

  • 独   独11月ZEW景況感指数

  • 英   英10月失業率

  • 米   10月財政収支

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

    NY市場では再び株価が大幅に売られ、ドル円は昨日の夕方には114円台に乗せ、

    一時114円20銭前後までドル高が進んだものの、株価の大幅下落に上値を抑え

    られ、113円66銭まで反落しています。

    ダウは600ドルを超える下げを見せ、ナスダックも200ポイント以上の下げで

    したが、特にアップルとゴールドマン株が売られ、この2銘柄だけでダウを185

    ドル押し下げたようです。アップルはiPhoneに対する需要懸念から売られ、ゴール

    ドマンは、マレーシア財務相が巨額不正疑惑の渦中にある政府系投資会社に関連し

    て、ゴールドマンに対して手数料の全額返還を求めると述べたことが材料視された

    ようです。またゴールドマンのブランクファイン前CEOの関与も取りざたされて

    いるようです。

    ドル円は一時114円20銭前後まで上昇し、直近の戻り高値を抜いてきましたが、

    10月4日に記録した114円55銭には届いていません。

    もっとも、昨日の夕方の動きは、ユーロドルに引っ張られた側面が強く、ユーロド

    ルが節目の1.13を割り込み、ドル高ユーロ安が加速したことに影響されたと思

    われます。ユーロドルは1.13近辺では、これまでに何度も跳ね返され「壁」に

    なっていましたが、いずれは抜けると予想していました。

    昨日の夕方も、1.13前後ではしばらくはもみ合いが続いていましたが、1.1

    3を割り込むと一気にユーロ売りが加速し、1.1270近辺まで下げ、その後の

    NY市場では1.1216まで売られました。対米国との貿易戦争の影響を受け、

    ユーロ圏ではドイツを中心に景気の鈍化を示す指標が相次ぎ、加えて、イタリアと

    ドイツでは政治的リスクが高まっていることが、折からの「ドル高傾向」に拍車を

    かけた格好です。

    ドルはユーロやポンド、円に対して上昇する展開が続いています。「米国の一人勝

    ち」に伴い、「ドル一強」といった状況です。ただ、このままドル高が続けば、ト

    ランプ大統領がドル高をけん制する「口撃」をしてくることは想像に難くありませ

    ん。焦点は米中貿易戦争の行方次第ですが、昨日中国マクロ戦略の専門家の講演を

    聴く機会があり、筆者も参加してきました。「What will China do ?」(中国はど

    のように行動するのか?)とのタイトルで講演が ありましたが、米中の貿易戦争に

    は思った以上に楽観的だという印象でした。

    中国政府は、サプライチェーン維持のためにビジネス環境を改善し、通貨人民元安

    を容認し、さらに景気刺激策として法人税減税を行うと、予想していました。

    また、政府は貿易戦争が米国の消費者と企業に圧力となる状況まで待つという戦略

    を取るのではないかとの予想も示していました。全体としては、これ以上貿易戦争

    は激化しないとの見方のようでした。

    本日は再び米国株の大幅下落により、日本株も軟調な展開が予想され、ドル円も上

    値が重いと予想されます。ただ、株価下落に対する「耐性」も徐々に出来ており、

    それほど深押しは望めないかもしれません。

    ユーロドルの動きが活発になってきました。こちらの動きにも注意が必要です。

    本日のレンジは113円30銭~114円20銭程度を予想します。

    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2600-34371acd

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。