FC2ブログ

NYダウ再び500ドルを超える下落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 米国株の下落に伴いドル円は112円30銭まで下落したが、その後

    切り返す。長期金利が安定していたことや、ユーロがドルに対して売られた

    ことで112円85銭まで上昇。

  • ユーロドルは反落。ドイツ国債の金利低下もあり1.1359まで売られる。

  • 株式市場は大幅続落。アップルなど、IT株が再び下げをけん引し、

    ダウは551ドル下げ、2万5000ドルの大台を引け値で割り込む。ナスダックも

    同様に119ポイント下げ、7000ドルの大台を割り込む。

  • 債券相場は変わらず。株価の下落に一時3.03%台まで低下した

    長期金利は3.06%台に戻す。

  • 金は反落。原油価格は世界経済の鈍化予測を材料に、3ドルを

    超える大幅な下げに。引けでは53ドル43セントに。


  • 10月住宅着工件数     →  122.8万件

  • 10月建設許可件数     →  126.3万件

    本日の注目イベント

  • 欧    OECD経済見通し

  • 米   10月耐久財受注

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   10月景気先行指標総合指数

  • 米   10月中古住宅販売件数

  • 米   11月ミシガン大学消費者マインド(確定値)

    前日の株式市場は「ゴーンショック」の影響も限定的かと思われましたが、米国株

    が再び大幅な下落を見せました。ダウは550ドルを超える下げを見せ、引け値で

    は、10月29日に記録した直近安値を下回る、2万4465ドルで取引を終えて

    います。株価の下落でドル円も一時112円30銭まで下げましたが、こちらの方

    は112円70銭台と、昨日の水準まで値をしています。

    NYダウは引け値では7月9日以来の安値に沈みました。史上最高値を記録したの

    が10月3日で、この日の引け値は2万6828ドルでしたから、2364ドルほ

    ど下げたことになり、率にして8.8%下げたことになります。

    多くの株式専門家は、「弱気相場入りした」といった言葉を口にしています。興

    深いのは、足元では急落が続いているWTI原油価格の高値も実は、この日でした。

    引け値では76ドル41セントで取引を終えており、こちらの方は高値から30%を

    超える下落率です。両市場とも、投機的資金が相場を押し上げたことが窺えます。

    筆者が毎日記録している、高値をつけたこの日のメモには「米長期金利急騰にも

    かかわらず、株価は最高値を更新。WTIは4年ぶりの高値に!!資金がリスク資

    産としての原油にも流入。リスクオンといったコメントが目立つ。」と記述してあ

    ります。日経平均株価も、この流れを受けて2万4200円台を回復していました。

    「上がりすぎたものは下がる」ということなのでしょう。

    懸念されるのは個人消費の行方です。米国では明日が「サンクスギビング・デー」

    にあたり、本格的なクリスマスシーズンに突入します。

    そして、週末は「ブラック・フライデー」ということで、1年間で最も小売店が繁

    盛する日です。売り上げが大きく伸びることで、「黒字」になることから「ブラッ

    ク・フライデー」と呼ばれていますが、昨日発表されたディスカントストアの「タ

    ーゲット」の四半期決算では売り上げが予想に届かず、同社株は大きく売られま

    した。株式市場に多くの資金を投じている米個人投資家は、株価が大きく下げる

    と「逆資産効果」に見舞われます。その割合は日本の比ではありません。

    このまま株価がさらに下げると、減税効果も相殺され、クリスマス商戦にも影響が

    でてくるかもしれません。

    いよいよ材料は、今月末の米中首脳会談ということになります。クドロー米国家経

    済会議(NEC)委員長は、米中首脳会談を前に大統領は貿易交渉に楽観的なムー

    ドを醸成しようとしているとし、「中国が合意を望んでいると大統領は確信してい

    る」と、FOXビジネス・ネットワークとのインタビューで述べていますが、同時

    に「米国の利益に合致しない限り、合意はない」とも述べています。(ブルームバ

    ーグ)

    中国は米国に対して142項目の部分で譲歩を見せてはいますが、まだ4、5項目

    でトランプ大統領の首を縦に振ることができていないようです。

    この部分で中国が譲歩できるかどうかが、首脳会談の鍵を握っているようです。

    本日のドル円は112円10銭~113円程度を予想します。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2606-1bb5f9e4

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。