FC2ブログ

米株価大幅続落でドル円110円台前半まで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は急落。米国株が大幅に続落し、長期金利も急低下。

    さらに米政府機関の一部が閉鎖され、市場ではリスク回避の

    流れが急速に強まり、ドル円は110円27銭まで円高が進む。

  • ドル急落の割にはユーロは上昇せず、ユーロドルは1.1438

    近辺で上げ止まる。ユーロ円は125円台後半まで売られ、

    8月以来の安値を示現。

  • 株式市場は先週末の大幅安にも関わらず下げ止まらず。

    ダウは653ドル下げ、2万1792ドル台まで売られる。

  • リスク回避の流れが強まり、債券相場は上昇。長期金利は

    2.73%台まで低下。

  • ドル安が進んだことで金は続伸し、1271ドル台まで買われる。

    原油価格は株価の下落に歩調を合わせ大幅下落。先週末比3ドルを

    超える下げとなり42ドル台に。

    本日の注目イベント

  • 日   10月景気動向CI指数(確定値)

  • 日   10月景気一致指数(確定値)


    クリスマスムードが吹き飛ぶほどの株価の大幅下落です。

    昨日のNY株式市場は「短縮取引」だったにも関わらず、株価の下落は止まらず、

    もはや「暴落」といった方がいいほどの下げを記録しました。ダウは先週末も4

    14ドル下げましたが、昨日はさらに653ドル下げ、ここ4日間で1900ド

    ルほど下落しました。

    10月3日に記録した引け値の最高値からは実に5036ドル、率にして18.

    7%も下げています。

    ナスダックやS&P500指数は、さらに下げがきつく、いずれも最高値からの

    下落率は20%を超える状況です。

    ドル円は110円27銭まで円高ドル安が進み、リスクオフが進んだわりには存

    在感の乏しかった円も、ようやく「安全通貨」の本領を発揮してきた状況になっ

    ています。

    NY株式市場の「暴落」にはいくつかの要因が重なり、複合的な下落要因を形成

    していると見られます。FRBの金融政策の不透明さに加え、米議会では暫定予

    算が承認されず、一部政府機関が閉鎖しています。

    さらに、予想されてはいましたが、マティス国防長官が辞任し、辞任時期も来年

    2月末だったものが、1月1日に前倒しとなりました。これはトランプ大統領の

    意向が働いたとの報道です。

    こうした中ムニューシン財務長官は24日、米金融当局と電話協議を行い、金融

    市場に異常な動きはないとの報告を受けています。

    週末には米銀行6行のトップと相次いで電話会談を行い、各行の流動性状況を確

    認しています。(ブルームバーグ)

    株式相場の「暴落」を受けて、トランプ大統領は株価の下落はFRBが原因だと

    ツイートしています。「米国経済が抱える唯一の問題はFRBだ。相場感覚がな

    く、必要不可欠な貿易戦争のほか、ドル高、国境問題により民主党が政府機関を

    閉鎖したことすら理解していない」と批判し、さらにFRBの政策をゴルフにた

    とえ、「FRBは、力は強いがタッチ(アプローチやパターの感覚)がないため

    スコアがあがらないゴルファーのようだ。こういう人間はパットなどできない」

    とコメントしています。

    ドル円は「日足の雲」を勢い良く下抜けしており、目先は「週足」チャートで

    サポートレベルを探すといった状況です。「週足」雲の支えが109円70銭前

    後にありますが、先ずは110円という節目が維持されるかどうかです。

    シカゴ日経平均先物は2万円の大台を大きく下回っています。

    本日の日経平均株価が500円以上下げる計算にはなりますが、これを大きく超

    えて下落するようだと110円割れを試す展開も予想されます。

    本日の株価の下げ具合にもよりますが、予想レンジは109円80銭~110円

    80銭程度とみます。


    スポンサーサイト

  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2629-0632e777

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。