FC2ブログ

ユーロドル再び1.14を割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はアジアから欧州時間にかけて109円55銭前後まで

    売られたものの、NY時間には再び110円台まで上昇。

    ユーロドルでユーロ安が進んだことで円も連れ安に。

  • ユーロドルはドイツの経済指標が予想を下回ったことで下落。

    1.14を割り込み、1.13台半ばまでユーロ安が進行。

  • 株式市場は反落。政府機関が再び閉鎖される可能性が意識

    され、ダウは4日ぶりに下落。ナスダックも26ポイント下げ、

    上昇も一服。

  • 債券市場は前日と変わらず、長期金利も2.69%台で

    変化なし。

  • 金は小幅ながら4日続落。原油価格は反発。

  • 11月貿易収支          →   -493億ドル

    本日の注目イベント

  • 独   独12月鉱工業生産

  • 英   BOE金融政策発表

  • 英   BOE四半期インフレ報告

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   12月消費者信用残高

      

    昨日の日本時間昼前に行われたトランプ大統領の「一般教書演説」は、予想された

    ように、雇用や賃金など経済面での自身のこれまでの成果を誇示する一方、メキシ

    コ国境の壁建設では譲歩することはなく、「必ず建設する」と強調し、米中通商協

    議については、楽観的な見方を示しながらも、予断を許さない状況であるとの認識

    を示しました。

    トランプ氏は「私は中国の習近平国家主席に多大な敬意を抱いており、米政権は

    現在、中国との新たな通商合意に向けて作業をしている」とした上で、「しかし、

    合意には不公正な貿易慣行を終わらせ、米国の恒常的赤字を減らし、米国民の雇用

    を守るように、本物の構造改革が盛り込まれる必要がある」と述べました。

    さらに「われわれは中国に対し、米国の雇用と富を窃取する時代は終わったと明瞭

    に告げている」と語り、そのため中国から巨額の税を受け取っているとも述べてい

    ます。(ブルームバーグ)

    ドル円は演説が始まるとすぐに110円台に乗せる場面もありましたが、その後は

    ジリジリと値を下げ、夕方には109円55銭近辺までドル安が進みました。トラ

    ンプ氏が壁建設に依然として固執していることが判明し、現時点では撤回する可能

    性が低いことからすると、一時的に閉鎖が解除されている政府機関が来週16日以

    降再び閉鎖されるリスクが意識されました。ドル円が109円台半ばまで売られた

    のは、そういった見方が強まったことが背景かと思います。

    ドルはその後再び買い戻され、ドル円は110円04銭近辺まで上昇しました。

    ただこのドル高円安は、ユーロドルの影響を受けた円安の側面が強かったようです。

    ユーロドルは1月25日以来となる1.14を割り込み、1.1361前後までユ

    ーロ安が進みました。IMFがイタリアは必要な改革が不十分だとし、成長率は2

    023年末までに1%未満に留まるとの見方を示したことや、ドイツの製造業受注

    指数が2カ月連続で低下したことなどを理由にユーロ売りが再燃しました。

    昨日も述べたように、ドル円には明確な方向性が見られません。110円台前半ま

    では上昇するものの、110円台維持には失敗しています。

    一方昨日のように、ドル売りセンチメントが強まっても109円台半ばからは押し

    戻されています。

    結局、米中通商協議という大きな材料が依然不透明だということが相場を安定させ

    ない最大の理由になっていると見られます。

    ムニューシン財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が来週中に、

    予定されているトランプ大統領と習近平国家主席とのトップ会談の下準備のため北

    京を訪問することが発表されています。先の劉鶴中国副首相との協議も「かなり議

    論が進展した」と、ムニューシン長官は述べており、残された時間は少ないものの、

    合意に向けた米中の前向きな努力は評価されます。

    本日はパウエルFRB議長の講演が予定されています。

    先月のFOMC後の会見でハト派寄りの発言を行い、市場にはサプライズと受け止

    められましたが、そのスタンスには変化がないと思われます。

    予想レンジは109円50銭~110円40銭と、昨日の予想とほぼ同じです。


    スポンサーサイト



  • コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2656-467eb64e

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。