FC2ブログ

ドル円110円を割り込む 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 東京時間で110円を割り込み、109円91銭まで円高が進んだドル円は上値の重い展開が続く。本日から米中協議が再開されるとの期待から110円27銭まで反発したものの、110円05-10銭まで押し戻されて取引を終える。

  • ユーロドルは引き続き1.12を挟んでもみ合い。1.12台に乗せると売られる展開が続く。

  • ダウは小幅に上昇してようやくプラス圏で引けるが、他の主要指数は続落。前日の大幅下落は止まったものの、売り買いは交錯。

  • 債券相場は反落。長期金利は2.48%台へ小幅に上昇。

  • 金は4日ぶりに反落し、原油は反発。

本日の注目イベント

  • 日  菅官房長官訪米
  • 中  4月消費者物価指数
  • 中  4月生産者物価指数
  • 米  4月生産者物価指数
  • 米  3月貿易収支
  • 米  新規失業保険申請件数
  • 米  ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
  • 米  エバンス・シカゴ連銀総裁講演
  • 加  3月貿易収支

ドル円は昨日の東京市場で株価が大きく売られたことを手掛かりに110円台を割り込み、一時は109円91銭までドル安が進みました。ただ節目の110円を割り込んだものの、警戒感もあり、米中協議の行方も読み切れないことからその後の海外市場ではやや落ち着きを取り戻し、ドルを買い戻す動きが優勢でした。

昨日のこの欄でも、「今回は本気度が違う」と記述しましたが8日、USTRは10日東部時間午前0時1分に中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に付加する関税率を10%から25%に引き上げることを正式に官報で通知しました。トランプ大統領はツイッターで、「中国の劉鶴副首相が取引をするため米国にやってくる。様子を見ているが、年1千億ドル超の関税が米国の金庫に入ってくるのにとても満足している」と投稿しています。このままで行くと、余程大幅な中国側からの譲歩がない限り、25%の関税は実施されると思われますが、トランプ氏の言葉から推測すると、可能性は低いものの、まだ逆転劇の余地は残っていると考えています。その中国では商務省が、「貿易摩擦が激化するのは中国の国民および世界の利益にかなわない。中国はこの動きを深く憂慮する」との声明を発表し、「米国が計画する対中関税引き上げが発効すれば、中国は報復措置を取らざるを得ない」と表明しました。(ブルームバーグ)

昨日ラジオ日経の番組に出演した際に、キャスターの方から「株価の動きを非常に気にするトランプ大統領は、少なくともこのような発言を行えば株価が下がることを予想できたはず。それが何故このような発言を?」といった質問をされました。もちろん、トランプ氏は株価が下がることを予見できたはずですが、米国株は今年1月4日の安値から大きく戻しており、ナスダックとS&P500は史上最高値を更新中でした。多少の株価の下落には耐えられると読んだ可能性があります。また、大統領選をにらんで早めの手を打ったとも言えます。なにしろ、今回の関税引き上げが実施されれば、トランプ氏自身も言っているように、1千億ドルを超える税収が米国に入るわけですから・・・・。ただ、これまでの一連の発言を総合すれば、トランプ氏の背中を押したのは、交渉の最前線で
中国側の対応を詳細に見てきたライトハイザーUSTR代表ではないかと考えています。このタフ・ネゴシエイターが、今度は日本側と対峙することになります。

全ては本日からの米中協議の交渉次第ですが、関税引き上げを中止するに時間が足りないと思います。中国も報復措置を検討しており、全面的に米国の要求を飲むこともないと考えられます。結局、時間切れという形で新関税率適用となり、それでも交渉は継続するという可能性が高いと思われます。中国にとっても、これまで1000円で輸出し、1100円で売れたものが、突然1250円に
なるとすれば売れ行にも大きく影響し、国内の景気減速を加速することになります。どこかで「落としどころ」を探ってくると予想します。

ドル円は引き続き上値を抑えられる展開です。すでに110円を割り込んだこともあり、下値のメドはやはり109円50銭~109円70銭辺りと見ています。本日のレンジは109円50銭~110円40銭程度を予想します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2713-fffdf881

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。