FC2ブログ

米国が「AAA」格付けを失う可能性があるとの懸念 

国土交通相が08年度の首都圏白書を閣議に提出しました。

首都圏の1都7県で、65歳以上の高齢者人口が2005年の761万人から、

10年後の15年には1078万人と42%増え、全国平均の増加率31%を

上回ると指摘しています。

調査によると10年間で高齢者人口の40%以上の増加が見込まれるのは

東京都の多摩地域や、茨城、千葉、埼玉、神奈川各県の東京寄りの地域など

に集中しているようです。


ひと目で分かる昨晩の動き

欧州~NY市場終値    



  • ドルが主要通貨に対して前面下落。背景には、「英国と同じ道をたどり、AAA格付けを失う方向に向かっている」と市場が懸念しており、米ドルが売られています。

    ※昨日、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズは英国の「AAA」格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げました。

  • 反面、ユーロは一時1ユーロ=1.39ドル台5カ月ぶり高値をつけています。 他、債券、株式も各付け懸念で大量に売りがでています。

  • ここ最近、じりじりと上昇している原油価格は、早期の景気回復期待が後退する中を小反落。週間在庫統計の予想外の減少を手掛かりに、約半年ぶりの高値で引けた前日取引から、利食い売りが先行しました。


本日の注目点 

  • 英 17:30 GDP改定値


注目している点は、ドル円の下落どこまでか。
意見が市場から様々でていますがやはり93.50が一つのポイントと見ています。
現在の水準までの下落で考えられることとしては、「与謝野財務相が為替介入は
考えの外と発言」で円買い。また、各付けの格下げが懸念材料です。

実際、昨日、英国の格付け見通しで初めて、「安定的」から「ネガティブ」に修正
したことが大きな下落につながりましたがやはり米国の懸念がインパクトとして
大きくあっという間にポンドドルは、売り方も売り切れずに戻してきました。

本来の動きであればもう一段の下落があってもおかしくない動きではあったと
思います。ないとも言い切れない格下げですが実際行われるとかなりのインパクト
になるかと思われます。買い方から考えると怖い情報でもあります。

しかし金融危機の傷が深いのは、米英と考えられ意識はしなければならないかと
思われます。やみくもに動きたくない状況ではあります。

テクニカル面や心理的には、3月安値の93.55が意識されるところになり、ここを
割り込んでくると下落レンジに変わる可能性も出てくると思われるので注意しなければ
いけない点です。

また期限が迫ってきているGMの問題もあります。
大勢の意見としては、破綻ですがもし経営の継続となるとそれはサプライズと
なりますのでここにも意識しなくてはいけないと思います。
ここを割り込んでくると下落レンジに変わる可能性も出てくると思われるので注意
しなければいけない点です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/272-1d35d0e4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。