fc2ブログ

ドル円大幅に下落。 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間で、これまでサポートとして機能していた107円80~90銭
を割り込み、NY時間では107円21銭までドル安が進む。
中東でも地政学的リスクが高まったことや、NY連銀総裁が利下げに前向きな
発言をしたことが材料に。
◆ユーロドルは今回の局面でも、結局1.12を割り込めず反発。
ドルが売られたことで、1.1280までユーロが買われる。
◆株式市場はさらに利下げ観測が強まったことで、3主要指数は小幅ながら
揃って反発。ダウは3ドル高。
◆債券相場は続伸。長期金利は2.02%台まで低下。
◆金は中東での地政学的リスクの高まりから続伸し、原油は4日続落。

◆7月フィラデルフィア連銀景況指数   →  21.8
◆ 新規失業保険申請件数         →  21.6万件
◆6月景気先行指標総合指数       →  -0.3%


本日の注目イベント

◆日  6月消費者物価指数
◆独   独6月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏5月経常収支
◆米   7月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
◆米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
◆米  企業決算 → ブラックロック、アメックス
◆加   カナダ5月小売売上高

ドル円は108円を挟む展開から一気に円高が進んでいます。
昨日の東京タイムでは、日経平均株価が大きく売られ、引け値では422円安
となり、これがドルの上値を抑え、安全通貨の円買いを促しました。
NYタイム朝方には108円近辺まで戻す場面もありましたが、その後ドルは
大きく売られました。

NY連銀のウイリアムズ総裁は講演で、「各国・地域の中央銀行は経済に問題
が生じている場合は、迅速に行動を起こすべきだ」と発言し、利下げに積極的
な姿勢をみせました。またこの日は、クラリダFRB副議長がFOXビジネス
とのインタビューで、「見通しに対する不確実性が高まっており、景気が下落
するのを待ってから行動するのは望ましくないと当局は考えている」と述べた
ことも、市場の利下げ観測をさらに強めました。これらの発言を受け、今月の
FOMCでの利下げ幅は「0.25%引き下げの確率」が54.5%に低下し、
「0.5%引き下げの確率」が45.5%(19日午前7時時点)に急騰して
います。(ブルームバーグ)

また中東ホルムズ海峡での地政学的リスクの高まりも投資家の安全志向を高め
ました。トランプ大統領は昨日ホワイトハウスで、ホルムズ海峡近くで米海軍
の強襲揚陸艦「ボクサー」に接近したイランの無人機を「直ちに破壊した」と
述べました。説明によりますと、「立ち去るよう求める複数回の警告を無視し、
約1000ヤード(約914メートル)と非常に近くまで接近して、艦艇と乗組
員の安全を脅かしたというイラン無人機に対し、ボクサーは防衛措置を取った」
とトランプ氏は述べています。
また米国防総省(ペンタゴン)のスポークスマンも、「ボクサーは国際水域を航
行中で、ホルムズ海峡に入ろうとしていたが、一機の無人機が危険な距離まで
接近してきたため、同艦艇は防衛措置を取った」と語っています。
(ブルームバーグ)
今回の行動は、すでに米無人機がイランの攻撃を受けており、その報復との見
方もできなくはありませんが、米イラン関係には緊張がさらに高まっています。

ドル円は下落基調を鮮明にしてきました。この欄でも再三指摘してきたように、
円高傾向が顕在化してきたと言えます。
目先の予想ですが、まずは107円が心理的なサポートになると見られますが、
それほど強固なものではないと思います。
仮に107円を割り込むようだと、6月下旬に記録した106円78銭が意識
される展開が
予想されます。
ただ、6月のこの時には米長期金利が1.93%台まで急低下しており、金利
低下を手掛かりにドル売りが活発になった経緯があります。
現在米長期金利は2.02%台です。米長期金利が2%台を割り込むかどうか
も含めて、金利の動向には注目していく必要があります。

本日のドル円は107-107円80銭程度を予想しますが、今度の日曜日に
は「参院選」があります。事前予想では政権与党がかなり優勢とのことです。
予想通りであれば、政権の安定→アベノミクスへの信認→新たな経済対策の発
動、といった連想が働き、週明け月曜日の株価上昇につながる可能性がありま
す。株価の上昇は一応ドル高要因と見られますので、注意が必要です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2760-0ded1fa0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。