FC2ブログ

ECB量的緩和再開を決定 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に108円台を回復したが、NYの朝方は
107円52銭までドル売りが先行。ECBの政策発表後はドル
買いが強まり、108円19銭まで上昇。米中通商協議に対する
楽観的な見方が根底に。
◆ユーロドルは乱高下。朝方はECBの金融政策を受けて
1.0927まで売られたが、ドラギ総裁の会見を境に上昇。
1.1087までユーロ買い戻しが進む。
◆株式市場は続伸。トランプ政権が中国に対する関税引き上げを
当初予定の10月1日から10月15日まで延期したことなどを
好感、ダウは45ドル上昇し、これで7営業日続伸。
◆債券は続落。長期金利は1.77%台まで上昇。
◆金は続伸し、原油は3日続落。

◆8月消費者物価指数      →  0.1%
◆新規失業保険申請件数     →  20.4万件
◆8月財政収支         →  -2003億ドル

本日の注目イベント

◆日   8月鉱工業生産(確定値)
◆米 8月輸入物価指数
◆米   8月小売売上高
◆米   9月ミシガン大学消費者マインド(速報値)


昨日の東京時間午前中、ドル円は107円85銭前後で推移していましたが、一気に
108円台を回復する場面がありました。
トランプ大統領が、中国への制裁関税の実施を2週間延期すると発表したことが、円
売り、株高を誘い、ドル円はその後108円10銭程度まで上昇。じりじりとドルの
買い戻しが進んでいます。

トランプ氏は、先に中国製品2500億ドル(約27兆円)に対する関税を25%か
ら30%に引き上げ、10月1日から実施することを決めていましたが、これを10
月15日まで延期すると発表しました。市場はこの決定を好感しましたが、2週間程
度延期することにどれ程の意味があるのか疑問です。「中国の出方を見ながら、厳し
い制裁を徐々に緩和させていく」という、いつものトランプ流のやり方ですが、泣い
ている子供に、小出しにおやつを与えているような印象です。ここは一気に関税を撤
廃するとか、最後の1600億ドルの関税実施時期である12月まで延期するなどの
措置なら理解できますが、恐らくトランプ氏は、2週間後には米中通商協議が再開さ
れていることから、その成果を見極めたいという考えなのでしょう。

ECBは理事会を開き、中銀預金金利を現行のマイナス0.4%からマイナス0.5
%に引き下げ、さらに債券購入(QE)を再開すると発表しました。
債券購入は11月1日から行い、月額200億ユーロ(約2兆3500億円)で、期間
も「インフレ目標達成に必要な限り」行うことを決定しました。
ECBの金融政策については、マイナス金利の深堀は予想されていましたが、QEの
再導入の可能性はかなり低いと見ていましたが、ドラギ総裁は反対意見を押し切って
決めたようです。QEの再開については、ドイツ連銀、フランス中銀、オランダ中銀
の各総裁が反対し、さらにオーストリア、エストニアなどの総裁と複数のECB理事
も反対に回った(ブルームバーグ)ようです。
また、QE反対派の理由は、非常時の対応で繰り出す最後の手段としてQEは温存す
べきと主張したことに加え、ドイツ連銀などは金融機関への副作用も反対理由に挙げ
たようですが、ドラギ総裁は「金融機関はコスト削減とデジタル化で対応すべき」と
一蹴しています。
ドラギ総裁は、QEを巡り「さまざまな見解がある」ことを認めたものの、「最終的
には極めて幅広い合意があったため採決の必要もなかった」と説明し、ECBの慣行
に従い賛否を問う採決は行われなかった模様(ブルームバーグ)です。
ECBの政策発表後、ユーロドルは売られましたが、その後のドラギ総裁の会見をき
っかけに大きく値を戻し、底値からは150ポイント以上も上昇し、これに伴ってユ
ーロ円も119円台後半までユーロ高が進んでいます。

ECBが終わり、来週はFOMCと日銀会合です。
両会合とも、このところのポジションの巻き戻しの流れが強まったことで、株高と円
安が進み、政策に対するプレッシャーはやや低下したと思われます。
FOMCでは50ベーシスの利下げの目はほぼなくなったと思います。25ベーシス
の利下げと、年内あと何回利下げが行われるのか、FRBの利下げスタンスの強弱が
注目されます。日銀についても、108円台を回復したことでプレッシャーは緩和さ
れています。今回も「様子見」の可能性がやや浮上してきたと思われますが、さらな
る緩和を行うかどうかは、FOMCでの決定内容にも左右されそうです。

本日のドル円は107円50銭~108円50銭程度と予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2795-5f5284ee

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。