FC2ブログ

円、米雇用統計を受け一気に98円台後半へ。 

日本郵政社長の続投を巡って鳩山郵政大臣と西川社長との熱い戦いが続いています。

麻生さんが続投に傾いたら、鳩山氏は総務大臣として「許可権限を行使する。」と

息巻いており、「(かんぽの宿という)国民共有の財産をこんなふうに(ずさんに)

扱った者を残すか残さないかに関して責任を負っている。

いい加減にしたら国民に申し訳なく、街を歩けない」と反論しており、

西川氏は「道半ばで、まだやらなければならないことがある。」と、こちらも

一歩も引かない構えです。

われわれ庶民には辞めようが続投しようが、関係ありません。

重要なことは国民の財産である「かんぽの宿」が適正な価格で売却され、

そのプロセスがガラス張りであることです。

どちらもメンツにこだわっており、「辞任」が最大の争点になってきました。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 5月の雇用統計発表を受けてドル全面高。
  • 非農業部門雇用者数は▼34万5千人、失業率は9.4%との発表を受け、
    ドル円は大きく上昇、一時98円90銭と1ヶ月振りのドル高に。
  • ドルは対ユーロでも買われ、1.42から1.39台へユーロが急落。
  • 非農業部門の雇用者数は事前の予想が▼52万人だったこともあり、この予想を
    大きく下回ったことで、このところ改善傾向が見え始めた米景気先行きに
    雇用の面でおおきなサプライズ。
  • ドルが買われたことで上昇が続いていた金、原油などの商品が売られ、NYダウは
    高値で引け。
  • 5月小売売上高 →▼4.6%


    本日の注目点
         
    • 日   景気ウオッチャー 調査        
    • 米   NYダウ30種平均の銘柄入れ替え。GMとシティーが除外され、トラベラーとシスコシステムズは新規に採用。



    先週末のNY市場では雇用統計の数字に大きなサプライズがありました。

    先週金曜の朝のコメントでも「やや改善の可能性があるのでは。」と
    書きましたが、非農業部門の雇用者数が市場予想を18万人近く改善した
    ことには驚きでした。

    失業率は9.4%と、こちらは事前予想より悪化しましたが、市場参加者は
    雇用者数のマイナス幅縮小に着目したようです。

    5日、バイデン米副大統領は雇用減少が鈍化したことで、
    「景気が持ち直す明るい兆し」との見解を示すと同時に、米政権が
    雇用拡大に向けた財政支出を今後数カ月に加速する方針も表明しています。

    このところ95~96円近辺で小動きだったドル円はこの日の指標発表を受けて
    上値をテスト、一時99円を伺う水準までドル高が進みました。
    この結果93円台が遠のき、今月中にも100円が視野に入ってくることも
    考えられます。

    再び95-100円のレンジに戻りました。一気に100円を超えることはないにしても、
    「次のドル買い材料」には100円も見えてくるのではと考えます。

    輸出企業の予約の取り遅れもあり、上値にはドル売り円買いの実需が控えていると
    思われますが、それらをこなしながらドルのじり高傾向が強まると予想します。

    ドルは対ユーロでも大幅に上昇しました。
    先週末には1.42台前半までユーロ高ドル安が進みましたが、このところの
    ユーロロングが積み上がっていたこともあり、雇用統計で一気に1.4の大台割れ
    までユーロが下落しました。

    雇用、消費に明るい兆しが見え始めた米景気ですが、残すはケースシラーなどの
    「住宅価格」です。

    この部分で改善をみせるようなら、米景気の年後半までの景気底入れと
    2010年度のプラス成長へのシナリオも現実のものになってきそうです。

    一部エコノミストの間では、今回の雇用統計の改善を受けて「年内にも利上げ」との
    声も上がってきています。

    米長期金利は3.8%台と昨年10月の水準まで債券安(金利上昇)が
    進んでいます。
    今週10日には10年債、11日には30年債の入札が控えていますが、目先、
    この入札の行方が注目されるところです。

    現状では米経済の底割れ懸念は大きく後退したものの、まだ予断を許しません。
    米金融当局者たちの政策が「景気底割れ回避」から「インフレ懸念」へ移行するには
    今後かなりの時間を必要とするものの、「チームオバマ」の効果はじわじわと
    噴き出していることも事実です。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/284-575c39dc

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。