FC2ブログ

トランプ大統領、香港人権法案に署名 

ひと目で分かる昨晩の動き 

欧州市場

◆NY市場が休みのためドル円は109円50銭近辺でほとんど
動かず。
◆ユーロドルも1.10を割り込むかどうかが注目されたが、
1.10台は維持。
◆トランプ大統領が「香港人権法案」に署名したことから、英FT、
独DAX、仏CACなど主要欧州株式は総じて下落。

本日の注目イベント

◆日   10月失業率
◆日  11月東京都区部消費者物価指数
◆日   10月鉱工業生産
◆独   独11月失業率
◆欧   ユーロ圏10月失業率
◆欧   ユーロ圏11月消費者物価指数(速報値)
◆米 株式、債券市場短縮取引
◆加   カナダ7-9月期GDP

米国が感謝祭のため、昨日の海外市場ではほとんど動きがありませんが、
昨日の東京時間の午前中に「トランプ大統領が香港人権法案に署名」と
のニュースが伝わると、109円50銭台で推移していたドル円は、1
09円37銭近辺まで売られる場面がありました。合意が近いとされて
いる米中貿易協議にとって「あらたな火種」になるとの見方からドルが
売られたものですが、今後の中国側の対応が注目されます。
同法案は、もともと米議会では圧倒的多数で可決された法案であり、仮
に大統領が拒否権を発動しても、議会の3分の2の賛成で成立するとの
見方があったため、トランプ氏は署名するだろうと見られていました。
大統領の署名をもって同法案は成立しましたが、中国政府は「内政干渉」
だとして反発するとともに、報復措置も辞さないと改めて警告していま
す。ただ、現時点では中国政府が具体的な行動を取っているとの報道は
なく、中国外務省の報道官は定例記者会見で、「中国はいつ報復するの
か?」、「貿易協議に影響するのか?」といった記者団からの質問に直
接答えるのではなく、「このまま見守ってほしい。来るものは来る」と
答えています。また、香港政府も声明で、「極めて遺憾」との立場を表
明しています。(ブル-ムバーグ)

同法案は香港の「一国二制度」が正常に機能しているのかどうかを検証
し、仮に人権や自由、自治などが損なわれていたら、制裁を科すという
ものです。トランプ氏は署名後の声明で、「私は習近平国家主席と中国、
香港市民に敬意を表して法案に署名した」とし、「同法案成立に当たり、
中国や香港の指導者や代表者がお互いの相違を友好的に克服することが
でき、全ての人々の長期的な平和と安定につながるよう期待する」と述
べています。今朝の報道では、香港警察が事実上制圧した香港理工大学
の包囲を、早ければ今日にも解除する見通しだといった報道もあり、法
案成立の影響が早くも出て来たようです。

ユーロドルは前日に一時1.10を割り込む場面もありましたが、昨日
は粘り越しを見せ1.10台をキープしています。景気の悪化に底打ち
感が見られなかったユーロ圏の経済指標に、ようやく改善傾向が見え始
めたことが相場を支えているのかもしれません。
昨日発表された11月のユーロ圏景況感指数は「101.3」に上昇し、
10月の「100.8」を上回っただけでなく、市場予想の「101.
0」も上回りました。また、消費者信頼感指数もマイナスではあります
が、10月に比べマイナス幅を縮小しています。長く続いたユーロ安の
効果もじわじわと出てきたのかもしれませんが、カギはドイツの製造業
の復活が確認出来るかどうかにあると考えます。昨日もドイツの自動車
メーカー大手のアウディーが、「生産調整に伴い9500人の人員削減」
といった記事を読んだばかりです。
ドイツの製造業の復活には、中国景気の底入れが不可欠です。
その中国では、米中の貿易協議も正式な合意を見ていない中、景気が底
入れして拡大に向かうのは、早くても来春と予想しており、ドイツ製造
業にとって春が来るのは、名実ともに来年の春ということになりそうで
す。

今日はNY市場がオープンしますが、株式・債券市場は短縮取引となり
ます。「ブラック・フライデー」ということもあり、午後からは多くの
トレーダーが買い物に繰り出すことでしょう。
そして来週からは12月です。徐々に市場参加者が減り、マーケットは
薄くなります。米中貿易協議がいつ合意に至るのか。トランプ大統領の
弾劾調査。あるいは12月15日に予定されている中国に対する「制裁
関税第4弾の発動」など、相場を動かしそうな材料は残ったままです。
まだまだクリスマスモードに浸るには早いと言えるでしょう。

本日のドル円は109円20銭~109円80銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2840-41ceccfc

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。