FC2ブログ

ドル、ポジション調整の売りに押され97円台に。ユーロドルは再び1.40台回復。 

皆さん「定額給付金」はもう受け取りましたか?

個人的な話で恐縮ですが、私の母は神奈川県川崎市の「特別養護老後ホーム」に

いました。5月の子供の日に80歳の誕生日を迎え31日に病院で亡くなりました。

先日、特養ホームから身の回りの物と一緒に「定額給付金請求書」も受け取りました。

請求書への記入法を区役所に尋ねたところ「支払うことはできません。」とのこと・・・。

受給資格もあり通知もきていたのに「なぜ受け取れないんですか?」と尋ねると,

「戸籍上お1人の方で、その方が亡くなった場合には受け取れません。

これは世帯に支給されるもので、国の基準がそうなっています。」・・・・?

母は40日間も病院で闘い続けていました。もしそのようなルールがあることを

知っていたら、生存中に請求できたのに・・・どうにも納得いきません。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 98円を挟む水準で始まったドル円はポジション調整のドル売りに押され97円前半まで下落。
  • ユーロドルは大きく反発。先週末の1.42台から1.38台前半まで下落したユーロドルは売り一巡から大幅に反発し一時1.4102までユーロ高が進む。
  • 米財務省は金融10社の公的資金返済を許可。総額680億ドル(約6兆7千億円)の資金を受け取ることに。
  • 米経済の底入れ期待を背景に原油先物価格は7ヶ月振りに70ドルの大台に。
  • 4月米卸売売上高 → ▼0.4%
  • 4月独貿易収支 → 94億ユーロの黒字
  • 4月独鉱工業生産 → ▼1.9%(市場予想はプラス)



    本日の注目点
         
    • 日   4月機械受注    
    • 欧   独5月消費者物価指数   
    • 米   4月貿易収支 
    • 米   5月財政収支 
    • 米   地区連銀経済報告(ベージュブック)                     


    昨日の海外市場では全般的にドル売りが進みました。

    NY市場では98円台での滞空時間も短くあっさり97円台入りし、
    円の高値は97円25銭。

    テクニカル的には97円10銭辺りに「雲」の下限が位置し、
    その下の96円80近辺には200日移動平均線がサポートしています。

    足元ではこの水準がキープできるかどうかが今後、ドル円が95-100円の
    レンジを維持できるかどうかのポイントと観ています。
    ドルは対ユーロでも大きく値を下げています。

    米ゴールドマンサックスは顧客向けのリポートの中でユーロドルの買いを
    推奨しました。

    先週末の1.42台から約400ポイント下げたことで目先の調整は終えた
    可能性もあり、この日は1.41台まで約300ポイントの大幅反発を見せました。

    昨日もコメントしましたがドル円の方向感がいまいち掴めない中、
    ユーロの動きが全体の流れを決定ずけて行くように思われます。
    今後もユーロの動きからは目が離せず、流れにうまく追いていきたいものです。

    米国債は3年物の入札が行われましたが、入札は好調で、投資家の需要を
    測る指標の応札倍率は2.82倍と前回(5月5日)の2.66倍を上回る結果と
    なりました。

    米国債のプライマリーディーラーの1社であるスイスのUBSは年内の利上げ
    には否定的な見方発表しています。

    引き続き長期債の入札が控えており、「期間が長くなるほど入札をこなすのが
    難しくなる。」(ブルームバーグ)ことから市場の注目度は高くなっています。

    本日は地区連銀報告(ベージュブック)が発表されます。

    一部に改善された経済指標が出始めていることから「景気底入れ」期待が
    盛り込まれる可能性がありますが、全体としては、「依然として景気の先行きは
    不透明」ということになりそうです。

    この点に関して、ダラス連銀のフィッシャー総裁は、「米経済はあと数四半期ほど
    縮小が続いた後、年末までに長い回復が始まる。最近の米経済は、以前ほど
    危機に陥るリスクにはさらされていない。信用市場の地合いも好転している。」
    との見解を示しています。

    今週は重要経済指標がなく、市場への影響も限定的です。
    そんな中、底値から既に倍に値上がりしている原油価格には注目しています。
    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/286-0ac12dad

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。