FC2ブログ

米長期金利大幅上昇でドル買い円売り誘う。 

友人から聞いた話の受け売りですが、今から80年ほど前、

米自動車メーカーのフォードのショーウィンドウには3種類のタイプの

車が展示されていたそうです。

「木炭車」「ガソリン車」そして「電気自動車」です。

そんな昔から「電気自動車」は作られていたわけです。

では、なぜその後、日の目を見ずにガソリン車が主流になったのでしょうか?

それは電気自動車の心臓部である長時間使えるバッテリーが

作られていなかったからです。

先週三菱自動車が「アイミーブ」の量産を発表しました。

化石燃料を全く使わない究極のエコカーです。

まだ値段の方が高く買えませんが、将来大量生産で値段が下がるはずなので

その時には買いたいと思います。

何しろ夜間電力を使えが1km当たりのコストは1円だそうなので。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 10年物国債の入札が不調だったことで長期金利は続伸、一時4%目前まで
    債券安が進み、ドル買い円売りを加速。
  • ドル円は97円後半での取引後、長期金利の上昇を材料に98円台半ばまで
    ドル高が進み、今週月曜日の水準まで戻った格好に。
  • 地区連銀経済報告書(ベージュブック)では主要5地区連銀管轄地域で
    経済活動の縮小ペースが鈍化したとし、住宅についても販売が上向きとの報告。
  • ロシア中央銀行は保有する米国債1400億ドルの一部を売却する可能性が
    あると発表。1週間前にも中国が米国債への依存度を減らすと表明したことにも
    通じ、インドも同様の発表をする可能性がある。
  • シティは580億ドル相当の優先株の普通株転換を開始、これにより米政府が
    34%の株を所有し筆頭株主に。
  • NYダウは小幅続落。WTI原油価格は続伸し71ドル台で引け。
  • 4月貿易収支 →292億ドルの赤字(2ヶ月連続で赤字幅拡大)


本日の注目点

       
  • 欧   ECB月例報告  
  • 米   5月小売売上高  
  • 米   週間失業保険申請件数      


資源国通貨高、円安が続いています。
昨日の欧州市場からNYにかけては一段の円売り資源国通貨高が加速しました。
ポンド円は161円台前半と昨年11月以来の水準を示現し、豪ドル円も79円半ばと
こちらも昨年10月以来にの高値を記録しています。

その他高金利通貨に対しても軒並み円は売られ、「ドル安、円安」の構図が
定着しそうな様子。2006年から2007年にかけて主要国通貨が円に対して
大幅高を演じたころが思い出されます。

さらに昨日は米10年債の入札が不調に終わり、ロシア中銀が米国債を売却する
可能性を示唆したことで長期金利は一時3.99%と4%に迫る水準まで上昇しました。

これまでの市場は米長期金利の上昇を「悪い金利上昇」などと受け止め、
少なくともドル買い材料とは見てきませんでが、どうやら見方が変わってきたようです。

米長期金利の上昇は日米金利差の拡大から「ドル買い円売り」と観る向きも増えてきた
ようで、市場の「移り気」を現わしています。

米10社の金機関が公的資金を返済することで、大手ではバンカメとシティを除き
経営のメドが立ってきたように思えます。

ガイトナー財務長官は昨日講演で、これまで金融機関幹部の高額報酬に厳しい注文を
つけてきましたが、今後「高額報酬を受けとれるかどうかは株主が賛否をすればよい。」
とトーンダウン。
公的資金返済金融機関の経営には直接関与できなくなることでやや「方向転換」をした
模様です。
大手金融機関の経営が安定し、市場に資金が潤沢に供給されることで信用不安は払
拭されるシナリオが描けるようになってきました。

今後は金融機関が抱える「不良債権問題」へと軸足が移るものと思われます。
先に「官民共同投資プログラム」を創設し、大手ファンドの数社が参加を表明していますが
早い段階で金融機関から不良再建を切り離なさなければなりません。
それには住宅価格の下げ止まりと、失業率の低下が欠かせません。

米政府は今後100日以内に60万人の雇用を創出すると発表し、財政を前倒ししていくこと
を表明していますが、住宅価格と失業率の下げ止まりこそが米経済へ回復への鍵を
握っていることは間違いありません。

その意味で、先週末の雇用統計で非農業部門雇用者数の減少幅の縮小は、
その第一歩であったのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/287-2b370f0a

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。