FC2ブログ

NYダウ453ドル下げる 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に108円73銭前後まで下落したが、その後は
109円を挟みもみ合い。NYでは109円台に乗せたものの、上値は
重く、長期金利の低下が重石に。
◆ユーロドルは値動きのない中、前日と同水準で推移。
1.1010まで売られたが、1.10台はキープ。
◆株式市場はアジア株の大幅下げを受け、5日続落。
ダウは一時500ドルを超える下げを見せ、引けにかけては
下げ幅を縮小したものの、453ドル安と今年最大の下げに。
◆債券は大幅に続伸し、長期金利は1.61%台へと急低下。
◆金は3日続伸。一方原油価格は新型ウイルスの影響で需要が
減るとの見方から5日続落。約3カ月半ぶりの安値を記録。


◆12月新築住宅販売件数    →  69.4万戸 


本日の注目イベント

◆豪   豪12月NAB企業景況感指数
◆米   12月耐久財受注
◆米   11月ケース・シラ-住宅価格指数
◆米   1月消費者信頼感指数
◆米    米予算局(CBO)、経済・財政見通し
◆米   1月リッチモンド連銀製造業指数
◆米  企業決算 → アップル、スターバックス、ファイザー、ロッキード

中国発の新型コロナウイルスによる死亡者は昨日の夜の時点で81人と、感染に
よる影響が急速に拡大しています。昨日は李克強首相が発生地と見られる湖北省
武漢に入り、感染拡大を止めるよう指示する報道がありましたが、まだ全く予断
を許しません。中国では金融市場の取引再開を2月3日に延期し、上海では民間
企業に対して、営業再開を来月9日以降に延期するよう勧告しています。
また米国でも国務省は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、中国への渡航
警戒レベルを4段階の上から2番目にあたるレベル3の「渡航の再検討」に引き
上げました。米国では5人の感染が確認されていますが、米疾病対策センター
(CDC)は、感染の可能性があるとして米国で監視下に置かれた110人中、
27日時点で5人が陽性、32人が陰性、残りの73人が検査結果待ちだと報告
しています。(ブルームバーグ)

ドル円は昨日の朝方、日経平均株価の大幅安に伴い108円73銭前後まで売ら
れました。ただ、その後も株価の下げが続き、NYでもダウが大幅に売られる中、
上記水準を下回るドル安には振れていません。米長期金利も一時は1.59%台
まで急低下し、恐怖指数といわれる「VIX指数」は直近1年の平均を
上回る「17.8」で取引を終えています。危険水域といわれる「20」に迫っ
てきました。その意味ではドル円は底堅い動きを見せていると言えますが、この
傾向は今回に限ったものではなく、昨年12月にダウやナスダックが連日最高値
を更新している中でも、ドルの上昇は限定的でした。
株価との相関が崩れているということでしょうか。

12月の新築住宅販売件数が予想外に不調でした。
市場予想の73万戸に対して69.4万戸と予想を下回り、さらに前月分も下方
修正されています。12月の住宅着工件数が13年ぶりの高水準だったことや、
同許可件数も高水準だったことで、期待感も高まっていましたが、ややネガティ
ブ・サプライズでした。特に南部の減少が大きかったようですが、一部には今回
の数字で、好調な米住宅市場も転機に差し掛かったのではないかとの指摘もあり
ます。米住宅市場の拡大は、「住宅ローン金利の低下」と「株価の上昇による資
産効果」の影響が大きいと見られています。
偶然だとは思いますが、その株価も昨日は大きく下げ、タイミングが良すぎる印
象です。ただ、今回の数字だけで米住宅市場のピークアウトを想定するのは時期
尚早です。その証拠に、着工件数や、住宅許可件数だけではなく、12月の中古
住宅販売件数も2019年で最も高水準を記録しています。

日経平均株価が483円下げ、その後のNYでもダウが453ドル下げたことで、
本日の日経平均も再び下げ圧力が強まりそうです。
本日もまた同じような展開になると、株価下落の「負の連鎖」に陥る可能性もあ
ります。日米どちらかの市場で反発すれば連鎖も止まりますが、通常その役割を
担うのはNYです。
NYでは本日、その決算発表が最も注目されている企業の一つ「アップル」の決
算が発表されます。果たして流れを変える「ゲーム・チェンジャー」になれるの
でしょうか。本日の日本株の動きと、ドル円が108円70-80銭で再び粘り
腰を見せるのかも注目されます。

ドル円は108円60銭~109円30銭程度と予想します。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2872-75658177

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。