FC2ブログ

英財務相辞任でポンド上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は新型コロナウイルスの感染拡大が止まっていない
との観測から小幅に下落。109円65銭まで売られたが、
下値も限定的。
◆ユーロドルは小幅ながら続落し、1.0834までユーロ安が
進む。ユーロは対円でも売られ、昨年10月以来となる118円台
後半まで下落。
◆ジャビド財務相が辞任したことでポンドが買われる。
財政支出拡大への期待感がポンド買いにつながった。
◆株式市場は反落。中国が発表する新型コロナウイルスに
関する報道への不信感が重石に。ダウは128ドル下げ、他の
主要指数も下落。
◆債券相場反発。長期金利はやや低下し、1.61%台に。
◆金と原油はともに続伸。

********************(何もない時は空欄のままにします)

◆新規失業保険申請件数    →  20.5万件
◆1月消費者物価指数     →  0.1%

本日の注目イベント

◆独   独10-12月期GDP(速報値)
◆欧   ユーロ圏10-12月期GDP(速報値)
◆欧   ユーロ圏12月貿易収支 
◆米    1月小売売上高
◆米  1月輸入物価指数
◆米   1月鉱工業生産
◆米   1月設備稼働率
◆米   2月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演

昨日の早朝、ドル円は110円台前半でNYでの取引を終え、久しぶりに110円台
で戻ってきましたが、8時頃に伝えられた「新型ウイルス感染症例が1日で1万48
40件増えた」との報道に、ドル円は109円80銭前後まで押し戻され、結局今回
も110円台を維持することはできませんでした。前日のNYでは新型コロナウイル
スの感染拡大ペースが鈍化したという報道にリスクオンが強まり、ドル高、株高が
進んだだけに、1日で1万4840件の感染症例の増加はややサプライズで、市場
はこれに反応した恰好でした。
大幅に上昇すると見られていた日経平均株価もマイナスで取引が始まり、市場は
新型コロナウイルスの情報に振らされる展開が続いています。
もっとも、これは中国湖北省の衛生健康委員会の感染症例に関する基準が変わっ
たことによるもので、これまでの方法である核酸の検査キットとともに、画像スキャ
ンで確認された症例も加えたものを発表することにしたものです。
昨日のこの欄でも述べましたが、ここ2週間ほどで感染拡大が止まるのかどうかが、
今後「パンデミック」に(世界的な大流行)になるかどうかの「ヤマ場」と言われて
います。感染者の伸びが鈍化するのかどうか、注視したいと思います。

トランプ大統領がFRBの理事候補に指名したシェルトン氏が昨日、米上院銀行住宅
委員会の公聴会で発言しました。
同氏は「FRBの独立性は、その公的な信頼性において極めて重要な側面だと信じて
いる」と述べる一方、トランプ大統領に多くの権限があるとも述べています。
ブルームバーグは、同氏は前回の大統領選でトランプ氏の経済アドバイザーを務めた
ことを紹介し、11月の大統領選でトランプ氏が再選され、かつシェルトン氏がFR
B理事に就任した場合、同氏は2022年にパウエル議長の後任に指名される可能性
があると伝えています。しかし昨日の公聴会では、民主・共和の両党からその適正に
問題があると指摘されていました。

昨日イギリスのジャビド財務相が突然辞任しました。
ジョンソン首相との対立が解消できず、首相は同氏を含む5人の解雇を迫っていまし
たが、ジャビド財務相は首相の要求を拒否し、辞任した模様です。
ブルームバーグは、何の前触れもなく財務相が去ったイギリスの経済政策は先の読め
ない局面に入り、ジョンソン首相にとっては大きな痛手となったと評しています。
このニュースでイギリスが財政支出の拡大に動くとの期待が高まり、ポンドは上昇し
ています。ポンド円は142円台半ばから143円台前半まで買われ、対ドルでも6
0ポイント程買われています。

ドル円は109円台半ばから110円台前半で膠着状態です。
「MACD」でも、ゼロの軸を中心に小動きとなっており、方向感が出ていません。
日米の株式市場では連日大きな値動きが見られますが、ドル円と米債券市場では膠着
感が強まっています。日本の機関投資家が、高利回りに加え、流動性や安全性を求め
て米国債に投資をおこなっているとの報道もあり、継続的な米国債の購入が米長期金
利を低く抑えている一方、その購入資金である円を売ってドルを買う行動が、新型コ
ロナウイルスの感染拡大が止まらない割には円高が進まない一因にもなっているよう
です。
米大統領選も相場の方向性を決定する大きな材料ですが、決定的な影響を与えるのは
まだ先の話です。やはり目先の材料である、新型コロナウイルスの感染がどのように
推移するのかといった報道に振り回される展開になりそうです。

本日のドル円は109円40銭~110円程度と予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2883-63cc83bf

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。