FC2ブログ

日本の4QGDPマイナス成長に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

欧州市場

◆NY市場が休場のため、ドル円は動きが少なかったが
小幅に上昇。109円96銭までドルが買われた。
◆ユーロドルは小幅に反発。1.08台半ばまでユーロの
買い戻しが進む。ユーロ円も終始119円台で推移。


本日の注目イベント

◆豪   RBA、金融政策会合議事要旨公表
◆独   独2月ZEW景気期待指数
◆英   英1月失業率
◆米   2月NAHB住宅市場指数
◆米   2月NY連銀製造業景況指数

消費税引き上げに台風、さらには暖冬と、これらの影響をもろに受け、昨日発表
された日本の10-12月期GDPは年換算でマイナス6.3%と、市場予想よ
りもマイナス幅を拡大させていました。
マイナス成長は予想されていましたが、今回の大幅なマイナス成長は昨年10月
からの消費税増税の影響が大きかったとは言えません。政府は、軽減税率の導入
やキャッシュレス還元など、消費税増税後の反動を想定した施策を実施しており、
個人消費のマイナス幅は前回の消費税増税時の「4.・8%」に対して今回は
「2.9%」と、小幅に留まっていました。上記施策は一定の効果をあげたと考
えられます。

問題は、今年の1―3月期です。
消費回復が見込まれていましたが、暖冬に加え、中国発の新型コロナウイルスの
感染拡大の影響が大きく出てきそうです。
一部にはすでに2期連続のマイナス成長を予想する向きもあるようですが、政府
が「不要不急の外出を控えるように」と国民に訴えていることで、多くのイベン
トの中止を余儀なくされ、個人消費が抑制されそうです。
昨日東京都は、3月1日に行われる「東京マラソン」の一般参加を中止するとい
う「苦渋の決断」を発表しました。知人も楽しみにしていた東京ドームで毎年開
催される「蘭展」をキャンセルしたとのメールをもらいました。
「人が多く集まるところには極力行かない。」ということでしたが、このような
行動が個人消費の下振れにつながることは間違いありません。
野村証券でも、全国の本支店で開催予定だった「個人向けセミナー」の中止を決
めています。新型コロナウイルスの感染拡大がどこまで続くかにも大きく影響さ
れますが、2期連続のマイナス成長もないとは言えません。

新型コロナウイルスは日本での感染拡大が目立ってきました。
昨日の夜もこのニュース一色でした。
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で、新たに99人の感染が確認され、
同船で業務にあたっていた厚労省の職員の感染もありました。
また感染経路を特定できない感染者も5人程いるようで、今後爆発的に感染者が
増えることも否定できないとする専門家の声もあります。
中国でも来月5日に予定されている「全人代」の延期を検討しているようで、も
し延期されれば、数十年ぶりの延期ということになるようです。
一方で、新たな感染例が12日連続で報告されていないマカオでは、政府が20
日のカジノの営業再開を認めたとの報道もあります。
また中国科学技術省生物センターは17日、北京での記者会見で、新型コロナウ
イルスに抗マラリア薬「サン酸クロロキン」が有効であるとの見解を明らかにし
た。(ブルームバーグ)との報道もあります。今しばらく拡大ペースの推移を見
守るしかありません。

ドル円はNY市場が休みのため目立った動きはなかったものの、ジリ高の展開で
した。109円96銭までドルが買われ、再び110円を試そうとしている動き
のようにも見えます。もっとも、正念場はこの水準から110円30銭近辺まで
です。まだトレンドはニュートラルと見られますが、新型コロナウイルスの感染
拡大や株安といった悪材料の割に健闘しているのも事実です。

本日のドル円は109円60銭~110円10銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2885-a3dabae6

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。