FC2ブログ

ユーロドル約3年ぶりの安値に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間に109円65銭前後まで売られたが、NYでは
109円94銭まで反発。ユーロドルでドル高が進んだ影響が
ドル円にも波及したと見られる。
◆ユーロドルは続落。一時は1.0785までユーロ安が進み、
2017年4月以来となる水準を記録。
◆株式市場は新型コロナウイルスの影響やアップルが
売上高予想が達成できないと発表したことを受け下落。
ダウは165ドル下落したが、ナスダックは小幅高。
◆債券相場は続伸。長期金利は1.55%台に低下。
◆金はリスク回避の流れから大幅に続伸し、引け値では
2013年以来となる1600ドル台に。
原油は変わらず。


◆2月NAHB住宅市場指数   → 74
◆2月NY連銀製造業景況指数  → 12.9


本日の注目イベント


◆日   1月貿易収支
◆トルコ トルコ中銀政策金利発表
◆英   英1月消費者物価指数
◆米   1月住宅着工件数
◆米   1月建設許可件数
◆米   1月生産者物価指数
◆米   FOMC議事録(1月28-29日分)
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演
◆米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆加   カナダ1月消費者物価指数


中国発の新型コロナウイルスの感染拡大がグローバル企業の業績にも影響を与え
始めてきました。昨日の朝方、米アップルが新型コロナウイルスの影響で、1-3
月期の売上高が予想に届かないことを発表しました。
中国での生産が落ち込むことに加え、中国での需要も減少し、「供給」と「需要」
の両方で苦戦しているようです。
この発表を受け、昨日の東京株式市場ではハイテク株を中心に日経平均株価は大
きく売られ、一時は400円に近いマイナスに沈みました。
アップルに部品を供給しているハイテク企業の売りが加速し、ドル円もその動き
に連動して、109円65銭近辺まで売られました。
ただドル円の下落は限定的で、その後の海外市場では109円後半まで値を戻し
ています。

2月のNY連銀製造業景況指数が好調でした。1月は「4.8」でしたが、今回
は「12.9」と、2017年9月以来の高水準です。特に新規受注と出荷は高
水準で、ISM製造業景況指数と比べるとやや傾向が異なります。ISM製造業
景況指数の方も底入れ感を示し、1月は節目の「50」を超えては来ましたが、
まだ拡大傾向に移行したとは判断できません。今後米国でも新型コロナウイルス
の感染拡大の影響が出て来る可能性はあると見られます。

昨日は米地区連銀総裁の講演が多くありましたが、ダラス連銀のカプラン総裁は、
新型コロナウイルスのリスクがあるものの、金融政策はおおむね適切で、202
0年末まで現行の政策金利が据え置かれる可能性が高いとの認識を示しました。
同総裁は、「成長は引き続き低迷する可能性が高いが、貿易を巡る不確実性があ
る程度落ち着くため、安定化の兆しを示すだろう」と述べ、新型コロナウイルス
の流行は、「中国の成長鈍化、および世界経済成長への下振れリスクを意味する
可能性が高い」ものの、「ウイルスが世界の経済に及ぼす最終的な影響を自信を
もって予測するのは時期尚早」と語っています。カプラン総裁は今年のFOMC
での投票権を有しています。(ブルームバーグ)

コロナウイルスの感染の広がりはいまだに阻止できない状態ですが、日本での拡
大が世界から厳しい眼で見られています。
すでに国内での感染症例は500を大きく超えています。感染者の感染経路を特
定できないケースも増えており、人から人への感染が広がり、今後爆発的に感染
者が増える恐れもあります。そのため、株式市場ではデパートや物量、交通など、
コロナウイルスの感染によって影響が出るであろうセクターの株が大きく売られ
ています。まさに「不要不急」の外出は避け、感染リスクから身を守る行動が求
められます。「対岸の火事がいつの間にか、身近に迫って来ている」といった印
象です。

本日のドル円は109円50銭~110円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2886-44f3007f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。