FC2ブログ

ドル円再び111円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は109円台半ばから急反発。米国でのコロナウイルスの
感染拡大が止まらず、ドル資金への需要が継続。ドル円は一時
111円59銭まで上昇。先週末のドル高水準を若干上回る。
◆ユーロドルも反発。ドイツ政府が7500億ユーロ(約89.7兆円)の
財政パッケージを承認したことでユーロの買い戻しが進み、1.0828
まで上昇。
◆株式市場は続落。2兆ドル(約111兆円)規模の景気対策案の
成立が不透明になったことが背景。ダウは582ドル下げ、
直近最安値を更新。
◆債券相場は続伸。長期金利は0.78%台へと低下。
◆金は大幅に続伸。前日比83ドル(約5.6%)上昇し、1日の
上げ幅としては1984年11月以来となる急騰。原油は小幅に続伸。

本日の注目イベント

◆日  1月景気先行指数(改定値)
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆独   独3月製造業PMI(速報値)
◆独   独3月サービス業PMI(速報値)
◆米   3月マークイット製造業PMI
◆米   3月マークイットサービス業PMI
◆米   2月新築住宅販売件数
◆米   3月リッチモンド連銀製造業指数

昨日の東京時間には109円台半ばまで売られたドル円は、NY市場では111円
59銭まで買われ、ほぼ2円上昇しました。米長期金利は低下し、株価も大幅に続
落する中、ドル資金の確保という流れが続いており、「有事のドル買い」の様相が
さらに強まってきました。特に、新興国通貨に対してドルが買われる流れが続いて
おり、多くの新興国では債務がドル建てのケースが多く、ドル高が進めば進むほど、
「借金が増える」構図になっています。またトルコなど、インフレ率も比較的高く、
自国通貨安が進めばさらに生活が困窮するという事情もあり、多くの国民が自国通
貨を売ってドルに換えるといった行動も背景にはあると見られます。
それにしても、ドル円もよく動きます。昨日もこの欄で述べたように、上昇すれば
さらに「買え」というプログラムが発動され、ドルをさらに押し上げます。「ここ
まではないだろう」といったレベルでの指値でないと、ポジションメイクした途端、
マイナスが膨らんでしまいます。昨日NYマーカンタイルで金が急騰したのも、こ
の種の動きと言えます。

米国では今週に入り新型コロナウイルスの感染が急拡大していますが、トランプ政
権が主導する2兆ドル規模の景気対策案が米議会で否決されました。採決は賛成4
9票、反対46票で、可決には60票が必要でした。米国民にとっては早急な可決
が必要なことは論を待ちませんが、ここでも11月の大統領選を巡る思惑が絡んで
いるようです。
採決に反対した民主党は、景気対策そのものには賛成するものの、救済策の中身に
反対しているようです。救済策は、新型コロナウイルスで大きな打撃を受けた特定
の企業に、その対象を絞っており、これが大統領選に利用されるのではと警戒を強
めています。この法案が通ると、ボーイングなどの航空機メーカーや航空会社に資
金が向かうとされています。

一方で止まらない感染拡大に、FRBは今月3度目となる臨時の会合を開き、先週
決めた量的緩和を無制限で行うことを決めました。
先の会合では、国債とMBSを年7000億ドル(約77兆円)購入することを決
めていましたが、今回その額を、「円滑な市場機能を支え、金融政策の効果的な伝
達を支援する上で必要な額」に切り替え、事実上無制限としました。
ドイツでも政府が臨時閣議を開き、総額7500億ユーロ(約89.7兆円)規模
の財政パッケージを承認しています。

ドル円は「月足」の雲の上限を試しているように見えます。
現在111円70銭前後にある「雲」を完全に上抜けすれば、2月に記録した11
2円23銭も視野に入って来るかと思います。
ただ足元の動きは、ドル資金を確保することが優先されている相場展開かと思われ、
コロナ騒動が終息に向えば、再び円高に振れる可能性も排除できません。
本日はNY株式市場が大幅続落でしたが、円安が進んだせいもあり、日本株の大幅
な下げは回避できそうです。
ここを好機と見た買いが入れば400-600円程の上昇もあるかもしれません。

NYダウは2月12日の史上最高値からすでに1万1000ドルも下落しています。
率にして実に37%を超えています。
これだけ下げても株式関係者の声はまだまだ弱気が多く、「総悲観」と言ってもい
いくらい、非常に暗い雰囲気です。
投資の神様と言われる、ウオーレン・バフェット氏は「悲観は友、陶酔は敵」と述
べています。また、「ソックス(靴下)でも、ストックス(株)でも、値札が下が
った質の高いものを買うのが私は好きだ」とも語っています。(日経ヴェリタス3
月22日号より)14兆円もの現金預金を保有している、バフェット氏率いるバー
クシャー・ハザウェイは、今この混乱を、「絶好の買い場」と見ているのか、それ
とも「嵐が過ぎ去るのをじっと待っている」のか、どのような
戦略を立てているのでしょうか。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2908-12575778

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。