FC2ブログ

米経済指標の悪化続く 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はアジア市場のドル高を受けて108円60銭前後で
取引が始まったが、低調な経済指標と、米国でのコロナウイルスに
よる死者の数が中国を上回ったことを手掛かりにドルが売られる。
107円台半ばまで円高が進み、この日のドル最安値近辺で引ける。
◆ユーロドルは1.09台から反発。1.1038までユーロの
買い戻しが進行。
◆株式市場は弱い経済データを背景に反落。ダウは410ドル下落し、
連日上げ下げを繰り返す。
◆債券相場は続伸。長期金利は0.67%近辺まで低下。
◆金は大幅に下げ3日続落。原油は小幅に反発。


◆1月ケース・シラ-住宅価格指数  →  0.30%
◆3月消費者信頼感指数       →  120.0

本日の注目イベント

◆豪   豪2月住宅建設許可件数
◆豪   RBA議事録
◆日   1-3月期月日銀短観
◆中   3月財新製造業PMI
◆独   独3月製造業PMI(改定値)
◆欧   ユーロ圏3月製造業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏2月失業率
◆米   3月自動車販売台数
◆米   3月ADP雇用者数
◆米   3月ISM製造業景況指数

NYダウは前日比410ドル下げました。不思議なもので、「410ドル安」と聞いても
驚きはなく、むしろ「安心感」さえ覚える状況です。
2月後半よりほぼ連日1000ドルを超える乱高下が続いたことから、投資家の目も「4
桁」の数字に慣らされ、「3桁」であれば小幅な動きだったといった印象を受けるように
なった気がします。ドル円についても、昨日も1円以上の値動きがあり、こちらも1円~
1円50銭程度の値動きが常態化してきました。
月曜日から見れば、ドル円は結局「往って来い」の展開になっています。
為替や株を動かすドライバーは「発表される経済データの下振れ度」、「コロナウイルス
に対する感染度」が軸になっているものと思われます。

米国では感染者数が16万人を超え、イタリアを抜いて世界最多になっています。NY州
では18歳以下で初の死亡が報告され、フランスでは高校生がコロナウイルスに感染して
亡くなっています。比較的安全と言われていた若年層ももはや安全とは言えず、専門家は、
「日本国内で感染拡大が続けば、若い世代で重症や死亡する例が出て来るだろう」と述べ
ています。国内でも昨日は東京都で感染者が78名と、これまでの1日での最多を記録し
ました。ここでも専門家からは、「米国の感染拡大ペースに似てきた」と声もあがり、ひ
ょっとしたら政府による「非常事態宣言」も近いのではないかといった懸念もあります。
一方でイタリアでは依然として感染拡大が続いているものの、2週間ぶりの低水準で横ば
いになったことから、「感染段階は停滞期に入った」と、同国国立衛生研究所の所長が述
べています。

既に2兆ドル(約216兆円)を超える景気対策を決めた米国では、31日にトランプ大
統領がさらなる景気対策が必要とツイートしました。
トランプ氏は、「米国の金利はゼロであり、今こそ何十年もの長きにわたり待ち望まれて
いるインフラ法案に取り掛かる時だ」と述べ、「2兆ドルと非常に大規模かつ大胆なもの
とし、中身は雇用、そしてわが国の素晴らしいインフラを復活させることに絞るべきだ」
と訴えています。同法案は道路や橋、鉄道の建設・補修など、公共プロジェクトに資金を
提供する内容ですが、財源をどうするかについては決定していません。(ブルームバーグ)
またFRBはドル資金の供給に関して、各国中銀が保有する米国債を担保に資金を提供す
る意向を示しました。
先週まで見られたように、新興国や企業がドル資金の調達に走ると、ドル高に振れること
になり、さらに保有する米国債を売却してドルを調達すれば、長期金利に上昇圧力がかか
ることになります。金利上昇は景気を冷やす要因と見られ、FRBは金利上昇を抑える意
味からも、国債担保の貸し出しを意図したものと思われます。

クリーブランド連銀のメスター総裁は31日CNBCとのインタビューで、新型コロナウ
イルスのパンデミックで米経済が減速し、失業率は10%を超える水準でピークを迎える
と予想する一方、30%を超えるとする他の連銀総裁の予想には異議を唱えました。
メスター総裁は、「クリーブランド連銀で予想する数字は30%ではない。だが、10%
を超えることは確かで、米経済の多くの部分が休業していることを踏まえれば、合理的だ」
と指摘しました。その上で、「1-3月期と4-6月期の米経済は極めて悪い数字になる
と予想する。どのような数字になるかはウイルス感染状況に左右されよう」と述べていま
す。(ブルームバーグ)

上でも述べたように、ないことを望みますが、万が一「非常事態宣言」が発動されたら、
ドル円はどう動くのかを想定しておいたほうがいいでしょう。
個人的には、日本の景気回復がさらに遅れるという想定のもと、円売りで反応する可能性
が高いと思われます。
株価にとってはマイナス要因となり、株式市場の下落は間違いないところでしょうが、円
と株が同時に売られる、「日本売り」に近い状況が想定されます。
首都東京が1カ月ロックダウンされた場合、英バークレーズは試算で、4-6月のGDP
を「2.7%」押し下げる要因になるとしています。
繰り返しになりますが、ここ1週間が「分水嶺」にあると考えます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2914-4a211614

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。