FC2ブログ

リスクオン、一段と強まる 


ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はアジア市場では上値が重かったものの、海外
市場ではじり高が続き、NYでは108円98銭まで上昇。
株高、金利高が続きリスクオンがさらに強まる。
◆ユーロドルは続伸。独メルケル政権が1300億ユーロ
(約16兆円)の景気刺激策で合意したこともあり、
1.1258までユーロ高が進む。
◆株式市場は大幅に続伸。ADP雇用者数などの経済指標が
予想されたほど悪化していなかったことを好感。
ダウは527ドル上昇し、2万6000ドル台を回復。
◆債券は続落。長期金利は約3週間ぶりに0.7%台半ばまで上昇。
◆金は大幅に続落。原油は続伸し37ドル台に。

◆5月ADP雇用者数      →  -276万人
◆4月製造業受注        →  -13.0%
◆5月ISM非製造業景況指数  →  45.4

本日の注目イベント

◆豪   豪4月貿易収支
◆豪   豪4月小売売上高
◆独   独5月製造業PMI(速報値)
◆独   独5月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏5月総合PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏5月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏4月小売売上高
◆欧   ECB政策金利発表
◆欧  ラガルド・ECB総裁記者会見
◆米   新規失業保険申請件数
◆米  4月貿易収支
◆加   カナダ4月貿易収支

昨日の海外市場では一段と「リスクオン」が強まり、NY株式市場では
ダウが大幅に続伸し、約3カ月ぶりに2万6000ドルの大台を回復し
ました。先行して買われているナスダックは上値が重く、上昇の勢いは
鈍かったものの、9682ポイントで取引を終え、2月に記録した引け
値での最高値である9817ポイントに迫ってきました。
債券市場では安全資産の国債が売られ、長期金利は0.74%台まで上
昇しています。「リスクオン」の動きに伴って為替市場では、円が売ら
れ、ユーロ円は1月13日以来となる122円台半ばで買われています。
安全資産である債券や円に加えて金も売られ、一時「80」まで上昇し
た「VIX指数」(恐怖指数)は「25.6前後」まで低下してきまし
た。

多くの専門家が指摘しているように、冷静に周りを見渡せば「リスクオ
フ」につながりそうな事案は決して少なくはありません。
ミネソタ州で発生した白人警察官による黒人暴行死事件では、全米で抗
議デモが広がり、鎮圧のため連邦軍の導入も辞さない姿勢を示したトラ
ンプ大統領の発言を巡っては、エスパー国防長官の毅然とした物言いが
波紋を広げています。エスパー長官は3日、国防総省で記者団に対して、
「法執行当局の役割で軍を動員するという選択肢は最後の手段とすべき
で、極めて緊急性が高く切迫した状況に限定する必要がある。今の状況
はそれには当てはまらない。暴動法の発動は支持しない」と言明し、抗
議デモへの軍派兵には反対する考えを示しました。(ブルームバーグ)
このニュースを耳にして、かつて同じようにトランプ大統領がシリア、
アフガニスタンからの米軍撤退を決めた際、反対意見を述べたものの受
け容れられず辞任した、マティス前国防長官を思い出しました。トラン
プ大統領は2016年の就任以来、自身の考えを受け容れない側近をこ
とごとく外しており、今回のエスパー長官もその可性が高まるでしょう。
仮に11月の大統領選でトランプ氏が再選を果たした場合、エスパー氏
以外の人物が国防長官に任命されることになるでしょう。

「リスクオフ」につながりかねない事案はまだあります。
米運輸省は3日、中国航空会社の旅客機による米国乗り入れを全面的に
停止することを発表しました。これは、米航空会社の中国便運航再開を
中国が認めていないことへの対抗措置と見られており、乗り入れ停止は
6月16日に発効する予定ですが、トランプ大統領がそれより前に実行
させる可能性もあるようです。中国機の乗り入れ停止は貿易や新型コロ
ナウイルス、香港の扱いを巡り緊張が高まっている米中関係に新たな火
種となることも考えられ、米中の緊張が一段と高まるリスクがあります。
また中国が制定した「国家安全法」を巡っては、香港政府トップの林長
官が北京に呼ばれ、香港での反中国共産党などの活動を禁じる同法の施
行への準備を加速することを告げられ、林長官もこれを「全面的に支持
する」と述べています。
香港を特別扱いしないという米国の政策変更は粛々と実施されそうです。

それでも大量の資金が株式市場に流入し、株価を押し上げています。
今朝の経済紙によると、コロナによる景気刺激策に伴って日米欧の中銀
は今年に入り500兆円にのぼる資金供給を行った模様と報じています。
ゼロ金利、もしくはマイナス金利下での運用は、いきおい、リスクを取
ってより高い運用利回りを求めるしかありません。
すでに「 Cash is King」という言葉も忘れ去られた感もありますが、
再び歴史を繰り返さないことを願うものです。

どこまで「リスクオン」が続くのかを見極めることが重要ですが、今後
円が買われる事態も想定される中、ドル円は109円近辺まで上昇して
きました。チャートでは、「日足」までの足でドルの上昇を示唆してい
ます。109円を明確に上抜けするようだと、「週足」でもドル高示唆
が点灯します。円先高観を意識しながらも、チャートが示す流れも無視
するわけには行きません。
足元の動きは依然として105-110円の大きなレンジ内で推移して
いると見ています。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/2941-ebe9bfb0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。