FC2ブログ

ウイークリーコメント 



マーケット・プレディクション(6/22~6/26)






■ 今週のレンジ予想 ■




ドル/円  ・・・  95.00 ~ 100.00

ユーロ/円 ・・・ 135.00 ~ 140.50

ユーロ/ドル・・・ 1.3600 ~ 1.4200



ドル円は依然として95-100円のレンジ内での取引が続いています。

上下多少のはみ出しはあったものの、この水準は3月から続いているので

約3ヶ月にもなるわけです。

1月21日に87円10を記録した後、急速にドル買い戻しが進み97円台まで

短期間で水準訂正を終えた後はほぼ3ヶ月現在のレベルです。

ややストレスを感じている市場参加者も多いのではないでしょぅか?

しかし、この長い動きは徐々に収斂されてきています。(参照:6月19日(金)アナリストリポート)

おそらく、あと数週間後にはどちらかにブレイクし、その場合には値幅、スピードともにかなりのものが

想定されます。


レンジをブレイクするとなると、そのきっかけは何になるのか?

ここで少し材料を整理してみたいと思います。

先ず、ドル安要因としては 1.米長期金利の低下による日米金利差の縮小。

2.財政赤字拡大に起因する米国債の格下げ3.GM破綻の影響による失業率の上昇と雇用者数の減

少幅拡大

4.日米株式市場の大幅下落 5.BRICs諸国による米国債への投資凍結などです。

一方、ドル高要因としては1.先月の雇用統計に観られたような米ファンダメンタルズの改善

2.米景気底入れ期待からの、いわゆる「良い金利上昇」3.日米株式市場の上昇

4.原油などの商品市況の上昇(ドル安、円安要因)5.東京都議選での自民の大敗など政治的混迷な

どでしょうか。

この他にもユーロ圏内の材料による影響も考えられます。


以上ざっと整理してみましたが、この1ヶ月以上、資源国通貨、高金利通貨に流れていた資金が

一旦止まり、そこから流出した資金がどこへ向かうかを予想することになるわけです。

基本は信用危機が終わり、投資家が再びリスクを取れるようになってきていることを

忘れてはいけないはずです。

リーマンショックのような異常事態がないとすれば、行き場のない資金は再び

「運用競争」の波にもまれこれまでと同じ道を歩むことは十分考えられます。

現に、米国ではヘッジファンドへの資金は流出と新規流入との差がプラスに転じています。

本邦でも個人投資家の株式口座の開設が増えてきてると報じられています。

その際重要なことは、やはり「絶対的な金利水準」ではないでしょうか。


今週の注目材料は23-24日のFOMCはもちろんですが、24日の新築住宅販売件数、

26日個人消費支出です。

25日にはバーナンキFRB議長がバンカメのメリルリンチ買収に関して議会で


証言をする予定になっています。






■ 今週の注目材料 ■





6/22 (月)

  • 欧   独6月ifo景況指数           



  • 6/23 (火)

  • 米   リッチモンド連銀製造業指数
  • 米   5月中古住宅販売件数
  • 米   FOMC(24日まで)    



  • 6/24 (水)
       
  • 米   5月新築住宅販売件数     
  • 米   貿易収支   
  • 米   耐久財受注  



  • 6/25(木)
      
  • 米  1-3月期GDP確定値  
  • 米 バーナンキFRB議長議会証言              

  •  

    6/26(金)
          
  • 米   個人消費支出                  








  • ※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。
    本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。







    スポンサーサイト



    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/296-292da862

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。