FC2ブログ

原油高から高金利、資源国通貨に買い戻しの動き。 

何でも競売にかけてしまう国がアメリカですが、

米イーベイは慈善競売で著名投資家ウオーレンバフット氏と

昼食を共にできる権利の応札を始めました。

毎年行われている競売は今回で10回目だそうです。

NYのステーキハウスでバフェット氏に事業戦略や投資哲学を

質問できるわけですが、既に28件の応札があり、締切は26日です。

因みに昨年の落札者は中国のヘッジファンドのマネージャーで

落札価格は2億2400万円だったそうです。

さて今年は誰が世界で最も高価なステーキを食べることに

なるのでしょうか?


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 円はアジア市場での円高ドル安の流れを受け一時94円88銭と1ヶ月ぶりの円高水準を記録。その後米経済指標の発表や原油価格の上昇などから95円台後半までドル高がすすんだものの、引けは95円台前半。

  • 商品市場の反発からこの日は主要通貨が軒並み対ドルで強含み、対円でも値ごろ感から買い戻しの動きが優勢。

  • FOMCが年内の政策金利引き上げ見通しを後退させるとの観測が急速に台頭し、この日の国債入札も好調。入札倍率は3.19倍と予想以上の倍率に。

  • 5月の中古住宅販売は477万戸と前月比2.4%増えたものの、市場予想を下回り住宅市況の回復には至らず。

  • また、4月のFHFA住宅価格指数は0.1%下落し、マイナスは幅を縮小。

  • 原油価格は反発、前日の下落幅を埋め合わせる大幅上昇。

  • ポンドはBOEのエコノミストの発言を受け、対ドル、ユーロで下落。



本日の注目点
       
  • 米   5月新築住宅販売件数     
  • 米   貿易収支   
  • 米   耐久財受注


ドル円は東京時間内に95円を一瞬割り込む場面もありましたが、その後円安方向に動き、
NY市場では95円90までのドル高がありました。

昨日の東京時間朝方に「三角もち合い」の下限を割り込んだことで、目先円高局面に
入ったと相場観から円買いドル売りが進み、ユーロ円、豪ドル円でも円買いが優勢となり
「NY市場でのもう一段の円高局面」への期待も膨らみました。

NYでは94円88銭までの円高はありましたが、全体とすればむしろ円安の流れが加速し、
主要通貨に対して円は全面安でした。昨年秋の円高局面と比べ、あきらかにそのスピードの
違いを意識しないわけにはいきません。

米経済の回復基調と円の地政学的リスクがが当時と大きく異なることがその理由かと
思いますが、今後円高傾向が継続するとしても円の高値は限られているかもしれません。

市場は日本時間明日の未明に発表されるFRBの声明文の内容を注目しています。
ドイツ銀行の為替ストラテジストは「市場はFOMCが利回りに抑制装置を取りつけ、
ドルに対する支援材料を取り除くことを懸念している。
それが今のドル安の主な要因だ。」とコメントしています。(ブルームバーグ)

大方の予想は世界銀行の経済成長の下方修正を受け、ゼロ金利は継続し、政策金利
引き上げ論は後退するものと観ています。

全米不動産業者協会が発表した5月の中古住宅販売件数は前月比2.4%増の477万戸
でした。住宅価格(中間値)も大幅に下がり、住宅ローンの金利水準とともに、中古住宅への
需要も回復しつつあります。

しかし一方で中古住宅価格の下落は販売不振と住宅金融機関による差し押さえ物件の
競売が大きく影響しているとの指摘もあり、市況の底入れは依然として確認されていません。

本日は新築住宅の販売件数が発表されますが、こちらの予想も前月よりも増えていて
36万戸とみられています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/298-853cd7ea

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。