FC2ブログ

ドル円105円30銭まで続落 


ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続落。FOMCでハト派的な姿勢が示されるとの
観測が引き続き重しとなり、105円30銭までドル安が進む。
◆ユーロドルは前日とほぼ同水準で推移。1.18台半ばを
挟む展開で、FOMCの結果を待つ姿勢が強まる。
◆株式市場は3指数とも揃って続伸したが、ダウは午後に
上げ幅を縮小。ナスダックは133ポイントの大幅高。
◆債券相場は前日に続き小動き。長期金利は0.68%前後に。
◆金は続伸。原油もハリケーン「サリー」が湾岸に接近している
ことを手掛かりに1ドルを超える上昇。

◆9月NY連銀製造業景況指数   →  17.0
◆8月輸入物価指数        →  0.9%
◆8月鉱工業生産         →  0.4%
◆8月設備稼働率         →  71.4%

本日の注目イベント

◆日   8月貿易収支
◆欧   ユーロ圏7月貿易収支
◆欧   欧州委員長、施政方針演説
◆欧   OECD経済見通しの中間報告
◆英   英8月消費者物価指数
◆米   8月小売売上高
◆米   9月NAHB住宅市場指数
◆米   FOMC 政策金利発表
◆米   パウエル議長記者会見

ドル円は緩やかに続落し、105円30銭までドル安が進んでいます。
明日朝方発表のFOMCでハト派的な姿勢を強めるとの観測が根強く、
ドル売りにつながった模様です。また発表される金利・景気見通しに
ついても、低金利の長期化を正当化する見方になるといった観測もあ
ります。
105円50銭を明確に割り込んだドル円は次に重要な節目である
「105円前後」を試しに行く可能性が高いと見ていますが、FOM
C終了後には「材料出尽くし」で反発することもないとは言えません。
この点には注意が必要ですが、それでも、ドルの戻りは「106円前
後がいっぱい、いっぱい」と予想しています。現在は2023年ごろ
までゼロ金利政策が継続されると見られていますが、これが「202
4年ごろまで」といった見方が台頭するようだと、節目の105円前
後を突破することもあるかもしれません。
政策発表は明日の朝方3時に行われる予定です。

米国務省による中国ファーウェイに対する半導体輸出規制が昨日、1
5日から発効されました。この規制により国内の半導体メーカーにも
その影響が及び、今朝の経済紙はその規模が「1兆円」にも達すると
報じています。米国の中国に対する制裁の一環ですが、これにより、
「多国間貿易が自由にできる時代は終わり、米中2つの国家が設ける
規制とルールの中でビジネスをする」(日経新聞)ことになり、グロ
ーバル企業にとって、地政学的リスクがますます意識される時代にな
りそうです。
一方でWTOは、2018年に米国が中国製品を対象に課した関税は
国際ルールに違反しているとの
判断を下しました。トランプ政権が対中貿易戦争のよりどころとして
きた主張を退けた格好になりましたが、米通商代表部(USTR)は
この判断を批判し、中国との貿易合意の第1段に影響しないと言明し
ています。中国商務省は今回の判断を高く評価しています。
また、この判断に対して米政府は上訴が可能だとブルームバーグは伝
えています。

菅自民党総裁は今日の午後開かれる臨時国会で首相に選ばれる予定で
す。既に閣僚の名前も挙がっており、それを見る限り「個人的には高
揚も期待」もありませんが、規制改革の一つとして挙げられている携
帯電話料金の引き下げは歓迎されているようです。首相就任演説での
新たな政策に期待をしていますが、どうでしょう。為替にはほとんど
影響はないと見られます。
本日のドル円は上述のように、105円前後が維持されるかどうかが
ポイントになります。

予想レンジは104円80銭~105円80銭程度といったところで
しょうか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3004-7c75dfcf

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。