FC2ブログ

中国人民銀行リポートでドル下落。 

最近「カツオ」が獲れないそうです。

カツオの主要漁港である千葉県勝浦の一本釣り水揚げ量は

今年1-5月の累計で前年同期比半減、八丈島でも

7割減だそうです。

そのため卸値も5年前に比べ3~4割高いとのこと。

詳しい原因は分っていませんが、黒潮の回遊路の変化や

赤道付近で大量に捕獲する大型巻き網漁船の増加などが

指摘されています。

カツオは一度の産卵で10万ー200万粒の卵を産むそうです。

結構な数ですが、驚いたことに、そのうちの99.999%は

死んでしまうそうで、仮に200万粒の卵を産んでも

体長1mほどの「大物」に成長できるのは20匹。

仮に、10万粒でしたらたったの1匹・・・・。

厳しい自然界です。


ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 週末を控え取引は閑散でしたが、ドルが主要通貨に対して下落。

  • 中国人民銀行(中央銀行)がリポートで「独立した」新たな国際準備通貨の必要性を改めてしめしたことが背景。

  • 円は小動きの中、95円割れ目前まで買われ、再びドル下落基調に。

  • 5月個人所得 → 前月比+1.4%と大幅な伸び。

  • 5月個人消費 → 前月比+0.3%

  • この結果貯蓄率は6.9%に上昇。過去15年間で最高水準に。

  • 6月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 70.8(市場予想を上回る)

  • 米国債は続伸。5月個人消費支出でインフレ抑制が示されたっことからFOMCでのゼロ金利政策は継続されるとの見方から買い優勢に。

  • NYダウは前日の大幅高の反動から小幅下落。


本日の注目点
       
  • 日   5月鉱工業生産速報値 
  • 欧   ユーロ圏6月消費者信頼感       


ドル円は先週末のNY市場で再び95円割れを試す展開でした。
今朝7時現在、95円21-23レベルです。

今週も先週同様、急激な円高はないとしても、なだらかな円高傾向が続くと
予想します。

米経済指標ではなかなか決定的な方向感を映し出せないなか、
金利相場が主流になってきています。

先週末のNYでも個人消費支出の発表からインフレ懸念は見られず、
ゼロ金利政策は維持されるとの連想から米国債に買いが集まり、
長期金利が低下しました。

その結果、金利差縮小からドル売りに繋がって行きました。
また、中国人民銀行(日本の日銀にあたる)は再び新準備通貨の創設に
言及しています。

報告書では「特定の国の通貨を準備通貨として使用することに内在する問題を
回避するため、主権国家と切り離された国際準備通貨を創設する必要がある。」との
考えを表明。

再び基軸通貨ドルを牽制する結果となりました。
この動きは、先にロシアで行われた「BRICs」の初会合と同様な動きで、今後世界でも
有数な米国債保有国群として、ゆさぶりをかけてくるものと思われます。

短期的には円高ドル安傾向がやや優勢に見える相場ですが、依然として
明確な方向感はなくアナリスト泣かせの相場が続いています。

先週末のNYのコメントに株に絡んだコメントがありましたので紹介いたします。
スイスの大手金融機関クレディスイスが日本株の投資枠を増やしことで
「円高に振れた」とのコメントです。
時事かどうかはわかりませんが、このところのNYダウと日経平均の動きを見ると
今後の為替に少しヒントが隠されているかもしれません。

今年はじめから春先までNYダウは7000-7500ドルで推移していました。
そのころの日経平均も7000-7500円です。

つまり絶対値は同じで、単位を「ドルから円に」換えればそのまま読めたわけです。
現在NYダウは8500ドル前後で日経は9900円前後。

その差は1400ポイントに拡大しており、日経平均が強く、ダウは弱い傾向が鮮明です。
言い変えれば、これまでNY株式市場に流れていた資金が日本の株式に向かってきたと
言うことです。

為替でいえば「ドル売り円買い」で買った円で日本株を購入するという流れです。
もちろん、この所の日経平均は出遅れから買われた側面も強く、さらに、買いの主体は
個人投資家だと言われたいますが、逆に、そうだとすれば今後、海外の機関投資家が
参入してくる余地が十分あり、上記図式が具体的な流れとなることもあり得ます。

今のところ「金利相場」が主流ですが、いずれ「株式相場」に市場の眼が移ることも
頭の片隅に入れておきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/301-75930abf

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。