fc2ブログ

NY株3指数とも大幅続伸 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は前日と同じような動きに。
105円台半ばを中心に値幅も30銭程度に収まり、
米大統領選候補者によるテレビ討論会や、雇用統計
など、ビッグイベントを控え様子見の姿勢が強まる。
◆ユーロドルも1.16台半ばから後半で推移し、やや
ユーロの買い戻しが優勢に。
◆株式市場は3指数とも揃って上昇。追加の経済対策の
合意期待が強まり、3日続伸。
◆債券相場は引き続き小動き。長期金利は0.65%台と
ほぼ変わらず。
◆金と原油は反発。

本日の注目イベント

◆日  9月東京都区部消費者物価指数
◆欧   ユーロ圏9月景況感指数
◆欧   ユーロ圏9月消費者信頼感指数(確定値)
◆英   英8月消費者信用残高
◆独   独9月消費者物価指数(速報値)
◆米   7月ケース・シラ-住宅価格指数
◆米   9月消費者信頼感指数
◆米   米大統領候補第1回テレビ討論会(オハイオ州クリーブランド)
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁講演
◆米   ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁、バーチャルイベントに参加
◆米   クオールズ・FRB副議長講演

ドル円は概ね105円台半ばで推移しておりほとんど動きがありませんが、
NY株式市場は3指数が揃って大幅に続伸しました。
ダウは一時500ドルを超える上昇を見せ、引けでは410ドル高。ナスダッ
クも203ポイント上昇し、1万1000ポイントの大台を回復しています。
規模の違いで合意が遅れている米国の追加経済対策で、やや明るい兆し
が見えて来たことが株価を押し上げています。

ペロシ下院議長は28日、大統領選前に追加経済対策で合意するためには
、ホワイトハウスが大幅な規模拡大に同意する必要があるとの見解を示し、
ムニューシン財務長官と27日に協議を行い、28日にも再び経済対策につい
て話し合う予定です。経済対策の規模では1兆ドル(約106兆円)の隔たりが
ありますが、これを埋めるのはなお可能だとの認識を示しました。ペロシ議長
は、「われわれはこの問題を片付けられる。ムニューシン財務長官が交渉の
テーブルに戻る用意が調えば、われわれはこれを話し合うことができる」とし、
「ただし、問題を片付けるためには長官がずっと大きな規模の案を打ち返して
くる必要がある」と語っています。(ブルームバーグ)

ラガルドECB総裁は欧州議会経済金融問題委員会にビデオを通じて出席し、
ユーロ圏のインフレ率について、今後数カ月はマイナスが続くと見込まれ、ユ
ーロ高がその一つだとの見方を示し、「政策委員会は中期的なインフレ見通
しに対する影響という観点から、為替の動向を含めて今後入って来る全ての
情報を注意深く吟味する」と述べました。間接的ではあるがユーロ高をけん制
した格好になっています。また、新型コロナウイルスのパンデミックによる景気
への悪影響については、「ECB政策委員会はあらゆる手段を適宜調整する用
意がある」とし、現在行っているパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)は
一時的で対象を絞った措置であり、低金利が長期化すれば副作用をもたらし得
るとの認識も示しました。

本日は第1回大統領候補テレビ討論会が行われます。
トランプ氏とバイデン氏の支持率は僅差だという見方もあり、ソースによってはト
ランプ氏が逆転した州もあるという報道もあります。
ただ、直近の調査ではやはりバイデン氏がリードしている(参照:ウィークリーレ
ポート)ようですが、今度はNYタイムズが、トランプ氏が2016年の当選前の1
5年間のうち、10年分の所得税を納めていなかったことを報じています。トラン
プ氏は「フェイクニュースだ」と反論していますが、今回の討論会では「納税も行
っていない人物は、大統領にはふさわしくない」といったように、バイデン氏の
攻撃材料にされる可能性もあります。討論会は29日米国時間夜に行われ、日
本では明日の朝になります。

本日のドル円は105円20銭~105円90銭程度と予想します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3011-77303e79

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。