ドル円NY市場で5週間ぶりに94円台に突入。 

コンビニのセブンイレブンが「100円おにぎり」の

キャンペーンをやっています。

普段150円のものが100円ですから飛ぶように売れています。

友人の話によると、1個100円のおにぎりの原価は

20円~30円程度だそうです。

それを聞いてしまうと買えなくなりますが、結構おいしいと

思うのは私だけではないでしょう。

キャンペーンは今日までです。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 連休明けのNY市場では海外でのドル安の流れを受けで、対円では
    5週間ぶりの94円半ばを示現。
  • 円はドル以外の通貨に対しても買われ、対ユーロ、豪ドルでも急伸。
    ドル高、円高の流れに。

  • ISM非製造業景況感指数は47と前月から大幅に改善し、ドル下落にブレイキが
    かかり、NY株式市場の反発と相まって95円台前半で引け。

  • 原油先物価格が大幅に続落。世界景気の回復が遅れるとの見方を背景に
    一時63ドル台まで売られ、直近高値から10ドルあまり下落。
    引けは64ドルと相場は荒れ気味。

  • 米破産裁判所はGMの持つ優良資産を新生GMに譲渡することを承認。
    これにより新生GMは異例の速さで経営のアクセルを踏むことに。

  • 中国の胡錦濤国家主席はサミットを前に「国内経済は安定した」との
    認識を示す。



本日の注目点


  • 豪   RBAキャッシュターゲット                 


先週発表された米雇用統計を機にドル売り円買いの流れが市場を
支配しつつあります。

7時現在95円20での取引。
昨日の東京市場で円買いの方向性が鮮明になると、欧州でもその流れが
継続され、ドル円は95円15まで下落し、NY市場では5週間ぶりに94円台を
記録しました。

ドルと円が買われた結果、ユーロ円は131円台、豪ドルも74円台と円が
軒並み2-4週間ぶりの高値をつけています。

先週あたりからクロス円全般で上値が重く、テクニカル的にも下落のサインを
示していたこともあり、円買いが加速したものと思われます。

また、このところの商品市況の下落も資源国通貨が売られ易い地合をつくっており、
今年前半から続いていた資源国通貨高、高金利通貨高は一旦調整局面を
むかえています。

94円台に突入した円はNY株式市場が持ち直すとドルの買い戻しが入り、
米財務省がこの日実施したインフレ連動国債(TIPS)の入札が予想以上に順調
だったことから、大量の国債発行に需要が追い付かないとの懸念が和らいだようです。

FRBが70億ドル相当の国債を購入したことで、2年債は3営業日続伸し、
10年債は変わらず。

テクニカルで観る限り昨日94円台を示現したことでドル円は「三角保ち合い」を下抜け
した可能性が高いと思います。(参照:下記ドル円日足チャート)
ドルの戻り売りのスタンスを継続し、リスクは96円です。
96円を超えるようであれば再び「元の鞘」に戻ったことになりますが、その可能性は
低いと観ています。

同様にクロス円全般についても言えることで、豪ドル円は下限のサポートラインに
絡んでおり、まだ完全に抜け切ってはいません。
ここはいましばらく様子見て、エントリーのタイミングを探る姿勢でいいと思います。

chart0707
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/307-3f4eabdf

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。