FC2ブログ

米長期金利一時1.36%台まで上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は小幅ながら続落。長期金利の上昇に伴い
リスク回避の流れが強まり、105円25銭まで売られる。
◆ユーロドルは続伸。ドルが売られたことで、1.2142
までユーロが買い戻される。
◆株式市場は目立った動きもなく、まちまち。
ダウはほぼ横ばい。ナスダックは9ポイント上昇。
◆債券は続落。長期金利は一段と上昇し、一時は1.36%台
まで続伸し、2020年2月以来となる高水準を記録。
◆金は続伸。原油は続落し、60ドル台を割り込む。

◆2月マークイット製造業PMI        →  58.5
◆2月マークイットサービス業PMI      →  58.9
◆1月中古住宅販売件数            →  669万件

本日の注目イベント

◆独   独2月ifo景況感指数
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆米   1月景気先行指標総合指数

ドル円は小幅に続落し、105円25銭までドル安が進みました。
先週末のNYでは10年債利回りが一段と上昇し、一時は昨年2月以来、1年ぶりとなる
1.36%台まで上昇しています。金利高を嫌う株式市場はこれを嫌気したのか、株価
の動きが軟調となり、リスク回避がやや強まったことでドルが全般的に売られる展開で
した。2月に入ってからの米10年債利回りは急ピッチで上昇しています。
バイデン大統領が提案する1.9兆ドル(約200兆円)の大規模な経済対策が実施さ
れるとの見方に加え、コロナワクチンの接種が進み、今後急速に経済活動や個人消費が
回復するといった見方が根底にあり、インフレ懸念も台頭し始めています。
リッチモンド連銀のバーキン総裁は、「インフレ率はわれわれの目標からなお離れてお
り、結果に基づくフォワードガイダンスに従って全面的な緩和を行うことは理にかなう」
と述べ、 米国のインフレ率は依然として目標から離れているとの見方を示しました。
(ブルームバーグ)

「G7首脳会議」がバーチャル形式で行われました。
バイデン氏にとっては大統領就任後初となる「G7首脳会議」です。首脳会議では、新型
コロナウイルスのパンデミックによる打撃からの経済回復支援のため、
政府支出を継続するとの決意を表明しています。
会合後には「雇用を守るとともに、力強く持続可能で均衡の取れた包摂的な景気回復を
支援するために、経済を支え続ける」との声明を発表しました。
バイデン大統領は19日ミュンヘン安全保障会議のオンライン会合にも出席し、演説を
行っています。「世界がこれから向かう方向について、根本的な論争が展開している」
と指摘し、「第4次産業革命からパンデミックに至るまであらゆる問題を考慮すれば、
独裁主義が将来に向けて最善の道だと主張する勢力。そしてこうした問題を克服するた
めに民主主義が不可欠だと理解する者たち。この2者による論争だ」と説明しました。
米国はこの日、トランプ大統領が強硬に脱退した「パリ協定」に、正式に復帰し、4
月22日に行われる「気候サミット」に各国首脳を招待することを明らかにしています。

世界で最もワクチン接種が進んでいるイスラエルでは、当局が、ワクチン接種により新
型コロナによる死亡を防ぐ効果が99%だったと説明しています。米ファイザーと独ビ
オンテックが共同で開発した新型コロナワクチンは、イスラエルで接種を受けた人のう
ち、大多数の感染抑制につながったと、実社会のデータとして示唆されています。同ワ
クチン検査で確認された感染予防の有効率は89.4%だったと報告されています。
(ブルームバーグ)

今朝のドル円は105円台半ばで推移していますが、この先も105円台が維持される
のかどうかが焦点の一つです。
今後とも株価の上昇が続くとすれば、「リスクオン」が再び強まり、円が売られドルが
買われる展開が維持されそうです。
ドル円と株価の関係は、かならずしも明確ではありませんが、足元では株価の上昇がド
ル高につながる傾向がよく見られる状況になっています。

本日のドル円は105円10銭~105円80銭程度を予想します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3101-759f9ca5

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。