米株式急騰で、円売りドル売り加速 

[果物価格総崩れでも“独り勝ち”バナナの輸入が過去最高額に]

という見出しでブルームバーグが面白い記事を配信しています。

同記事によると、手軽に食べられ、ダイエット効果もある

バナナの輸入量は着実に増えているそうです。

特に雑誌などでダイエット効果を紹介されてからは

金額、量ともに伸びているそうです。

もともとバナナは物価の優等生で、今では1本15-20円くらいで

買えます。

ご飯1杯分のカロリーが252キロカロリー対して、バナナ1本では

わずか86キロカロリーだそうです。

安い、手軽、低カロリー・・・・売れるわけがわかります。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 米株式市場が前日に続き大幅高だったことからドル円は一気に94円台に乗せ、
    主要通貨に対しても全面安の流れに。

  • 前日、市場引け後に発表されたインテルの好決算を受けて、この日のNY株式は
    朝方から買いが優勢に。

  • 加えて、発表された経済指標が軒並み改善していたことから、NYダウは
    高値で引け、前日比256ドルの大幅高。

  • NY株高を背景に、原油価格も大きく上昇、債券は売られ長期金利が大幅に
    上昇した結果、ドルと円が売られ、そのドルに対しても円は安く全面安に。

  • FOMCの議事録では、今後の失業率が9.8%~10.1%になる可能性が
    あると、これまでの見通しを下方修正する一方、GDPの見通しを上方修正。

  • 6月NY連銀製造業景気指数 → -0.4%(前月の-9.4から大幅に改善)

  • 6月鉱工業生産 → -0.4%(こちらも下落幅が縮小)

  • 6月消費者物価指数 → +0.7%(デフレ、インフレの兆候みられず)

  • 6月ユーロ圏消費者物価指数 → -0.1%



本日の注目点

  • 中   中国4-6月期GDP発表
  • 米   週間失業保険申請件数
  • 米   7月フィラデルフィア連銀景況指数
  • 米   7月NAHB住宅市場指数
  • 米   4-6月期決算発表→JPモルガンチェース、IBM、グーグル


昨日に引き続きNY株式市場が急騰し、これが全ての市場に影響を与えたということでした。

残念ながら256ドル高のNYダウ上昇は読めませんでした。
ダウはこの三日間で約470ドル、率にして5.8%上昇したことになります。

先週まで市場に漂っていた「株式市場の調整入り」の空気は一気に払拭された感が
あります。
その背景にあったのは、言うまでもなくゴールドマン、インテルから始まった米企業の
四半期決算発表の中身でした。

大方の予想以上に企業収益が回復していたことで、米景気の先行きに再び楽観論が台頭し
リスク許容度が増したということです。
言いかえれば、株式市場の流れに為替が完全にリンクしていると言うことです。

その株価押し上げの原因は米企業決算だけではなった訳です。
製造業に回復の兆しが見えてきたことが挙げられます。

昨日発表のNY連銀製造業景気指数は前月の数字に比べ約9ポイントも改善し1年ぶりの
水準を記録しました。

また鉱工業生産もマイナスが続いているものの、その幅は大きく縮小してきました。
さらにAMEXが発表したカードの支払不能率が予想より低かったこともあります。
このあたりを背景に、年後半からの米景気回復を期待する声が高まてきている状況です。

やはりリスク許容度が増すと、円が大きく売られ、ドルも高金利通貨、資源国通貨に対して
売られる展開になります。

ドル円は先週2回、今週も1回、91円70-80水準を付けています。
3回とももみ合いはなく、短期間で押し戻されていて、その結果91円台での「滞空時間」も
極めて短いものでした。

先週最初に91円台まで突っ込んだ際に、「90円割れは難しい」との見方をしていましたが
ほとんどもみ合いもせず94円台半ばまでの反転は予想外でした。
90円に向かってトライはしたものの、結局90-95円のレンジ内での動きが続きそうです。

米企業の好決算によって押し上げられたドル円ですが、すでに決算発表を終えた企業は
いわば「勝ち組」です。

今後発表される内容が悪ければ逆の動きも考えられます。
今日明日でも3社の大手金融機関の発表を控えています。

米景気の回復度合いと企業決算の内容を見ながらドル高のシナリオが描けるのであれば、
今後の相場観の修正も必要ですが、そのタイミングはもう少し先で、現状ではじっくり
相場の流れを観て行くことにします。

短期間で大幅な上昇を見せた米株式市場とドル円は目先、調整はあろうと観ています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/314-3cbfd31b

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。