NYダウ4日連騰でドル底堅い動き。 

コンビニのお弁当の二極化がすすんでいるようです。

ローソンは本来700円くらいする「スタミナ牛焼肉弁当」を

22日から450円で販売すると発表しました。

牛肉を一括仕入れすることによって値段を下げたそうですが、

普通300-400円くらいのお弁当が「定番」のコンビニでも

「たまには良いものをお食べたいといニーズは強い。」

ということで発売に踏み切ったそうです。

450円で本当においしいなら、街の外食レストランは大変です。

このあたりなら、お昼代は800円~1000円位はします。

来週水曜日には、早速ローソンに飛んでいきます。

売り切れる前に・・・・。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 前日大幅に上昇したドル円もアジア市場でもドルのお上値の重さ
    を確認した格好となり、NY市場でも94円台は重い展開に。

  • フィラデルフィア連銀景気指数は予想を下回るマイナス7.5と発表され
    ドル円も朝方93円前半まで下落。

  • また、ノンバンク大手CITが公的資金を受けられず破綻の可能性が高まった
    こともドル売りを誘った。

  • JPモルガンチェースの決算内容は純利益が予想を上回り前年同期比
    36%増となり、これを受けてNYダウは4日続伸、円も94円台に乗せる場面も。

  • 週間失業保険申請件数は52.2万件と先週より約3万件減少。

  • 7月NAHB住宅市場指数 →17(予想を若干上回る)。


本日の注目点

  • 日   5月景気動向指数  
  • 欧   5月ユーロ圏貿易収支
  • 米   6月住宅着工件数
  • 米   4-6月期決算発表 →シティーグループ、バンカメ、GE               



NYダウは今週月曜日から昨日まで4日連続で上昇し、この間の上げ幅は528ドル
にもおよび、8700ドル台を回復しています。

この米株式市場の上昇ぶりにはやや驚きを禁じえませんが、この影響で欧州各国の
株式市場も軒並み上昇を見せ、日経だけがカヤの外との印象があります。

欧州市場については取り引き時間が重なっていることもあり、NY市場の影響を
受けやすいという部分はありますが、全体的に堅調です。

この背景にはいくつかの理由があります。

今週から始まった米企業決算がゴールドマンの好決算発表を契機に盛り上がり
昨日のJPモルガンチェースの好調さまで継続されていることがあります。

これが今日発表予定のシティー、バンカメまで続くのかが市場の大きな注目材料の
一つになっています。

ただ、昨日のJPモルガンにしてもカード事業部門は赤字であり、不良債権に対する
積立金は依然として巨額です。

ゴールドマンと異なり、商業銀行部門がベースであることから住宅ローンなどから
生じる負の部分のリスクは大きいといえます。
今晩のシティーも同様な業態であることからその内容には注目です。

米株価上昇には、さらに昨日ニューヨーク大学のルービニ教授が
「米景気は2009年末ごろに景気後退局面を脱するとみている」と述べたと伝わリ
株式市場は堅調でした。
昨年の金融危機をただ一人予想した「賢人」だったことも影響したのかもしれません。

一方で、ノンバンク大手のCIT破綻の可能性が高まっています。

アナリストのリポートでは「CITは今後24時間以内に少なくとも20億ドルの救済融資が
必要であり、確保できなければ破産申請の可能性が高い。」と指摘しています。
(ブルームバーグ)

CITは中小100万社以上の取り引き先を抱えていることから、万が一破綻した際には
連鎖倒産もあるのではないかと懸念されています。

為替の方ですが、昨日の東京でも朝方、一時、94円45銭とNYでのドル高値に挑む
場面がありましたが勢いはなく、日経平均の上昇幅縮小に合わせる形でドルはじり安の
展開でした。

当面94円台半ばから95円にかけては実儒のドル売りも控えており、これまでの
材料だけではなかなか抜けきれないと観ています。

金融機関の決算発表も「勝ち組」に慣れてきており、ある程度の好決算は徐々に
市場に織り込まれつつあります。

仮に悪い内容の決算が出た時の反応には注意をする必要がありそうです。
下値についても91円後半が底堅いことから92円を割る込む勢いは予想しにくい状況です。

目先は90-95円のレンジの中、発表される数字次第でレンジの上限、下限を試す
展開でしょうか。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/315-eaef606c

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。