FC2ブログ

米8月のPPIは0.7% 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆米長期金利が上昇したものの、ドル円は109円台後半で
膠着が続く。
◆ユーロドルも前日と同じ水準で推移。値幅も30ポイント
前後と小動き。
◆株式市場は続落。特にダウは271ドル下げ、これで5日
続落となる。
◆債券は反落。長期金利は1.34%台に上昇。
◆金は反落し、原油は反発。

◆8月生産者物価指数    → 0.7%

本日の注目イベント

◆米 8月財政収支
◆欧    OPEC月報

ドル円だけではなく、ユーロドルも1.18台前半から半ばでの膠着
状態が続いています。米経済指標にやや変調の兆しが見え、デルタ変
異株の感染拡大が懸念される中、FRBがそれでも年内にテーパリン
グ開始を決めるのかが大きな焦点になっていますが、それには今後1
、2回の雇用統計を見極める必要があることが、目下コンセンサス
となっているところです。

これまでFOMCメンバーの多くがテーパリング開始を支持する発言
を行っています。先週金曜日も、クリーブランド連銀のメスター総裁
は講演で、「一段と顕著な進展を遂げたいという私の見解は、8月の
雇用統計後も変わっていないと考える」と述べ、「年内のテーパリン
グ開始を望む」と発言しています。
また急激な物価上昇に警告を発し続けているサマーズ元財務長官はブ
ルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「2桁のインフレ率
というカーター政権時代のような状況に近いとは思わないが、60年
代と70年代初めに犯したほとんど全ての過ちを繰り返すという非常
に深刻な危機にさらされていると考える」と述べ、当時との類似性を
警戒すべきと発言しています。
8月の生産者物価指数は前月比「0.7%」増と、市場予想を超え、
総合指数では前年比「8.4%」上昇し、伸び率は統計開始後の最大
を更新しています。
原料不足や輸送面でのボトルネック、労働コストの上昇など、生産面
のあらゆる過程で厳しい状況が続いているようです。企業の多くはこ
こ数カ月、こうしたコスト上昇分を「値上げ」という形で消費者に転
嫁しており、インフレを加速させていると見られます。
NY株式市場はこうした物価上昇を警戒するかのように、先週は軟調
な展開でした。
ダウは5日続落で、この間の下げ幅は760ドル余りとなっており、
恐怖指数と呼ばれる「VIX指数」も約3週間ぶりに警戒レベルの「20」を超
えて来ました。実際にはまだそれほど警戒する状況ではないと考えま
すが、先行性のある株式市場の動きには注意が必要です。
先週末には米中の対立が一段と強まる中、バイデン大統領と習近平国
家主席との電話会談が突如実現しました。
ホワイトハウスは、「両首脳は広範囲の戦略的な話し合いを持ち、そ
れぞれの利益が一致する分野と、利益と価値、視点が異なる分野につ
いて意見を交わした」と発表しましたが、バイデン大統領は、中国側
に対話への真剣さが見られないことへの不満を伝え、習主席は、両国
関係に対し「米国の対中政策が時には深刻な問題を引き起こした」と
バイデン氏に伝えたと報じられています。
また、この会談はバイデン大統領が呼び掛けたということのようです。
NY株式市場は、米中首脳による電話会談の効果もなく、大きく下げ
ました。

FOMCまで1週間余りとなりました。上でも述べたように、これま
でのFOMCメンバーの発言からすると、年内のテーパリング開始の
可能性は高いようですが、来週のFOMCでの決定はなさそうです。
好調だったNY株式市場にもやや変化が見られ、早すぎるテーパリン
グ開始は景気を後退させることにもなります。
「物価上昇」、「デルタ変異株の感染拡大」、さらに「株価の動向」
などを睨みながらFRBは厳しい判断を迫られます。

本日のドル円は109円50銭~110円20銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3234-84d06e9d

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。