FC2ブログ

NYダウ6日ぶりに反発 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は再び110円台に乗せ、110円10銭まで買われた。
ただ勢いはなく、110円前後で取引を終える。
◆ユーロドルは続落し、約2週間ぶりに1.18台を割りこむ。
一時は1.1772まで売られ、対円でも129円台半ばまで下落。
◆株式市場ではダウが6日ぶりに大幅反発。前日まで大きく
売られていたことで、値ごろ感からの買いも入る。
◆債券は小幅に反発。長期金利は1.32%台に低下。
◆金は反発。原油も上昇し70ドル台に乗せる。

◆8月財政収支    → -170.6億ドル

本日の注目イベント

◆豪   豪第2四半期住宅価格指数
◆豪   豪8月NAB企業景況感指数
◆日   7月鉱工業生産
◆欧   国際エネルギー機関(IEA)月報
◆英   英8月失業率
◆米   8月消費者物価指数

ユーロドルが約2週間ぶりに1.17台後半まで売られドル高に振れたことで、
ドル円も再び110円台に乗せ110円10銭まで上昇しました。
しかし、相変わらず勢いはなくレンジ内での取引きが続いています。本日は今週
の注目材料の一つである米8月消費者物価指数が発表され、結果次第では動意付
く可能性もありますが、為替市場の膠着感にはやや食傷気味の参加者も多いこと
と思います。
NY株式市場ではダウが6日ぶりに大幅な反発をみせ、一時は300ドルを超え
る場面もありましたが、市場全体のセンチメントを好転させるには至っていませ
ん。先週は週を通じて売りこまれていたこともあり、単なる反動との見方がコン
センサスのようです。
一方乱高下の続くビットコインは再び下げが加速し、4万5000ドル台まで売
られています。仮想通貨のライトコインがウォルマートとの提携で合意したとの
発表文が、グローブニューズワイヤから配信され、これを受けライトコインは一
時33%急騰しましたが、ウォルマート側がその後この文書は「本物ではない」
として事実関係を否定しました。ライトコインは一気に上げ幅を縮小し、同様に
買われていたビットコインも下げたようです。このような偽文書が出ること自体
、「あやしい」と言わざるを得ません。「ハイリスク・ハイリターン」の象徴と
もいえる存在です。

米下院歳入委員会の民主党メンバーは13日、一連の増税案を発表しました。
今回提示された案では、法人税率が現行の21%から最高で26.5%に引き上
げられ、キャピタルゲイン税の最高税率も現行の20%から25%に引き上げる
ものです。
今回の増税案では2兆ドル(約220兆円)余りの歳入が見込めますが、バイデ
ン大統領が目指す増税案を下回っています。バイデン氏は法人税率を28%、キ
ャピタルゲイン税については39.6%を計画しています。
今回の案は、「企業に配慮する民主党議員の支持を得るため規模の縮小が当初案
より縮小された」(ブルームバーグ)とのことです。
米国では新型コロナ対策への費用が重石となり、財政赤字が急拡大しています。
財政の急激な悪化を避けるためにも増税は避けられないところですが、これは日
本にも当てはまることで、コロナ禍がある程度収束した後には「増税」が待って
います。それでも日米の場合、財政立て直しは簡単ではないと見られます。

先週本欄でも若干触れましたが、中国の不動産開発大手の「中国恒大集団」に対
するリスクが顕在化してきているようです。
ブルームバーグによると、同社が手掛けた住宅の購入者や個人投資家から強く抗
議を受けているだけではなく、自社の従業員の反発も招いているようです。深圳
にある恒大の主要オフィスには未払いとなっている資産運用商品(WMP)、い
わゆる理財商品に返金を求める多くの人が詰めかけ、13日夜には警察が出動す
る事態になっています。

12日時点での抗議者は数百人に上っていたと伝えられ、中国当局は同社の債務
危機が社会不安をあおらないよう、警戒を強めているとのことです。
今後恒大問題が「中国発のリスク」として拡大しなければいいと思いますが、同
社はドル建ての債券も多く発行しています。

政府は昨日、新型コロナワクチンを2回接種した人の数が、全人口の5割を超え
たと発表しました。1回の接種を終えた人の数も7984万人と63%に達して
おり、ようやく欧米に手が届くところまで接種が進んできました。現在のペース
でいけば、米国の接種率を抜くのもそう遠くはないようです。若い人の接種が急
速に進んだせいか、昨日の東京都の新規感染者数は611人と、劇的に減少して
います。ただ、まだ安心はできません。これから冬に向い気温も低下し、コロナ
感染が拡大しやすい状況になります。まずは新規感染者の数を減少させ、病床の
ひっ迫を解消する必要があります。引き続き感染対策を怠らないよう注意したい
ものです。

本日のドル円は109円70銭~110円40銭程度を予想しています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3235-a0feccab

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。