fc2ブログ

米11月の失業率は4.2%に低下 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆11月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が予想を大きく
下回ったものの、失業率は改善するなど強弱まちまちだったが、
リスクオフの流れが進みドル円は112円56銭まで下落。
長期金利の急低下もドル円を押し下げた。
◆ユーロドルは1.12台半ばまで下げた後反発。1.1334
まで買戻しが進む。
◆株式市場は3指数が揃って下落。雇用者数の伸びが予想に
届かなかったことや、オミクロン株感染への懸念からダウは
59ドル下落。ナスダックはさら厳しい下げに。
◆債券相場は大きく上昇。長期金利は9月23日以来となる
1.31%台まで低下する場面も。
◆金は大幅に上昇。原油も買われる。

◆11月失業率                     →  4.2%
◆11月非農業部門雇用者数              →  21.0万人
◆11月平均時給 (前月比)              →  0.3%
◆11月平均時給 (前年比)              →  4.8%
◆11月労働参加率                   →  61.8
◆11月ISM製造業景況指数              →  69.1
◆10月製造業受注                   →  1.0%
◆11月マークイットサービス業PMI(改定値)     →  58.0
◆11月マークイットコンポジットPMI(改定値)    →  57.2

本日の注目イベント

◆独   独10月製造業新規受注

11月の米雇用統計は再びサプライズでした。
非農業部門雇用者数は市場予想の「53.1万人増加」に対して、結果は
「21.0万人の増加」に留まりました。先月に比べると、項目別では広
義のサービス分野が「17.5万人」に留まり、先月の「53.4万人
」から大きく鈍化していました。またレジャーや小売りでも雇用の伸びが
鈍化しています。
一方で失業率は「4.2%」と、先月の「4.6%」から大きく改善して
おり、労働参加率も改善していました。結局今回の雇用統計では「強弱ま
ちまち」の結果でした。

米雇用統計は「事業所調査」と「家計調査」の2つで構成されており、雇
用者数と賃金に関わる「事業所調査」では今回、幅広い業種で採用ペース
が鈍化していることを示しています。
一方、失業と労働参加率を決定する「家計調査」では、雇用が114万人
急増したとの結果が明らかになっています。(ブルームバーグ)


もともと「ぶれやすい」雇用統計にはこういった背景がありますが、統計
発表後、ドル円は113円61銭まで買われ、この日の高値を付けていま
す。その後雇用者数の鈍化に反応したせいか、じりじりと売られ、112
円台半ばまでドル安が進みました。
もっとも、株式市場では株価が大きく下げ、リスク回避の流れが強まった
こともドル売りにつながったようですが、長期金利の急低下が最も大きな
要因だったようです。米長期金利は9月23日以来となる、1.31%台
まで低下し、1.34%台で引けています。また超長期の30年債も一時
1.66%台と、1月初旬以来約11カ月ぶりの低水準を付けました。
米国では「オミクロン株」の感染が広がり、マサチューセッツ州など新た
に3州で感染が確認されていますが、現時点で、このこと自体がFRBの
利上げに向けた政策に影響を及ぼすほどのことにはならないと思いますが
、やや過剰反応といったところでしょうか。

FRBのテーパリングの終了時期と、それに続く利上げのタイミングを巡
っては、最も「タカ派」の予想としては、英バークレーズの「4月にテー
パリングを終了し、5月に最初の利上げを行い、2022年には3回の利
上げを見込む」というものがありますが、サマーズ元財務長官は3日、イ
ンフレとの闘いで米金融当局が失った信頼を取り戻すためパウエル議長は
利上げを来年4回行う可能性を示唆すべきだと、さらに突っ込んだ意見を
述べています。
サマーズ氏は、「インフレの数値がどうなるかに左右されるが、私だった
ら来年4回の利上げを示唆するだろう」と述べた上で、「それは衝撃にな
るが、衝撃は信頼回復には必要なことだ」と語っています。
サマーズ氏はこの日発表された雇用統計についても、「重要な留意点は失
業率が4.2%と、前月の4.6%から急低下したことだ」と述べ、労働
市場改善の力強さが増している点を指摘しています。

ドル円は先週初めから、113円を挟んで一進一退の展開に変わってきま
した。これまでの115円前後の水準からやや円が買われる地合いになっ
ています。南アフリカで発生した「オミクロン株」の影響が、実際のとこ
ろまだ読み切れていないことで、不安がリスク回避につながり、為替も、
株も「ひとまず、ポジションを減らしておこう」といった考えにつながっ
ています。「オミクロン株」の発生から1週間が経ちました。早ければ今
週末辺りにはそろそろ、より信頼できるデータが出て来るのではないかと
思っていますが、どうでしょう。

上でも述べたように、「オミクロン株」の発生がFRBの金融正常化に急
ブレイキをかけるといった想定はしにくいと考えます。
原油価格が下落に転じてきたことで、米国のインフレ率も鈍化して来ると
の見方はできますが、それでもFRBが正常化への道筋を変更するほどで
はないと思われます。111円90銭前後にある「日足の雲の下限」を明
確に下抜けするかどうかが、トレンド転換の重要なポイントになると、筆
者は考えています。

本日のドル円は、先週末と同様に112円50銭~113円40銭程度と
予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3286-1ae916d2

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。