fc2ブログ

ファウチ発言からドル円113円台半ばを回復 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は112円台から大きく上昇。オミクロン株感染者の
重症度がそれほど高くないとの報道から長期金利が上昇。
ドル円も引っ張られる形で113円55銭まで買われた。
◆ドル高が進み、ユーロが売られたものの、ユーロドルは
1.1266と、前日と同水準をキープ。
◆株式市場は3指数が揃って大幅に反発。オミクロン株への
過度の不安が後退したことでダウは646ドル上昇。
◆債券は大幅に下落。長期金利は大きく上昇し1.43%台を
回復する。
◆金は反落。原油はオミクロン株への懸念が後退したことで
需要が高まるとの見方から3ドルを超える上昇。

本日の注目イベント

◆豪   豪第3四半期住宅価格指数
◆豪   RBA、キャッシュターゲット
◆日  10月景気先行指数(CI)(速報値)
◆日  10月景気一致指数
◆中   中国11月外貨準備高
◆中   中国11月貿易収支
◆独   独12月ZEW景気期待指数
◆独   独10月鉱工業生産
◆欧   ユーロ圏7-9月期GDP(確定値)
◆米  10月貿易収支
◆米   10月消費者信用残高
◆米   米ロ首脳会談(オンライン)
◆加   カナダ10月貿易収支

ドル円は再び113円台半ばまで反発してきました。
米疾病対策センター(CDC)のファウチ所長が、「明確な見解を示
すには時期尚早だが、感染者の重症化の度合いはそれほど高くないよ
うだ」と述べたことで、オミクロン株へ警戒感が後退し、NY株式市
場では3指数が揃って大きく上昇。債券市場では債券が売られ、先週
末には1.31%台まで低下した長期金利が1.43%台まで上昇。
これがドル円を押し上げ、一時は113円55銭までドルが買い戻さ
れています。

日足チャートを見れば一目瞭然ですが、ここ5日間、ドル円は下値を
試してきましたが、全て112円50-80銭で下落が止められ反転
していることが確認できます。
オミクロン株への不透明さからドルの上値が重い展開が続いているの
も事実ですが、一方でドルが思いのほか底堅い動きを見せているのも
事実です。
昨日のファウチ所長の発言は、まだ免疫学的あるいは医学的な信頼で
きるデータによる裏付けはないとは思いますが、「米国を代表する専
門家」の意見として強い味方になったようです。
ドル円はこの先、115円台を回復するのか、あるいは10月8日以
来となる112円割れを示現するのか判断が難しいところですが、ド
ル上昇の材料となるのは、テーパリングの加速とその後の利上げ観測
の前倒しがあります。
一方、112円割れへの材料とすれば、オミクロン株の感染拡大が最
も大きな材料でしょう。感染が拡大すれば、ロックダウンなど行動制
限がひかれ、景気下振れの可能性が高まります。景気減速から株価が
下げ債券が買われ金利が低下することに伴って、ドルが下落するとい
った構図です。
従って、オミクロン株の感染が抑制されるか、有効性の高いワクチン
の開発あるいは既存ワクチンの有効性が確認されれば、全く逆の動き
が想定されることになります。
もっとも、それによって利上げ観測がさら高まることになれば、株価
の上昇にブレイキが掛かることも予想され、「リスク回避の円買い」
につながるシナリオも否定できません。
この辺りが足元のボラティリティーの高さにつながっており、例年ク
リスマスから年末にかけて見られる静かな動きとは異なっています。

ホワイトハウスのサキ報道官は、来年2月に行われる北京冬季オリン
ピック・パラリンピックに政府使節団を派遣しない「外交的ボイコッ
ト」を行うと発表しました。
その理由として、人道に対する罪など人権侵害に関する懸念を挙げ、
「バイデン政権は新疆ウイグル自治区で中国が続けるジェノサイド(
民族大量虐殺)や人道に対する罪など人権侵害を考慮し、2022年
北京冬季オリンピック・パラリンピックに外交や公式の代表を派遣し
ない」と記者団に語りました。
「外交的ボイコット」では選手団は派遣するようですが、今回のボイ
コットが米中間の新たな「火種」になりそうです。
中国外務省は直ちに、米国がボイコットすれば報復措置に踏み切るこ
とを発表しています。

中国人民銀行は6日、景気減速に対応するため大半の銀行を対象に今
月15日から預金準備率を0.5%引き下げると発表しました。
今年2度目の引き下げになりますが、中国恒大集団など、大手不動産
開発会社の経営危機が表面化し、さらなる景気の下振れを防ぐ狙いが
あるようです。
預金準備率は、市中の銀行が中央銀行に強制的に預金を預けなければ
ならない割合のことで、これを引き下げることは市中に資金を供給す
ることと同じ効果が期待できます。
人民銀行は引き下げについて、「定期的な金融政策行動」だとして、
今回の決定が緩和局面の始まりだとの見方を牽制しています。(ブル
ームバーグ)
先週3日には李克強首相が、預金準備率を適切な時期に引き下げると
述べていました。

本日のドル円は堅調な動きを予想しますが、これまで上値を抑えられ
てきた113円60-90銭の水準を抜けるかどうかがポイントでし
ょう。
オミクロン株に関する情報次第で一気にセンチメントが変わってしま
う地合いが続いていますが、一方的な相場観を持つのもややリスクが
あります。

ドル円は113円~113円90銭程度を予想しています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3287-a6459519

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。