fc2ブログ

NY株連日の大幅上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆日本株が大幅高になったことに伴い、ドル円は堅調に推移。
NYではリスクオンが強まり113円78銭まで買われたが
その後小反落。
◆ユーロドルは軟調に推移し、1.1228まで下落。
◆株式市場は前日に続き大幅続伸。オミクロン株が経済に与える
影響は大きくないとの見方からダウは492ドル上昇。ナスダックは
ハイテク株を中心に3%の上昇。
◆債券は続落。長期金利は1.47%台に上昇。
◆金は反発。原油はオミクロン株への懸念がさらに後退したことから
2ドル56セント上昇し、72ドル台を回復。

◆10月貿易収支       →  -67.1b
◆10月消費者信用残高    →  16.897b

本日の注目イベント

◆日   7-9月GDP(改定値)
◆日   10月貿易収支
◆日   10月国際収支
◆日  11月景気ウオッチャー調査
◆独   ドイツ連邦議会が新首相の指名選挙を予定、ショルツ政権発足へ
◆加   カナダ中銀政策金利発表

予想通り、新型コロナウイルス「オミクロン株」への過度の恐れが徐々に後退し、
昨日のNYではダウを始め主要3指数が前日に続き大幅高でした。ダウはこの2日
間で1000ドルを超える上昇を見せ、ここ最近の沈滞ムードを一気に吹き飛ばし
た感があります。ここ2日間の上昇を受け、バークレーズとUBSは株式に対する
強気の見方を発表していますが、一方ゴールドマンは、リスク指標はまだ買いシグ
ナルを発していないとして、強気の姿勢に警鐘を鳴らしています。

南アフリカの専門家はオミクロン株感染者が、呼吸器官への負担が従来の変異株に
比べて軽いとの報告を行いました。今後さらに検証する時間が必要としながらも、
重症化に対する過度の警戒感がやや和らいでいます。
英グラクソ・スミスクラインとカナダのメディカゴが行った試験結果によれば、両社
の開発したワクチン候補は、複数の変異株に対する後期臨床試験で71%の有効性
を示したと発表しました。7日発表された試験結果では、植物由来の同社のワクチ
ン候補は感染力の強いデルタ株に対して75%、ブラジルで最初に発見されたガン
マ株に対しても89%近い
有効性を示したとされています。臨床試験には2万4000人が参加し、この中で
重症化もしくは深刻な副反応が報告された例は1件もなかったということです。
(ブルームバーグ)まだ初期段階のデータしか集まっていないようですが、来週の
今頃にはさらに信頼できるデータが報告されていることが期待できそうです。

バイデン大統領とプーチン大統領がオンラインで会談を行い、2時間にも及ぶ会談
でバイデン大統領はロシアがウクライナに侵攻するなら米国は同盟国と共に「強力
」な措置で対応すると警告しました。
バイデン大統領はまた、ロシアが侵攻した場合、米国はウクライナに防衛装備品を
供与することも警告していますが、対応措置は軍事的なものではなく、経済制裁を
念頭に置いているものと見られます。
具体的にはドイツの新政権に対して、ロシアがウクライナに侵攻した場合、海底ガ
スパイプライン(ノルドストリーム2)の停止に合意するよう求めるようです。
またロシアの大手銀行とロシアルーブルの外貨交換能力を標的にした制裁も検討し
ているようで、この場合ロシアの一部大手銀行や政府系ファンドのロシア債購入も
制限される可能性があると伝えられています。

オーストラリア準備銀行(RBA)は昨日の午後の政策決定会合で、政策金利の据
え置きを決めました。また債券購入プログラムは、週40億豪ドル(約3200億
円)のペースで少なくとも来年2月まで継続し、政策委員会が2月の会合で再検討
することになっています。
この決定は市場予想通りでした。
ロウ総裁は会合後の会見で、「政策委員会は実質インフレが2-3%の目標レンジ
の範囲内で持続的に推移するまでキャッシュレートは引き上げない。これには現時
点よりかなり高い賃金の伸びを十分生むほど労働市場がタイトになる必要がある。
ある程度の時間がかかる可能性が高く、政策委員会としては忍耐強くある用意があ
る」と語っています。
またオミクロン株の発生については、「オミクロン株の発生が新たな不確実性要因
だが、景気回復を妨げるとは予想されていない。景気は2022年上期にはデルタ
株以前の軌道に戻るだろう」との考えを示しています。

オミクロン株への警戒感が和らいだことから、株式市場では一気にリスクオンが強
まり、金利が上昇しています。ただその割には、ドル円の上昇に力強さはありませ
ん。昨日のコメントでも述べましたが、113円60~90銭がやや壁になってお
り、この水準が抜けるかどうかが一つの焦点です。
またウクライナ情勢や中国恒大集団のデフォルト問題も、ドルの上値を抑えている
可能性があります。

112円台半ばから114円前後の動きが、来週のFOMCまで続くことも予想さ
れます。
本日のドル円は113円10銭~114円程度と見ています。

明日(9日)のアナリストレポートは都合によりお休みとさせて頂きます。
読者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3288-afd6cee7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。