fc2ブログ

米国のコロナ感染者5000万人を超える 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はFOMCを前にやや買いが優勢となり113円68銭まで
買われたが、オミクロン株への警戒感が強まり113円37銭まで反落。
◆ユーロドルはドル高の流れの中、1.1274まで下落。
◆株式市場は英国で初のオミクロン株による死者の報告を嫌気し、3指数は
揃って大幅安。ダウは航空株などを中心に320ドルの下落。
◆債券は3日続伸。長期金利は1.41%台へと低下。
◆金は続伸し、原油は小幅に反落。


本日の注目イベント

◆豪   豪11月NAB企業景況感指数
◆日   10月鉱工業生産(確定値)
◆欧   ユーロ圏10月鉱工業生産
◆英   英ILO失業率(8-10月)
◆米   11月生産者物価指数

引き続きオミクロン株を巡る情報に金融市場は動かされている状況です。
昨日のNYでは、イギリスでオミクロン型の感染者が急増したことや、同
変異種による初の死亡が確認されたことなどから株価が大きく下げ、安全
資産の債券が買われ金利が低下しています。
この状況では通常ドルが売られるパターンですが、本日から始まるFOM
Cでテーパリングの加速について議論され、FRBは利上げの時期を早め
るとの観測が支えとなりドル円は比較的堅調に推移しています。

オミクロン株を巡っては、ワクチンブースター(追加接種)が高い防御効
果を発揮する可能性があるとイスラエルの研究チームが発表しています。
一方、英オックスフォード大学の研究者が13日に発表した論文によると
、ワクチンを2回接種した人の血液サンプルでオミクロン株を検査した調
査では、中和抗体が大幅に低下していたことが判明しています。
ファイザーのワクチンを2回接種した人の血液中に含まれるオミクロン株
に対する中和抗体が、デルタ株に比べて約30分の1に低下した結果が得
られたようです。

このようにオミクロン株を巡っては、初期段階のデータが徐々に報告され
てきましたが、まだその感染力や既存のワクチンの有効性などについては
共有できる結論が出ていない状況です。
そのような中、イギリスではオミクロン株による感染者数が急増しており
、米国では新型コロナウイルス感染者が累計で5000万人を超え、死者
も80万人に達しています。
また、南アフリカでは新型コロナウイルス感染による入院者数が6198
人で、そのうち6.8%が集中治療室(ICU)入りしています。デンマ
ークでは今週、オミクロン株がデルタ株に代わって感染の主流となること
や、1日の感染者数が1万人に達することが見込まれています。さらに中
国本土でも初のオミクロン株感染が確認されています。(ブルームバーグ)

OPECは13日公表した月報で、1-3月期の石油消費予想を大幅に引
き上げ、日量110万バレルとしました。
月報では、「新型コロナウイルス感染症とそれに関連した困難に対し、世
界の備えは向上しており、新たに出現したオミクロン変異株による影響は
軽度かつ短期的なものになると見込まれている」としています。
この月報によるNY原油先物市場への影響はなかったものの、オミクロン
株への警戒感から原油価格は小幅に下げています。

本日からFOMCが開催され、日本時間16日の早朝にはその結果と、パ
ウエル議長の会見が予定されています。
今回のFOMCでは、テーパリングの加速について議論がなされることは
必至で、焦点はその加速スピードと、テーパリング終了後の利上げのタイ
ミングに集中しています。
オミクロン株への懸念が徐々に広がるものの、インフレがFRBの目標値
を大きく超えている状況が続いている以上、利上げの前倒しは避けられな
いと見られます。
最もタカ派的な見通しでは、2022年3月にも第一回目の利上げが開始
されるという予想がありますが、筆者はテーパリング終了後株式市場の動
向や物価状況を見た上で、6月会合から利上げが開始されるのではないか
と予想しています。

本日のドル円は113円20銭~113円90銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3291-04a88ad4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。