fc2ブログ

ハイテク株が買われ、ナスダックは大幅続伸 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は115円台半ばから反落。主要通貨に対してドルが
売られたこともあり、ドル円は一時115円台を割りこむ。
◆ユーロドルは反発。1.11台半ばから1.1248まで
買い戻しが入る。ドイツのCPIが予想を上回ったことも
材料となった。
◆株式市場はハイテク株を中心に大幅に続伸し、ナスダックは
400ポイントを超える上昇。他の2指数も揃って大きく買われる。
◆債券は小幅に下落。長期金利は1.78%近辺で推移。
◆金は4日ぶりに反発。原油は続伸し88ドル台に。

◆1月シカゴ製造業指数    →  65.2

本日の注目イベント

◆豪   豪12月小売売上高
◆豪   RBA、キャッシュターゲット
◆日   12月失業率 
◆独   独1月雇用統計
◆独   独1月製造業PMI(改定値)
◆欧   ユーロ圏12月失業率
◆欧   ユーロ圏1月製造業PMI(改定値)
◆英   英12月消費者信用残高
◆英   英1月製造業PMI(改定値)
◆米   1月ISM製造業景況指数
◆米   1月マークイット製造業PMI(改定値)
◆米   1月自動車販売台数

日米で株価が揃って大幅に反発し、先週後半まで続いていたリスク回避の流れも
「やや一服」といったところです。日経平均株価は週明け月曜日も朝方はマイナ
スで始まりましたが、その後プラスに転じ、結局284円高で取引を終えました
。ドル円も株価の上昇に呼応するかのように115円60銭辺りまで買われまし
たが、その後はもみ合いの中、NYでは115円を割り込む場面もありました。
ユーロドルが1.11台前半で下げ止まり反発したことも、ドル売り円買いを促
したものと推察できます。
NY株式市場では好決算を発表したアップルなどが大きく上昇してナスダック指
数をけん引し、先週末比3.4%の上昇を見せました。
1月半ばから大きく売られたことから、「自立反発」との声もありますが、3月
のFOMCでは利上げが開始されることがほぼ確定的なこともあり、まだまだ乱
高下がありそうです。

ブルームバーグが集計した大手金融機関の2022年度の米利上げ回数を見ると
、かなりばらつきがあります。これは、それほど不確実性が高いということと、
状況次第では回数が大きく変わる可能性があるということかと思います。
最小で3回、最多で7回という結果になっていますが、最もタカ派的な見通しは
バンク・オブ・アメリカが予想する7回です。
0.25%で7回の利上げということは、3月に利上げを開始して全ての会合で
利上げが実施されるというものです。
仏BNPパリバは11月以外の会合で6回の利上げを見込んでいます。上げ幅も
0.25%と変わりません。ゴールドマンとシティーグループは0.25%で5
回の利上げ。モルガンスタンレーが4回で、最も少ないのが英バークレーズで3
回の予想です。
共通するのが、現時点では3月に利上げが開始され、上げ幅は「0.25%」だ
ということです。少なくとも上記大手金融機関では「0.5%」の利上げは予想
していないということになります。アトランタ連銀のポスティック総裁は先週、
英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)とのインタビューで、「インフレ抑制で
より積極的なアプローチが必要な場合、政策金利の0.5%引き上げを選択する
こともあり得る」との見解を示しましたが、その可能性は極めて低いということ
だろうと思います。

本日はオーストラリア準備銀行(RBA)の政策金利発表が午後12時半にあり
ます。オフィシャル・キャッシュレートの誘導目標は現行の「0.1%」に据え
置くと見られますが、週に40億豪ドル(約3240億円)ペースで行ってきた
債券購入プログラムを終了すると見られています。また利上げも今年7-9月の
間に決定されると予想されています。
足元では資源価格の上昇に伴い輸出が好調で、コロナ禍にもかかわらず雇用も拡
大しています。昨年11月の失業率も予想を大きく下回ったことからRBAのロ
ウ総裁は、債券購入終了を含む3つの選択肢を中銀が検討していることを先月述
べていました。
これは、再三繰り返してきた2024年初めの利上げといったRBAのガイダン
スよりかなり早いタイミングになります。本日の会合では利上げの準備を行い、
インフレ見通しを上方修正すると見られており、豪ドル・米ドルはこの動きを織
り込む形ですでに昨日から上昇しています。

またBOEも今週3日の政策会合で0.5%の利上げを実施すると見られていま
す。仮に予想通りであれば2会合連続の利上げということになり、これは200
4年以降で初めてのこととなります。ポンド・ドルも乱高下しながらも上昇して
います。今週は本日のRBAを皮切りに中銀の政策会合があるため、クロス円も
大きく動く可能性があり、やや注意が必要です。

本日のドル円は114円80銭~115円60銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3320-9127e4f7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。