fc2ブログ

WTI原油価格95ドル台に 


ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は115円近辺から上昇。米長期金利の上昇に
115円75銭まで買われた。
◆ユーロドルではドル高が進み、1.1280近辺まで
ユーロ安に振れる。
◆株式市場は続落。依然としてウクライナ情勢が重石となり
ダウは171ドル下落。プラス圏で推移していたナスダック指数は
ほぼ横ばいで取引を終える。
◆債券は下落。長期金利は1.95%台まで上昇。
◆金は7日続伸し1869ドルに。原油も大幅に買われ95ドル台に。


ドル/円  115.37 ~ 115.75

ユーロ/ドル 1.1280 ~ 1.1331

ユーロ/円  130.21 ~ 130.92

NYダウ  -171.89 → 34,566.17

GOLD  +27.30 →  1,869.40ドル

WTI  +2.36 →  95.46ドル
 
米10年国債 +0.050 → 1.987%


本日の注目イベント

◆日   10-12月GDP(速報値)
◆日   12月鉱工業生産(確定値)
◆独   独2月ZEW景気期待指数
◆欧   ユーロ圏12月貿易収支
◆欧   ユーロ圏10-12月期GDP(改定値)
◆英   英1月失業率
◆米   1月生産者物価指数
◆米   2月NY連銀製造景況業指数
◆加   カナダ1月住宅着工件数

ウクライナ情勢を巡りやや明るい兆しは見せたものの、依然として緊張は高まった
ままのようです。今週中にもロシアはウクライナへの侵攻を開始するとの報道もあ
りますが、ロシアではラブロフ外相が、欧州での安全保障を巡る自国の要求につい
て米国および米同盟国との協議を続けるべきだと、プーチン大統領に述べたと伝え
られています。プーチン氏はその直後ショイグ国防相とも会談し、ショイグ氏は、
現在実施中の大規模軍事演習の一部は既に終了し、その他の演習も追って終了予定
だと報告したとしています。
また、部隊を基地に戻す計画については明言しなかったものの、他の複数の当局者
は、演習が終了すれば部隊は帰還するだろうと述べています。(ブルームバーグ)

一方でサリバン大統領補佐官は13日CNNとのインタビューで、「ごく間近に大
規模な軍事行動が起きる確かな可能性がある」と発言していました。
G7財務相は、緊迫するウクライナ情勢を受け、ロシアがウクライナに侵攻した場
合、「迅速かつ協調された強力な対応を取る」との声明文を発表しました。
ロシアに対して大規模な金融制裁を行うと同時に、ウクライナに対して経済支援を
行うことも発表しています。
昨日の夜のNHKテレビ「NW9」では、NHKのキャスタ―が在日ロシア大使の
ガルージン氏に直接、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性を問う番組がありまし
た。
大使は流暢な日本語で「ロシアは戦争をする意図も計画もない」と明言していまし
たが、
それでも最後に、ロシアは「軍事技術的な措置を取る可能性はある」と微妙な言い
方をしていました。
「軍事技術的な措置」が何を意味するのかについては触れていませんでしたが、結
局はプーチン氏の判断が全てなのでしょう。

商品市場ではロシアのウクライナ侵攻に備える動きが活発化しています。
WTI原油価格は昨日も大きく上昇し、95ドル台後半まで買われています。
軍事侵攻が開始されると原油供給が逼迫するといった読みのようですが、さらに世
界を襲っている「寒波」の影響から、原油需要も高水準のようです。
また金価格も上昇し、昨日は7日続伸し、一時は1876ドル台まで買われる場面
もありました。世界的な金利上昇が見られるなか、金利のつかない金には不利な状
況かとは思いますが、「有事の金」といったところでしょうか。
また、本来なら安全資産の「債券」が買われ、金利が低下するところですが、今回
はFRBによる利上げが見込まれることから債券は売られ、金利上昇につながって
います。

FOMCメンバーによる発言も相次いでいます。
タカ派の代表格であるセントルイス連銀のブラード総裁は14日、高インフレに対
応するため7月1日までに政策金利を合計で100ベーシスポイント引き上げ、F
RBのバランスシート縮小を4-6月に開始することが望ましいとの見解をあらた
めて示しました。
ブラード氏は、「計画されている緩和解除をより従来よりも前倒しする必要がある
」と指摘し、「(元FRB議長の)アラン・グリーンスパン氏が一度も目にしこと
がなかった数字が出ている」とし、「問われているのはわれわれの信頼性であり、
われわれはデータに応じて行動しなくてはならない」と語っています。
リッチモンド連銀のバーキン総裁は、「パンデミック前の水準に向けて踏み出し、
着実に戻っていくのは時宜にかなっている」と述べ、正常化への着手を支持する意
向を示しました。
また、カンザスシティー連銀のジョージ総裁も、緩和解除を始めることが肝要との
見方を示し、「7.5%のインフレ率とタイトな労働市場のなかで、ゼロ金利が正
しい調整だとは思わない。一方で行き過ぎた誘導を避けるべきだとも考えている。
従ってこの先重要になるのは、体系的であることであり、何に向っているのかを意
思伝達することだと考えている」と述べています。(ブルームバーグ)
ブラード総裁の超タカ派の意見に従えば、政策金利を3月に0.5%、5月、6月
に0.25%引き上げることになるのでしょうか?

昨日のドル円は朝方には115円台半ばを超えていましたが、日経平均株価が70
0円を超える下げになったことで115円30銭台まで売られ、欧州市場では11
5円前後まで下げた後、NYでは115円75銭まで反発するなど、引き続き荒っ
ぽい動きです。

本日のドル円は115円10銭~116円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3329-34be83c2

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。