fc2ブログ

ウクライナ情勢の緊張やや緩和 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

◆ドル円は欧州時間朝方から上昇に転じ、NYでは115円88銭
までドル高に。ウクライナ情勢の緊張がやや後退したことで
円売りが進む。
◆ユーロドルは買い戻しが入り、1.1368まで反発。
◆株式市場では3指数が揃って大幅に反発。ウクライナ情勢の
緊張がやや緩和されたことからダウは422ドル上昇。ナスダックも
2.5%買われ、1万4000ポイント台を回復。
◆債券は続落。1月のPPIが予想を上回ったことや、リスクが
やや後退したことが背景。長期金利は一時2.05%台まで上昇。
◆金と原油はリスクオフの流れが後退したことで共に下落。

◆1月生産者物価指数      →  1.0%
◆2月NY連銀製造景況業指数  →  3.1

本日の注目イベント

◆中   中国1月消費者物価指数
◆中   中国1月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏12月鉱工業生産
◆欧   NATO国防相会合(ブリュッセル、17日まで)
◆英   英1月消費者物価指数
◆英   英1月生産者物価指数
◆米   1月小売売上高
◆米   1月輸入物価指数
◆米   1月鉱工業生産
◆米   1月設備稼働率
◆米   2月NAHB住宅市場指数
◆米   FOMC議事録(1月15-16日分)
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

ウクライナ情勢を巡る緊張がやや緩和したことで、金と原油が大きく売られ、
下落基調だったNY株が大幅に反発しました。債券市場では1月の米PPI
が市場予想を超えたことや、リスクオフがやや後退したことで債券が売られ
長期金利は2.04%台で取引を終え、これがドル円を押し上げ、NYでは
115円88銭までドルが買い戻されています。

ロシアのプーチン大統領は、米国およびその同盟国との間の緊張状態につい
て、外交による解決を望んでいると述べました。ウクライナ国境付近に集結
させている部隊については、一部撤収を明らかにしています。その上で、ウ
クライナのNATO加盟を認めないようにというロシアの要求を巡る西側の
対応を、ロシアが永遠に待ち続けることはないとも警告しました。
プーチン氏は会見で、「この問題についてわれわれは、交渉と平和的手段を
通じて今すぐ、ないし近い将来の解決を望んでいる」と述べ、「戦争につい
ては、ノーだ」と言明しました。
ただ、「ロシア側は一貫して侵攻の意図を否定しているが、プーチン氏はロ
シアの安全保障に関する要求が対処されない場合に、緊張を一段と高める可
能性も排除していない」(ブルームバーグ)との見方が一般的のようです。
バイデン大統領もホワイトハウスで演説し、「われわれは外交努力による解
決の可能性を最後まで追求すべきであり、それぞれの安全保障上の懸念に対
処する現実的な方法が存在すると私は考える」と語り、さらに「ロシアの市
民に呼び掛けたい。あなた方は米国の敵ではない。そしてあなた方はウクラ
イナを破壊する残酷な戦争を望んでいないと私は信じる」と語りかけていま
す。
同時に、一部部隊をウクライナ国境付近から撤収させたとするロシアの主張
については、米国はまだ確認していないとして、ウクライナ侵攻はなお起こ
り得るとする考えを見せています。

1月の米生産者物価指数(PPI)は市場予想を上回る「1.0%」でした。
前年同月比でも「9.7%」の上昇で、生産過程でのインフレ圧力がなお強
いことが示され、これは、消費者物価の最終コストに引き続き波及する可能
性が高いことになります。
NYのエコノミストは、「根強い供給混乱にエネルギー価格の高騰が重なっ
ているため、生産者物価が正常なパターンに戻るのは年内のもっと先になる
だろう」と話しています。
PPIの上振れを受け、米債券市場では債券が一段と売られ、長期金利は2
019年7月以来となる2.04%台で引けています。
一方日本の長期金利も徐々に上昇傾向を見せていますが、14日には日銀が
「0.25%」で無制限に債券を買いとる「指し値オペ」を通知しましたが
、結局応札はなかったようです。現行の金融政策における長期金利の上限に
あたるため、市場に介入したことになります。
日米中銀の金融政策の差から今後も金利差が拡大すると見られますが、金利
面だけに限って言えば、円はさらに売られ易い状況にあります。


本日は1月のFOMC議事録(1月15-16日分)が公開されます。
会合では「3月会合での利上げが適切だ」との意見が多くあったかと思われ
、1月のCPIとPPIの上振れもあり、「0.5%利上げ」への圧力がさ
らに高まってきそうです。ドル円は引き続き「深押ししたところを拾う」ス
タンスが有効かと思いますが、上述のように、ウクライナ問題はまだ終わっ
たわけではありません。引き続き、「米金利高による円売りと、リスク回避
の円買い」に振られる展開です。

本日のドル円は115円20銭~116円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3330-6e54fcd2

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。