fc2ブログ

NY金価格8カ月ぶりに1900ドル台に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ウクライナを巡る緊張がさらに高まったことから、リスク回避の
円買いが強まり、ドル円は115円を割り込む。
米長期金利が大きく低下したこともあり、114円85銭まで
ドル安に。
◆ユーロドルではドル安は進まず、ほぼ前日と同水準で推移。
◆NY株は3指数が揃って大幅安。ウクライナ情勢の混迷と
フィラデルフィア連銀景況指数が予想を下回ったことで
ダウは622ドル安。ナスダックも3%近い下げに。
◆債券は反発。長期金利は3日ぶりに2%を下回り、
1.96%台まで低下。
◆金は大きく買われ、昨年6月以来となる1900ドル台乗せ。
原油は反落。

◆新規失業保険申請件数         →  24.8万件
◆1月住宅着工件数           →  163.8万件
◆1月建設許可件数           →  189.9万件
◆2月フィラデルフィア連銀景況指数   →  16.0

本日の注目イベント

◆欧   ユーロ圏12月経常収支
◆欧   ユーロ圏2月消費者信頼感指数(速報値)
◆英   英1月小売売上高
◆米   1月中古住宅販売件数
◆米   1月景気先行指標総合指数
◆米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演、ウォーラーFRB理事、フォーラムに参加
◆米   ブレイナード・FRB理事講演
◆米   ウィリアムズ・NY連銀総裁、パネル討論に参加
◆加   カナダ12月小売売上高

ウクライナを巡る緊張は、ロシア軍の一部が撤収したとの発表がありましたが、
むしろその真偽を巡り混迷を深める結果になっています。
米国は、ロシアが軍事演習を終えた戦車などがクリミア半島を離れる映像を公開
しましたが、それは確認されていないとして「偽装工作」との見方を強めていま
す。
バイデン大統領はホワイトハウスの庭で記者から、ロシアのウクライナへの侵攻
の可能性を問われると、「近いうちにある」と述べ、「ロシアは7000人の兵
士を増強している」と警戒感を強めています。
グリンフィールド米国連大使は、「ロシアの侵攻が目前に迫っているという証左
を得ている」と語っています。
これに対してロシア側は引き続き、米国からはNATOの拡大停止を求めるロシ
アの要求に対して誠意ある回答を得ていないと、両国の主張は平行線をたどって
います。今朝の報道では、ロシアは米国の駐ロシア大使館ナンバー2である、ゴ
ーマン次席大使を国外追放したことを発表しました。

一旦鎮静化したかに見えたロシアによるウクライナ侵攻リスクが再び高まったこ
とで、昨日のNY市場ではリスク回避の円買いが活発となり、ドル円は114円
85銭まで売られています。
FRBによる利上げが連続すると見られていることから軟調だった米債券も昨日
は買われ、長期金利は2%を割り込んでいます。
株式市場は戻り基調を維持できず、ダウは622ドル安と大幅下落となり、ナス
ダックも2.9%安と、ほぼ全面安の展開でした。また金も大きく買われ、19
00ドルの大台を約8カ月ぶりに回復するなど、「Flight toQuality」(質への
逃避)が大きく進んだことが分かります。
ウクライナへの侵攻はないと主張するロシアと、侵攻は目前に迫っているとする
米国の主張が真っ向から対立していますが、今週末から来週にかけて、どちらが
「嘘」を言っているのか判明するかもしれません。

もう一つの焦点であるFRBの利上げ観測を巡り、JPモルガン・アセット・マ
ネジメントのマイケル最高投資責任者(CIO)はブルームバーグとのインタビ
ューで、「FRBが50ベーシスポイントの利上げに踏み切ることを望んでいる
」と、資産運用担当者としてはやや異質な発言を行っています。マイケル氏はそ
の理由について、「消費者物価の急激な上昇は債券投資家にとって悪いニュース
だ。資産価格上昇が見込めない上に、クーポン支払の価格が目減りするからだ」
とし、「50bp利上げをしなければ、市場は金融当局への信頼を失い、クレジッ
トや株式などリスク資産への投資は考えられなくなる」と述べています。

1月のFOMC議事録が公開され、多くのメンバーが早期の利上げを支持し、市
場は3月会合ではウクライナ情勢など不確実性はあるものの、0.5%の利上げ
の可能性を一段と強めている印象です。
どうやら、超タカ派のブラード・セントルイス連銀総裁の見方が[正鵠を射てい
る]といった状況になってきました。
そのブラード総裁は昨日も講演で、インフレがこの先長引く可能性があると指摘
していました。
ブラード氏は、「一部ではインフレが落ち着くと期待する向きもあるが、われわ
れが落ち着かなくなるリスクに対処する必要がある」と述べ、「市場は、ある程
度妥当な期間でインフレが落ち着くということに対して、やや信頼感を失いつつ
ある」と語っています。

FRBによる利上げを根拠とした「円売り」と、ウクライナ情勢や株価の下落に
伴う「円買い」に大きく振らされる状況は、足元では再び後者にシフトしつつあ
るようです。
本日の日経平均株価も再び2万7000円の大台を割り込むと見られ、最悪の場
合には前日比500円程の下げがあるかもしれません。ドル円では円買いが優勢
な展開が予想され、114円台半ばを割り込む可能性もあるかもしれません。

予想レンジは114円30銭~115円20銭程度と見ます。ウクライナ情勢が
最大の注目材料です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3332-7445a854

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。