fc2ブログ

ウクライナ情勢はさらに悪化へ 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は115円前後で小動き。ウクライナ情勢の緊迫で
円が買われる場面もあったが、114円93銭止まり。
◆ユーロドルも1.13台で方向感が見られない展開。
今週はほぼ1.13台での推移。
◆株式市場は前日に続き大幅続落。ダウは464ドル下げ、
S&P500は1.8%下落。引き続きウクライナ情勢の悪化と
金利上昇が重石に。
◆債券も売られ、長期金利は1.99%台まで上昇。
◆金は反落し、原油は続伸。

本日の注目イベント

◆欧   G7首脳会談(議長国ドイツ、オンライン)
◆英   ベイリー・BOE総裁、会議で開会の挨拶
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   10-12月GDP(改定値)
◆米   1月新築住宅販売件数
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総、オンライン討論会に参加
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演
◆米   2月リッチモンド連銀製造業景況指数
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演、オンライン討論会に参加
◆米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁、パネル討論会に参加
◆米   ウォーラーFRB理事講演


24日に予定されており、外交的解決への最後の機会であったかもしれない「米ロ外
相会談」が中止され、さらに実現の可能性があった「米ロ首脳会談」についても、ロ
シア大統領府のペスコフ報道官は「具体的な計画はない」と述べ、緊迫度はさらに増
し、ウクライナへの侵攻は秒読み段階に入ったとの見方もあります。

バイデン大統領はホワイトハウスで演説を行い、「ロシアのプーチン大統領が取った
行動はウクライナへの侵攻の始まりだ」と非難しました。
その上でバイデン氏は対ロシア制裁を発表し、「第一弾」として、インフラ整備と軍
需産業の資金調達を担うロシア国営の大手2行が米国内で取引ができないようにする
ことを発表しています。またロシアが新規に発行する国債の取引を欧米の市場で取引
できなくなることも含まれ、ロシアの今後の資金調達が困難になると見られます。
またバイデン氏はロシアへの制裁措置をさらに拡大する意向も示し、プーチン大統領
に近い層に対する制裁で対象者を増やす他、ロシアとドイツを結ぶ天然ガス海底パイ
プライン「ノルドストリーム2」の建設業社も対象に含める意向です。
ただ、バイデン氏はホワイトハウスの演説で、何百万人もの人々に計り知れない苦し
みをもたらす最悪のシナリオを回避するための時間はまだある。われわれはロシアの
言葉ではなく、行動で判断する。外交手段がまだあると期待している」と述べていま
す。

バイデン氏は演説で外交手段はまだ残っていると述べていましたが、プーチン氏は報
道される映像を見る限り、形相がさらに険悪になり、聞く耳を持たないように見受け
られます。
リスク資産である米国株は下げ止まらず、ダウは約半年ぶりの安値を記録し、恐怖指
数の「VIX指数」も再び大きく上昇し、昨日は「31.02」で引けており、市場
全体がリスク回避の動きを強めています。一方でドル円では、リスク回避の流れが高
まっている割には、「リスク回避の円買い」が起きていません。
それどころかドル円は、株式市場の大幅な値動きにもかかわらず、今週に入っての値
幅がわずか75銭程度と、1円にも満たない状況です。
やや異例な動きと言えますが、これはリスク回避の円買いと米金利の上昇に伴う円売
りが「拮抗している」ことが要因かと思います。実際に侵攻が開始され、武力行使が
行われたら円が買われる可能性は残っていると見ていますが、金利差による円売りの
圧力も相当なもののようです。

ウクライナ情勢がさらに激化し、最悪の事態になるようなら、FRBの利上げペース
にも影響が出て来るのではないかといった見方もできなくはありませんが、現時点で
はその可能性は低いようです。
侵攻がさらに激化すれば、原油を含む資源価格が一段と上昇し、インフレ加速につな
がる可能性もあります。FRBとしても遅すぎる対応は、その後大きな代償を払わさ
れることになりかねないと考えている部分もあろうかと思います。
サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は23日、「インフレ率は高すぎる。インフレ
圧力はパンデミック関連の混乱から直接影響を受けたセクター以外にも拡大し始めて
いる」とし、「予想外の重大な悪材料がない限り、3月は金融政策を調整し始める適
切な時期である」との認識を示しています。

ウクライナ情勢はいよいよ秒読み段階に入ったかもしれません。今週末にかけて警戒
が必要かもしれませんが、下落を続けている株式市場はひょっとしたら、侵攻が開始
されたら反発するのかもしれません。もっとも、その先には利上げも控えており、簡
単ではなさそうですが。「前門の虎、後門の狼」といった状況です。

本日のドル円は114円60銭~115円30銭程度といったところでしょうか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3335-c309a35e

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。