fc2ブログ

市場は米CPIの発表待ち 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円はCPI発表を控え小動き。135円を挟む展開から
米長期金利の上昇を手掛かりに135円20銭まで買われた。
◆ユーロドルは反発し、NYでは終始1.02台で推移。
◆株式市場は3指数が揃って下落。マイクロンのネガティブな業績
見通しが波及しハイテク株を中心に下げる。
◆債券は反落。長期金利は2.77%台へと上昇。
◆金は続伸し、原油は小幅に反落。

本日の注目イベント

◆豪   豪8月ウエストパック消費者信頼感指数
◆中   中国7月消費者物価指数
◆中   中国7月生産者物価指数
◆トルコ トルコ7月消費者物価指数
◆独   独7月消費者物価指数(改定値)
◆米   7月消費者物価指数
◆米 7月財政収支
◆米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

ドナルド・トランプ氏が再びマスコミの注目を集めています。
今回は、2024年の大統領選挙に関わる話題ではなく、FRB当局の捜査を
受けたというものです。トランプ氏が大統領在任中に接した機密文書をホワイ
トハウスから持ち出した疑いがあるということで、同氏が保有するフロリダ州
にある豪邸「マール・ア・ラーゴ」に家宅捜査が入りました。
さらにトランプ氏には2021年1月6日の議会占拠事件にかかわる疑いや、
脱税の疑惑もあるようで、今後はトランプ氏自身へ捜査の手が及ぶのかどうか
が注目されています。
トランプ氏は声明で、「フロリダ州パームビーチにあるマール・ア・ラーゴの
私の素晴らしい自宅が現在、大人数のFBI捜査官に包囲されて捜索を受けて
おり、占拠されている」と説明し、「24年の大統領選に私が出馬することを
望まず、必死になっている民主党からの不当な扱いを受けている」と主張して
います。(ブルームバーグ)

中国からの執拗な警告にもかかわらず台湾訪問を終えたペロシ下院議長も舌を
滑らかにしています。
ペロシ氏は、NBCの番組で自身の台湾訪問に対する中国の反応に米議会メン
バーがひるむことはないとし、中国の習近平国家主席について、「おびえたい
じめっ子のように振る舞っている」と述べています。
また同氏は他の番組でも、「中国が議会のメンバーのスケジュールを管理する
ことはできない」とし、「われわれは習氏による台湾の孤立化に加担するつも
りはない」と言明しています。
ただ今回のペロシ氏の訪台は中国にとっても「好機」で、「中国は、ペロシ氏
の台湾訪問に反発して実施した一連の軍事演習を通じて、台湾の『新たな現状
』を定着させることを目指した」と指摘する専門家の意見もあり、これを契機
に「一つの中国」を一気に加速させる可能性もあるかもしれません。

今夜9時半には7月の米消費者物価指数(CPI)が発表されます。今回も前
回と同様に非常に注目されています。
FOMCで投票権を持つタカ派の代表格的存在であるセントルイス連銀のブラ
ード総裁は9日、「インフレ上振れのサプライズが続くのであれば、米金融当
局として高めの金利を長期にわたり維持する用意がある」と述べました。
一方「インフレ率が鈍化しつつあるのなら、その間に金利を高めに維持するこ
とができると考えられる」と指摘しながらも、それをもって、「インフレ率が
ピークに達したと主張するには時期尚早だ」とコメントしています。
7月のCPIは6月の「9.1%」からやや鈍化し、「8.7%」と予想され
ていますが、
ブルームバーグは「クリーブランド連銀のインフレ指標は10日発表の7月の
CPIが予想中央値の8.7%を上回り9%に近いことを示唆している」と伝
えています。
もしこのような結果が出たら、債券が売られ長期金利は急騰。先週末に発表さ
れた「完璧な雇用統計」の影響も残っており、ドル円は再び136円~138
円をテストする可能性があると予想しますが、一方でNY連銀は前日、インフ
レ期待が急低下している点に触れ、消費者の期待インフレ率が低下しているこ
とで、金融当局の懸念を和らげる可能性があるとも指摘しています。(参照:
8月9日付け今日のアナリストレポート)

もっとも、結果は開けてみなければわかりません。
わかっていることは、FRBがインフレ制御にやっきになっており、結果が予
想通りだったとしても、それで直ぐに金融引き締めの手綱を緩めることはない
ということです。
何度も述べているように、先ずはインフレがピークを打ったという「エビデン
ス」を手に入れることであって、少なくともそれまでは慎重姿勢を崩すことは
ないとみています。
その意味では上記ブラード総裁の言葉がFRBの姿勢を象徴していると考えら
れます。

本日のドル円は134円~137円とワイドなレンジ予想となりますが、若干
上値へのリスクの方が高いように思えますがどうでしょう。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3445-1ec79c55

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。