fc2ブログ

WTI原油価格約6カ月ぶりの安値に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は欧州市場で134円台を回復、NYでは
長期金利の上昇もあり134円68銭まで買われる。
◆ユーロドルは続落。ドイツZEW期待指数が悪化しており、
ユーロ売りが優勢に。およそ3週間ぶりに1.0125まで下落。
◆株式市場はまちまちながらダウは5日続伸。ウォルマートなど小売り
企業の良好な決算が支えとなり239ドル高。約3カ月半ぶりに
3万4千ドルの大台に乗せる。
◆債券は売られ、長期金利は2.80%台に上昇。
◆金は続落。原油はイラン産原油の市場復帰が近いとの見方から
大幅に下落。一時は85ドル台まで売られ約6カ月ぶりの安値を
付ける。

◆7月住宅着工件数     →  144.6万件
◆7月建設許可件数     →  167.4万件
◆7月鉱工業生産      →  0.6%
◆7月設備稼働率      →  80.3%

本日の注目イベント

◆日   7月貿易統計
◆欧   ユーロ圏4-6月期GDP(改定値)
◆英   英7月生産者物価指数
◆英   英7月消費者物価指数
◆米   7月小売売上高
◆米   FOMC議事録(7月26.27日開催分)
◆米   ボウマン・FRB理事講演

131円台半ばから135円台半ばのレンジ内での動きが続くドル円は、昨日の
欧州市場から134円台に乗せ、NY市場では134円68銭までドルが買われ
ています。ドルの底堅い動きとみるのか、あるいは依然としてドルの上値が重い
とみるのか、見方が分かれるところです。
株価が上昇しリスクオンの流れがあることに加え、本日公表される7月のFOM
C議事録では、タカ派の内容が出るのではないかとの見方が広がり、米長期金利
が上昇したことがドル円を押し上げました。
7月会合では2カ月連続で0.75ポイントの追加利上げを決め、会合後の会見
でパウエル議長は「次回の会合で異例に大幅な利上げをもう一度行うことも適切
となり得るが、判断は今から次回会合までのデータ次第だ」と述べたこともあり
、データ次第では大幅な追加利上げの可能性にも言及していた会合でした。
もっとも、パウエル議長は「いずれ利上げペースを落とすことになる」とも述べ
ており、この発言を契機にドル安・株高が急速に進んだ経緯もあります。
結局は、大幅利上げを行うかどうかは「白紙」状態で、まさにデータ次第という
意味合いかと思います。
ただその割には、その後講演を行った複数のFOMCメンバーの発言は概して「
タカ派的」でした。これは、当局としては「持続的かつ説得力のあるエビデンス
」を入手するまでは、慎重な姿勢を崩すことはできないということかと理解して
います。

米国では16日、税制改正や気候変動対策、ヘルスケア措置などを盛り込んだ「
インフレ抑制法」がバイデン大統領の署名で成立しています。
バイデン大統領は、「この法で米国民が勝利し、特別利益団体は敗北した。進歩
と繁栄を米国の家庭にもたらすものだ」と発言しています。
11月の議会中間選挙を控え、「この法案成立は、バイデン氏にとっては大きな
勝利を手にしたもの」とブルームバーグは論じています。

NYの株価が大きく出直ってきました。
NYダウは5日続伸し、この間の上げ幅は1380ドルに迫り、5月4日以来と
なる3万4000ドルの大台を回復してきました。
またS&P500も大幅に下げた下落幅の「半値戻し」を達成しており、これら
は米国のインフレがピークを過ぎたという見方が定着しつつある証左かと思われ
ます。
バンク・オブ・アメリカのストラテジストは「センチメントは依然弱いが、イン
フレを金利の衝撃が今後数四半期で終わるとの期待が高まる中で、もはや終末論
的な弱気ではない」と述べています。
ロシアとウクライの闘いはさらに激しさを増し、台湾海域での緊張は高まり、さ
らにはコロナ感染の日常化など、周りを見れば多くのリスクが混在する中、果た
してインフレの鎮静化という材料だけで楽観論を支持していいのか、個人的には
迷うところです。
実際、台湾を巡る問題について中国の泰剛駐米大使は、米議員団の台湾訪問につ
いて、地域の緊張をエスカレートさせているとした上で、「この問題に関する中
国の決意をバイデン政権は軽視するべきではない」と警告しています。
中国側の報復はまだ終わっていないのかもしれません。

1.02台の半ばから上がキャップされていたユーロドルは、ドル安の流を受け
1.0368近辺まで上昇しましたが、再び下落に転じてきました。これから冬
を迎え、エネルギー問題が景気に及ぼす影響が意識されユーロの上昇は限定的と
なっています。
再び1.01割れを試すようならドル円にも上昇余地がありそうですが、ドル円
の上値の重さもまだ払拭されてはいません。
来週のPECデータや、その先のジャクソンホール会議でのパウエル議長の発
言を待つしかありません。

本日のドル円は133円50銭~135円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3448-842e65d4

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。