fc2ブログ

ユーロドルおよそ1カ月ぶりに1.00台後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は東京時間は上値が重い展開だったが、NYでは
135円台半ばを超え135円90銭まで上昇。7月28日以来
となるドル高水準を付け、高値圏で取引を終える。
◆ユーロドルも下げが加速し、約1カ月ぶりに1.0080まで
下落。
◆株式市場は小幅ながら3指数が上昇。経済指標の後押しもあり、
ややリスク選好の流れから株式が買われた。
◆債券は反発。長期金利は2.88%台とやや低下。
◆金は4日続落。原油は続伸し90ドル台を回復。

◆新規失業保険申請件数           →  25.0万件
◆8月フィラデルフィア連銀景況指数     →  6.2
◆7月中古住宅販売件数           →  481万戸
◆7月景気先行指標総合指数         →  -0.4

本日の注目イベント

◆日  7月消費者物価指数
◆独   独7月生産者物価指数
◆欧   ユーロ圏6月経常収支
◆英   英7月小売売上高
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆加   カナダ6月小売売上高

ドル円は昨日の東京時間ではいつものように上値が重い展開が続いて
いましたが、NYでは一転して上昇。135円台半ばを超え、135
円90銭まで買われ、ほぼこの日の高値圏で取引を終えています。
フィラデルフィア連銀製造業景況指数が良かったことや、失業保険申
請件数も3週間ぶりに減少するなど、経済指標の好転という材料があ
りましたが、ドル円を押し上げるにはそれほど強い材料ではありませ
ん。ドル円と相関関係が高い米長期金利は小幅ですが低下しており、
やや説明がつきにくい状況です。
ここはやはりユーロドルに引っ張られた側面が強いと思われます。
ユーロドルは1.01を割り込み、1.0080辺りまで「ドル高・
ユーロ安」が進み、約1カ月ぶりの安値まで沈んでいます。このドル
高の影響がドル円にも波及したと思われます。

8月も後半に入り、9月のFOMCでの利上げ幅に焦点が移ってきま
した。
昨日も複数のFOMCメンバーによる発言がありましたが、金融当局
者の彼らの中でも意見が分かれていました。
SFシスコ連銀のデーリー総裁はCNNとのインタビューで、「われ
わらは政策金利を少なくとも中立水準の3%をやや上回る水準に政策
金利を引き上げる必要があるが、恐らく年内に景気抑制的な領域であ
る3%をやや上回る水準に、来年には3%をさらにやや上回る水準と
する必要性がありそうだ」と述べ、「利上げ後は水準を維持するとい
う戦略は、歴史的に見ても奏功してきたと考えている」と説明してい
ます。
また、タカ派のブラード・セントルイス連銀総裁はダウ・ジョーンズ
通信とのインタビューで、9月のFOMC会合で0.75ポイント利
上げすることへの支持を考えているとの報道があります。
一方カンザスシティー連銀のジョージ総裁は大幅な利上げには慎重な
トーンを示しており、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、「リセ
ッションに陥ることなくインフレを抑制できるかどうか確信を持てな
い」と述べています。(ブルームバーグ)
こうなってくると来週のジャクソンホールでのパウエル議長の発言が
ますます重要になってきますが、今月のデータで示されたようにイン
フレのピークアウトが来月も示されるのかどうかが最も重要になって
きます。
パウエル議長がどのような発言を行おうと、結局、利上げ幅はそれま
では「白紙」だということです。

今週はNZ準備銀行が追加の大幅利上げに踏み切るなど、世界的にも
ほぼ全ての中銀がインフレファイターとして政策運営を行っている中
、またあのトルコ中銀が流れに逆行する「利下げ」を断行しました。
トルコ中銀は政策金利である1週間ものレポ金利をこれまでの14%
から13%に引き下げました。トルコでは直近のCPIが年率で「7
9.6%」(7月実績)と記録的なインフレに見舞われている中、7
カ月ぶりの「利下げ」はサプライズです。発表直後リラは急落しまし
たが、その後は水準を戻しています。
トルコ中銀の発表では「政策金利は現在の見通しでは適切な水準だ」
としていますが、エルドアン大統領の意向が強く働いていることは明
らかで、ブルームバーグは記事の中で、「インフレ率が24年ぶりの
高水準となっている同国の利下げは予想外で、市場に衝撃が走った」
と伝えています。

昨日もこの欄で触れた、ワイオミング州の予備選挙で敗北したリズ・
チェイニー氏が共和党の大統領候補に出馬する意向のようです。
チェイニー氏はこれまでにも、2024年の大統領選でトランプ氏が
ホワイトハウスへの復帰を目指すのを阻止するため、「必要なことは
何でもする」と述べていました。
チェイニー氏はCNNの番組で、「トランプ氏は引き続き重大な脅威
を突き付けており、わが国に対するリスクだと私は信じている。彼を
打ち負かすには、共和党員と民主党員、無党派層の幅広い共同戦線が
必要になると思う。私はそれに関与するつもりだ」と述べています。
24年の大統領選で共和党候補になるのは簡単ではありません。
知名度、お金、組織力、パワーなど、どれをとってもトランプ氏有利
は動きませんが、もし実際に出馬するのであれば、個人的にはこの決
断に拍手を送りたいと思います。

ドル円は再び136円手前で推移しています。
ここから136円台に乗せることがきれば、今度はショート筋のスト
ップロスを巻き込む可能性もありそうです。今週に限って言えば、多
くの市場関係はドル下落を見込んでいました。

本日のドル円は135円~136円70銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3450-91bdf199

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。