fc2ブログ

ユーロドル、20年ぶりに0.9928前後まで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続伸し137円65銭まで上昇。東京時間の夕方には
136円70銭まで売られたが、NYでは長期金利の上昇やユーロ売りが
一段と進んだことにも反応し上昇。
◆ユーロドルはパリティを割り込み、0.9928まで売られ、2002年
以来約20年ぶりの安値を記録。ガス価格の上昇を手掛かりにユーロ売りが加速。
◆株式市場は3指数が揃って大幅に続落。26日のパウエル議長の講演で
タカ派色が強まるとの観測が拡大。ダウは600ドルを超える大幅な下げに。
◆債券も続落。長期金利は3%台に乗せる。
◆ドル高、金利高に金は6日続落し、約1カ月ぶりの安値に。原油も
小幅安。

本日の注目イベント

◆トルコ  トルコ8月消費者物価指数
◆独   独8月製造業PMI(速報値)
◆独   独8月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月製造業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月サービス業PMI(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月消費者信頼感指数(速報値)
◆欧   ユーロ圏8月総合PMI(速報値)
◆英   英8月製造業PMI(速報値)
◆英   英8月サービス業PMI(速報値)
◆米   8月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)
◆米   8月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)
◆米   8月S&PグローバルコンポジットPMI(速報値)
◆米   8月リッチモンド連銀製造業景況指数
◆米   7月新築住宅販売件
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、質疑応答で発言
◆米   中間選挙予備選(フロリダ、NY州)

市場は26日のジャクソンホールでのパウエル議長の講演内容を巡り、大きく揺れ動いて
います。昨日も触れたように、パウエル議長が「タカ派的」な発言を行うとの見方が急速
に強まり、為替、債券、株式、あるいはそれらの先物市場も値動きが大きくなっており、
「タカ派発言」に備える構えを見せています。

株式と債券は売られ、金利上昇を背景にドル円は137円65銭まで上昇。
昨日の東京時間ではいつものようにドルの上値が重い展開でしたが、NYでは一変してド
ル買いが強まり、137円50銭を超えています。
もっとも、昨日に限って言えば「主役」はユーロでした。
ユーロドルは「パリティの1.00」を割り込み、一時は2002年以来となる0.99
28まで売られました。パリティ割れは時間の問題と見られておりましたが、ロシアの国
営天然ガス企業ガスプロムが、同国からドイツに至る主要パイプライン「ノルドストリー
ム」を通じた欧州への天然ガス供給を8月31日から9月2日まで3日間停止すると発表
したことで、この冬に向けドイツなど資源エネルギー確保への懸念が広がりました。
複数のストラテジストは、「ユーロ安のほんの始まりだ」とみており、モルガンスタンレ
ーは7-9月期(第3四半期)にユーロドルは2000年代始め以来となる0.97まで
下落すると予想し、ノムラ・インターナショナルも9月末までに0.975が目標としつ
つ、エネルギー供給面の圧力で停電のリスクが強まるなどして期中には0.95、それ以
下が視野に入る場面があるかもしれないと予想しているといった記事を、ブルームバーグ
は配信しています。仮にユーロドルがそこまで売られるようだと、ドル円も140円台乗
せは十分可能で、さらに上昇しているものとみられます。

パウエル議長がタカ派的な発言を行うのではないかとの見方の背景は、やはりインフレが
ピークアウトしたという「エビデンス」が欲しいということに尽きます。
原油価格が下がり、ガソリン価格も低下したものの、いつまた反発するかもしれません。
景気そのものが減速すれば、経済活動が停滞し原油使用量も減少すると予想されることか
ら、原油価格の下押し圧力になります。
そのため、FRBは「景気拡大を封印してもインフレ抑制を優先する政策」を採る必要が
あるといった見立てなのでしょう。
昨日のNY株式市場ではダウが一時700ドルを超える下げを見せ、長期金利は3.04
%近辺まで上昇する場面もありました。
金利上昇とドル高の影響から金も売られ、原油も下げており、まさに「タカ派発言」に備
えた動きだったと言えます。投機筋も先物市場で金利上昇に備えた動きを加速させており、
米商品先物取引委員会(CFTC)の最新データによると、債券のショートポジションは
過去最大の69万5493枚に達しています。債券が売られ、金利が上昇したら利益が出
るポジションです。またユーロドルのネットショートポジションも260万枚を超え、今
年最高水準付近まで積み上がっています。

例年ジャクソンホールでのシンポジウムは注目されていますが、今年は特に米国が40年
ぶりのインフレに見舞われていることで、金融政策のヒントを得たいという意味でさらに
注目度が増しているようです。

市場の関心はドル円からユーロドルに移ってきた印象で、ドル円を手掛けている投資家も
ユーロドルの動きには目が離せません。ドル円は日足の雲の上限を抜けてきました。また
MACDも「プラス圏」に浮上してきており、ここから見る限りドル円は再び上値を試す
動きが強まってきたと見られます。
問題は、ジャクソンホールでパウエル議長が、本当に市場が想定する「タカ派的な発言」
を行うのかどうかという点です。
「市場は時折間違う」ということも意識の中に入れておき、日々市場と対峙することが肝
要です。

本日のドル円は136円80銭~138円30銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3452-5a597023

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。