fc2ブログ

ドル円一転して下落。一時135円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆137円台で推移していたドル円は軟調な経済指標を受け急落。
135円82銭まで売られたが、その後136円台後半まで値を
戻すなど、荒っぽい動きが続く。
◆ユーロドルは続落し、朝方には0.9914前後まで売られたが、
その後反発。
◆株式市場は続落。ナスダックはほぼ横ばいながら、ダウは3日
続落。
◆債券は続落。長期金利は3.04%台に上昇。
◆金と原油は揃って上昇。

◆8月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)      →  51.3
◆8月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)    →  44.1
◆8月S&PグローバルコンポジットPMI(速報値)   →  45.0
◆8月リッチモンド連銀製造業景況指数          →  -8
◆7月新築住宅販売件                  →  51.1万件

本日の注目イベント

◆米   7月耐久財受注
◆米   7月中古住宅販売成約件数

ドル円は荒っぽい動きが続いています。
前日、ジャクソンホールでパウエル議長が「タカ派的」な発言を行うとの見方が
強まり、株と債券が大きく売られ、金利が上昇したことでドル全面高の展開にな
りましたが、昨日は米経済指標の下振れを受け、ドルが大きく売られました。
S&PグローバルPMIなど、一連の経済指標が悪化していたことで、米国の景
気後退懸念や、パウエル議長が「タカ派的」な発言を封印するのではとの見方が
広がり、ドルが一転して売られました。
ドル円は137円65銭レベルから137円を割り込み、一気に135円台後半
まで急落。さらにその後136円台後半まで値を戻す荒っぽい動きでした。わず
か30分ほどで1円80銭ほど動いたことになります。
パウエル議長の発言が「タカ派」になるのか「ハト派」になるのかを巡って、投
資家の思惑が交錯しているようです。

昨日は債券も売られ株も売られましたが、一方で金は7日ぶりに反発し、原油も
大きく買われています。ブルームバーグ・テレビジョンの番組で、ゴールドマン
のチーフエコノミストであるハッチウス氏はパウエル議長について、「前回の記
者会見の場合と同様、彼は先行き利上げペースを落とす方針を示すのではないか
。これまでに2回連続の0.75ポイント利上げがあった。データ面で大きなサ
プライズがない限り、9月の動きは0.5ポイントというのがわれわれの予想だ
」と述べ、さらに「議長が数字を特定することはないと考えられるが、引き締め
過ぎのリスクがあり、大幅な引き上げよりも、ややゆっくり進めることが理にか
なうと指摘すると私は想定している」と説明しています。
この番組の影響も多少あったのではないかと思われますが、「タカ派的な発言を
封印」との観測が一夜で高まるなど、市場は手掛かりを求めて右往左往している
状況です。
議長が9月利上げの幅について言及することはまずないと考えますが、大幅利上
げを2回連続で実施した後だけに、「その効果を見極めながら引き続きインフレ
抑制に全力で取り組む」といったコメントも予想できそうです。
ただその場合、ドル買いなのか、ドル売りなのか、難しい判断になりそうです。
そんな中、FRBが23日に公表した議事要旨では、12地区連銀のうち2行が
、7月に公定歩合を1ポイント引き上げることを支持したことが明らかになって
います。
7月のFOMCでの利上げ幅は0.75ポイントでしたが、「こうした投票は、
各地区連銀がどのくらいの利上げ幅を選好するのかを示すサインとして重要にな
り得る」(ブルームバーグ)とのことです。

本日24日で、ロシアがウクライナ侵攻を始めて半年になります。
ウクライナのゼレンスキー大統領は24日の独立記念日を前に、2014年に併
合されたクリミア半島からロシアを排除するとの決意を改めて表明しています。
この間、ロシアの執拗な攻撃により、ウクライナでは少なくとも972人の子供
の死傷が確認されたと、国連児童基金(ユニセフ)の事務局長が電子メールで配
信した資料で初めて明らかになっています。「実際の数字はこれよりもかなり大
きいとわれわれは考えている」とラッセル事務局長はコメントしています。
また、ウクライナ軍のザルジニー総司令官は、ロシアとの戦争で9000人近く
のウクライナ兵が死亡したことも明らかにしています。
一方クリミア南部の軍施設を爆破されたロシアは、向こう数日間にウクライナの
政府施設やインフラへの攻撃を強化する準備を行っていると、米当局者が明らか
にしており、戦闘がさらに激化する可能性もありそうです。不毛な戦争はいつ終
わるのか予想もつきません。

値動きの大きいドル円は日足の雲の上限を一旦抜けましたが、再び押し戻され、
同上限を挟んで上下しています。
ジャクソンホールまでまだ2日以上ありますが、米長期金利が3%台を維持して
いれば、ドルの支援材料になりそうです。ただ、NYダウは先週戻り高値を記録
してからすでに1250ドルほど下げています。
日柄的にも戻す可能性があり、株高、債券高に伴い、金利低下を手掛かりにドル
が売られる展開もないとは言えません。
テクニカル的には上昇傾向を辛うじて維持しているドル円ですが、ニュース一つ
で荒っぽい動きをみせるためどちらにも振れる可能性もありそうです。

本日のドル円は135円50銭~137円50銭といったところでしょうか。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3453-c4a17293

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。