fc2ブログ

ドル円は143円台で落ち着いた動きに 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は久しぶりに小動き。143円台前半から後半まで
上昇したが144円には届かず。長期金利の上昇がドルの支えに。
◆ユーロドルは景気後退と金利上昇観測を手掛かりに、パリティを
挟みもみ合いが続く。
◆株式市場は3指数が続落。ダウは173ドル下げ、今週の大幅
安の余韻が残る。
◆債券は反落。長期金利は3.44%に上昇。
◆金は3日続落。金利高とドル高の影響から金から資金が流出との見方。
一時は1668ドル台まで売られ、2020年4月以来の安値に沈む。
◆原油も世界景気の減速懸念から大幅に下落。

◆9月NY連銀製造業景況指数        →  -1.5%
◆8月小売売上高              →  0.3%
◆9月フィラデルフィア連銀景況指数     →  -9.9
◆8月輸入物価指数             →  -1.0%
◆8月輸出物価指数             →  -1.6%
◆8月鉱工業生産              →  -0.2%
◆8月設備稼働率              →  80.0
◆新規失業保険申請件数           →  21.3万件

本日の注目イベント

◆中   中国8月小売売上高
◆中   中国8月鉱工業生産
◆欧   ユーロ圏8月消費者物価指数(改定値)
◆欧   NATO会合(エストニア、18日まで)
◆英   英8月小売売上高
◆米   9月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
◆加   カナダ8月住宅着工件数

昨日のNYは比較的静かな取引きに終始したようです。
朝方の東京市場では143円を割り込み、142円80銭近辺まで売られ
る場面もありましたが、その後は143円台に戻し、その流れが海外でも
維持された格好です。日銀の「レートチェック」が話題になり、個人投資
家からも市場介入の可能性について問い合わせもあり、警戒感はあるも
のの徐々に消化している状況です。

政府日銀は145円に迫る円安を放置できないとして、14日には市場介
入を匂わす「レートチェック」を行いました。
仮に日銀が市場介入しても、その効果は限定的だと昨日のコメントで述べ
ましたが、根本的な要因は、米国がインフレを抑制するため大幅な利上げ
を継続する一方、日本ではいまだにゼロ金利政策が取られていることに大
きな差があり、これが円安の最大の理由になっています。加えて、15日
に発表された8月の貿易収支では13カ月連続の「貿易赤字」となり、赤
字額は比較可能な1979年以降単月で「過去最大」でした。
輸出も増えてはいますが、輸入はそれを上回るペースで拡大しています。
資源価格の高騰に加え円安が拍車をかけており、原油と原粗油は90.3
%増え、LNGでは2.4倍、石炭は何と3.4倍に増え、8月の貿易赤
字額は2兆8173億円でした。
赤字額が増えると、単純に言えば市場でドルを買う人が増えるということ
になり、上記金利差以外の「構造的要因」となっています。仮に市場介入
で短期的にドルを押し下げたとしても、この「構造的な要因」が解消され
ないかぎり、円安の流れは簡単には止まらないのかもしれません。
もっとも、円安がさらに大幅に進めば海外生産を行っているメーカーも採
算が取れなくなり、国内に生産拠点を回帰させる動きも徐々に出てくるか
もしれません。
そうなると、国内で人員不足がさらに高まり、賃金の上昇にもつながる可
能性がありますが、やや時間の長い話になります。

いよいよ来週にはFOMCが始まり、21日には政策金利の発表がありま
す。現時点での予想は、0.5ポイントの利上げの可能性はほぼ「ゼロ」
と見て良く、0.75か、1.0ポイントの利上げ幅に絞られます。
米国ノムラやJPモルガンなどが、1ポイントに傾いているようですが、
基本は依然として0.75ポイントの利上げということかと思います。筆
者も0.75ポイントの予想を維持しています。
FOMCで1ポイント利上げといったサプライズの可能性も全くないわけ
ではないと思われますが、冷静に考えれば、0.75ポイントでも通常の
3倍であり、しかも3会合連続ということになり、かなりタカ派的行動と
いうことになります。サマーズ元財務長官などは、早めの行動がより効果
的だと言及していますが、FRBが3月に利上げを開始してからすでに2
.25%に達しています。大きく売られているNY株式市場の状況を考え
ると、FRBが1ポイントの利上げを行うリスクは取れないのではないか
と考えます。仮に1ポイントの利上げを決定したら、NYダウは再び10
00ドルの下げを見せる可能性もあり、ドル円は145円を超えて上昇す
ることになりそうです。
ブルームバーグは、「インフレの筋道を変えるには政策を引き締める必要
があることを金融当局は分かっている。そしてそれはまだ始まっていない
」、「遅れを取り戻そうとしている状況だ」といった、KPMGのチーフ
・エコノミストのコメントを紹介しています。

中ロ首脳会談がウズベキスタンで行われました。
プーチン氏は、「ウクライナ危機について中国の友人たちが示すバランス
の取れた姿勢」をたたえる一方、「米国とその衛星国による台湾海峡での
挑発」を非難しました。
習氏はプーチン氏を「旧友」と呼び、「両国それぞれの中核的利益に関す
る問題について、強力な相互支援を拡大する用意がある」と述べています。
ウクライナ南部でロシア軍の形勢が急速に悪化している状況に直面してい
るプーチン氏にとって、中国の後ろ盾が欲しいということでしょう。
中国にとっても、ロシアの窮地を外交上の手段としてうまく使いたい思惑
がありそうです。

昨日は多くの経済指標が発表されましたが、雇用の方は引き続き拡大傾向
を維持しているようです。NY連銀製造業景況感指数など、その他の指標
では明らかにブレイキがかかっている状況がうかがえますが、同時に底堅
さも示しています。本日はミシガン大学消費者マインドの結果が注目です。

予想レンジは142円50銭~144円50銭程度とします。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3469-286da74a

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。