fc2ブログ

市場介入を受けドル円乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆政府日銀による市場介入で140円35銭近辺まで急落した
ドル円は再び上昇傾向に。NYでは143円45銭まで買われ、
この日の高値圏で引ける。
◆ユーロドルは大きく値を下げ、0.9669前後まで下落。
約20年ぶりのユーロ安水準を示現。
◆株式市場では再び売りが加速し、3指数が揃って大幅続落。
米景気のハードランディングが避けられないとの見方が強まり、
株価を押し下げる。
◆債券は反発。長期金利は3.68%台へ低下。
◆金は大幅に反落。一時は1650ドルを割り込む。
原油も大幅に売られ、一気に80ドルの大台を割り込み78ドル台に。
世界景気の減速を織り込む動きが続く。

********************(何もない時は空欄のままにします)

◆8月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)      →  51.8
◆8月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)    →  49.2
◆8月S&PグローバルコンポジットPMI(速報値)   →  49.3

本日の注目イベント

◆日   黒田日銀総裁記者会見
◆独   独9月ifo景況感指数
◆欧 ラガルド・ECB総裁、欧州議会の公聴会でスピーチ
◆欧   OECD経済見通し  
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
◆米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演

政府日銀はついに先週22日(木)の午後5時前後に市場介入に踏み切り
ました。予想していたタミングよりやや早かったと考えていますが、翌日
が日本の祝日で東京市場が休場であったことを考えると、ギリギリの選択
だったのではないかと思います。

今考えると、それらしい動きもあったように思います。
22日(木)の昼前、それまでやや「壁」となっていた「145円」が抜
け、145円33銭までドルが買われ、「いよいよ145円を突破し、上
昇に勢いがつくのか」と考えていた矢先、ドル円がわずか10分程度の間
に143円30銭前後まで急落した場面です。
通常、このような動きは余程の材料がない限り考えにくく、懸命にその材
料を探しましたが、見当たりませんでした。
想像するに、恐らく何らかの介入の動きや打診のようなものが本邦銀行を
通じてあった可能性が高いとみられます。その動きを察知したAIが自動
的に発動されたのではないかと思います。
財務省の神田財務官のコメントがあったのも午後で、一部邦銀に介入の意
思が伝えられたか、漏れた可能性がありそうです。
財務官はその後の会見で、介入はまだやっていないとする一方、「ステル
スでやる場合も正直ある」と述べ、「必要な時は必ずやることになる」と
も強調し、さらに今すぐにでも対応できる状況かとの問いには「そうです
」と答えていました。明らかにこれまでの口調とは異なっています。

市場介入のタイミングを早めたのは日銀の決定会合の結果と、その後の黒
田総裁の会見も挙げられそうです。
午後3時半から始まった会見で総裁は、一方的な円安に懸念を示しなが
らも「金融緩和を当面続けることは全く変わらない」と述べると、ドル円
は徐々に上昇し、さらに「金利を引き上げることはない」と述べると、ド
ル円は145円90銭までドル高が進みました。総裁が金融政策に変更が
ないことを口にするたびに、円が売られる展開でした。
このままでは146円台に乗せ、ドルがさらに上昇すると見られたこのタ
イミングで、24年ぶりとなる市場介入が実施されたことになります。

「仮に市場介入があれば、3~5円程度円高方向に振れる可能性がある」
と予想していましたが、ドル円は140円台までは押し下げられ、その後
は神経質に上下を繰り替えし先週末のNYでは143円台半ばまで押し戻
されています。
日銀は円安を懸念しながらも、円が売られ易い状況を作り出す一方、財務
省は円買いドル売りの介入を行うといった、一般投資家からみれば「やや
ちぐはぐな行動」にも思えるのではないでしょうか。
今後ドル円が再び145円台を回復し、再び介入を引き出す展開になった
としても、「その効果は徐々に薄れる」と筆者は予想しています。
筆者も現役の頃介入局面には何度も遭遇していますが、その経験からも、
介入は繰り返せば繰り返すほどその効果は低減していきます。
もっとも、当時は急激な円高が進んでいた時で、今回とは異なり「ドル買
い円売り介入」でしたが。

ドル円の流れは構造的な部分にあって、ドル高傾向は簡単には変わらない
と考えます。
日米金融当局の金融政策に伴う「金利差」と、日本の常態化した「貿易赤
字」から、ドルが買われ円が売られる構図に変化がない限り、人為的に円
高にする以外にはなかなか円が買われる状況にはなりにくいのではないで
しょうか。
円はかつて「有事の円買い」などとも称されましたが、今回のロシアによ
るウクライナ侵攻でも円が買われる局面はほとんどありませんでした。
最近では「有事のドル買い」といった言葉さえ目にします。
今回のウクライナ情勢では、エネルギー価格の急激な上昇から「エネルギ
ーに弱い日本」が意識された面さえあります。
今後の焦点は、「145円台が介入のメド」ともみられるため、ドル円が
再び買われこのレベルに届いた時、再度介入が見られるのかどうかといっ
た点です。また、米国の今回の日本の単独介入に対する認識も重要になる
とみています。

米経済がハードランディングする可能性が徐々に高まってきているようで
、NY株式市場はこの動きを織り込み大きく下落しています。ダウは大台
の3万ドルを割り込み、2020年12月以来の低水準に沈んだばかりか
、高値から20%を超える下落をみせたことから「弱気相場入り」したと
の見方も広がっています。金も大きく下げ、WTI原油価格も80ドルを
大きく下回ってきました。
アトランタ連銀のポスティック総裁は25日CBSの番組で、ソフトラン
ディングの見通しについて「厳しい状況が予想される。容易ではない」と
しながらも、「経済は比較的、秩序ある形で減速することが可能だ」と述
べ、「米金融当局はあらゆる可能な措置を講じるだろう。シナリオは複数
ある」と、やや楽観的な見方を示しています。
また、パウエル議長はFRBが主催したイベントで、金融政策には言及せ
ず、「われわれは極めて異例な一連の混乱に対応し続けている」と語り、
「ニューノーマル(新常態)に入りつつある可能性がある」と述べていま
す。

本日のドル円は142円~144円50銭程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3473-54535ca7

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。