fc2ブログ

英ポンド変動相場制移行後最安値に 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は続伸。米長期金利が上昇したことや、対ドルで
ユーロやポンドが売られたことで円もつれ安に。144円79銭まで
ドル高が進み、高値圏で引ける。
◆ユーロドルは続落。独ifo期待指数の悪化が続き、ユーロは
0.9599まで下落。
◆ポンドが急落。トラス政権が表明した財政政策と追加減税がインフレを
加速させるとの懸念が広がり、ポンドドルはアジア時間に1.0360
近辺まで売られる。
◆株式市場は大幅に続落。ダウは329ドル下げ、S&P500は
5日続落。
◆債券は反落。長期金利は2010年4月以来となる3.93%台
まで上昇する場面も。
◆金は大幅に続落し、原油も2ドルを超える下げに。

本日の注目イベント

◆中   中国8月工業利益
◆欧   ユーロ圏8月マネーサプライ
◆米   8月耐久財受注
◆米   7月FHFA住宅価格指数
◆米   7月ケース・シラ-住宅価格指数
◆米   9月リッチモンド連銀製造業景況指数
◆米   9月コンファレンスボード消費者信頼感指数
◆米   8月新築住宅販売件数
◆米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
◆米   パウエル・FRB議長、パネル討論会に参加
◆米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁、質疑応答に参加

予想通り、FOMCメンバーのタカ派発言が相次ぎ、FRBはインフレを抑制
するため当面は大幅利上げを継続せざるを得ないとの観測が広がり、金融、商
品市場では混乱が続いています。

債券市場では債券が売られ、米長期金利は2010年4月以来となる3.93
%台まで上昇しました。米金利との相関が強いドル円は金利上昇を手掛かりに
、「介入警戒感」がありながらも、144円79銭までドル高が進みました。
先週木曜日の市場介入で5円以上もドル円は押し戻されましたが、その値幅の
8割程度を回復したことになります。
もっともドル円が上昇した背景には、ユーロやポンドなど、欧州通貨が対ドル
で軒並み安値を記録したことで、「つれ安」した面もあります。
特にポンドドルは、昨日の朝方のアジア市場で大きく売られ、一時は1.03
60前後までポンド安が進みました。
この水準は1973年に変動相場制に移行して以来の安値を記録したことにな
ります。
昨日のこの動きは「フラッシュ・クラッシュ」の可能性もあり、バンク・オブ
・イングランド(BOE)は緊急声明を発表しましたが、ポンドの戻りは限定
的となっています。
トラス政権が表明した財政政策と追加減税がインフレを加速させ、借り入れを
増大させるとの懸念が広がっています。
ユーロドルも連日安値を更新しており、昨日のNYでは0.9599まで売ら
れています。
独ifo期待指数の悪化が続いていることと、25日のイタリアの上下院の総選挙
で、野党の「イタリアの同胞」が第1党に躍進したことで、同国の政治的リス
クが高まりユーロ売りにつながっています。

株式市場ではダウが連日大きく値を下げ、昨日も329ドル安で引けています。
今年1月に記録した3万6799ドルからはすでに7500ドル(約20.49
%)以上も下げています。投資家の多くは、まさにパウエル議長の言った「さら
なる痛み」を感じていることでしょう。
商品市場でもWTI原油価格は売られ、一時は76ドル台半ばまで下げ、金も1
628ドル台まで下げる場面がありました。
いずれもFRBがインフレ抑制のため今後も大幅な利上げを継続するとの見方が
影響しています。
「ブラックアウト」明けで、多くのFOMCメンバーの講演などが予定されてい
ますが、メンバーの中ではほぼインフレ阻止に向って意志統一が出来ていると思
われます。従って、予想される発言もタカ派寄りになる可能性が高いことを、昨
日のコメントに残しました。

クリーブランド連銀のメスター総裁は、「根強い高インフレを退治するために追
加の利上げが必要だ」と述べ、「インフレ期待の抑制が効かなくなるのを防ぐに
は、引き締めより長期間維持すべきだ」との認識を示し、ボストン連銀のコリン
ズ総裁は就任後初となる講演で、「インフレを目標に回帰させるには、金融政策
のさらなる引き締めが必要だ。最近のFOMCの予測でもそれは示されている」
と指摘し、「インフレが鈍化しているという明確かつ説得力ある兆候を目にする
ことが重要だ」と述べています。また、アトランタ連銀のポスティック総裁も、
「米経済が最も良く機能するのは、経済の先行きや短期および中期の軌道に対す
る信頼がある時で、高インフレはそれを損なう。従って金融当局がすべきことは
、インフレをもっと抑制することだ」と語っています。
このように、FOMCメンバーである地区連銀総裁は今後の利上げには前向きと
いうか、さらに積極的な利上げも辞さないといった姿勢を見せていました。
一方でFOMCメンバーではありませんが、急激な利上げを懸念する声もありま
す。ペンシルベニア大学ウォートン校のシーゲル教授はCNBCとのインタビュ
ーで、「米金融当局は、過度に強固かつタイトな姿勢をあまりにも長期にわたっ
て続ける可能性が高い」とした上で、「フォワードルッキングな実際のインフレ
率を踏まえれば、FF金利先物はタイト過ぎる」と述べています。
さらに教授はインフレに関して、「中身のない話を続けるより、リセッションの
リスクの方がはるかに高い」と論じていました。(ブルームバーグ)

先週、政府日銀は市場介入に踏み切りましたが、その介入規模がほぼ明らかにな
っています。ドル売り円買い介入を行ったことで、スポット取引の決済日は本日
になりますが、26日に発表された当座預金残高の推計から「3兆円規模の円買
いドル売り」を行った模様です。今回の介入は円を買うことから、市場から円を
吸い上げることにつながり、基本的には短期金利の上昇要因となります。
黒田総裁は今回の介入について「金融政策と為替政策は目的や効果が異なり、矛
盾するとは思わない」と述べ、「(年明け以降に)2%を割ることは確実だと思
っており、賃金の上昇を伴った2%の物価上昇が来年実現されるとはみていない
」と語っています。(日経新聞)

本日のドル円は145円台に乗せることが出来るかどうかですが、昨日のNYで
はドル高が進みながらも同水準をテストするには至っていません。
東京時間では当然介入警戒感もあります。今後ドルがさらに上昇するとしても、
一旦利益が出るポジションを手放す水準を探るスタンスでいいのではないでしょ
うか。

レンジは143円~145円50銭程度とみています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3474-19a358ca

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。