fc2ブログ

米長期金利3.99%まで上昇 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆ドル円は小幅ながら続伸。米長期金利の上昇を背景に
144円90銭まで上昇。
◆ユーロドルは続落。0.9570までユーロ安が進み、
前日の水準を下回る。
◆株式市場はまちまち。ダウは一時400ドルを超える上昇を
見せたが、結局マイナスで終わり、これで6日続落。
◆債券も続落し、長期金利は一時3.99%台まで上昇。
◆金と原油は反発。

◆8月耐久財受注                →  -0.2%
◆7月FHFA住宅価格指数           →  -0.6%
◆7月ケース・シラ-住宅価格指数        →  16.06%
◆9月リッチモンド連銀製造業景況指数      →  0
◆9月コンファレンスボード消費者信頼感指数   →  108.0
◆8月新築住宅販売件数             →  68.5万件

本日の注目イベント

◆豪   豪8月小売売上高
◆日   日銀金融政策決定会合、議事要旨(7月20日、21日分)
◆日  7月景気先行指数(CI)(改定値)
◆独   独10月GFK消費者信頼調査
◆欧  ラガルド・ECB総裁講演
◆米   8月中古住宅販売成約件数
◆米   ボスティック・アトランタ連銀総裁、質疑応答に参加
◆米   ブラード・セントルイス連銀総裁、イベントで歓迎の挨拶
◆米   パウエル・FRB議長、会議で歓迎の挨拶
◆米   ボウマン・FRB理事講演
◆米   バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
◆米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

米10年債利回りが上昇し、昨日のNYでは一時3.99%と、4%に迫る水準まで
上昇しました。この動きに伴い、ドル円も買われ144円90銭までドル高が進みま
したが、145円には届いていません。NYでも介入警戒感があり、l45円手前で
止まったようです。
145円台に乗せれば、再び政府日銀のドル売り介入を誘発することにもなりかねな
いとの警戒感から、足踏みした格好です。
ユーロドルでも引き続きドル買いユ―ロ売りが続いていることから、ドル円も145
円台を攻めたいところですが、「誰が猫に鈴をつけるか」といった状況です。
昨日も多くのFOMCメンバーの発言がありましたが、ほぼ押しなべてタカ派寄りの
発言でした。ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁はウォールストリート・ジャーナル
(WSJ)のイベントで、「われわれは非常に積極的に動いている。かなりの引き締
めが進行中だ。物価の安定を回復させることにコミットしているが、時間差があるこ
とを踏まえれば、やりすぎのリスクがあることも認識している」としながらも、「現
在のペースが適切だ」と語っています。
また、セントルイス連銀のブラード総裁はロンドンの講演で、「政策金利は景気抑制
的な領域に入ったと言える段階に達したばかりだ。インフレ問題を確実に抑え込むた
めにも、しばらくは金利を高水準に据え置く必要がある」と述べています。
シカゴ連銀のエバンス総裁も「今から6カ月で、金融政策の遅行効果が労働市場に現
れるはずだ」と述べるとともに、米当局はインフレが上昇し始めた際に、間違いを犯
し「判断を誤った」と認め、「今になって考えると、私は恐らく引き締めをもっと早
期に開始していただろう」と続けています。(ブルームバーグ)

この日はイエレン財務長官の発言もあり、協調介入の可能性に関してのヒントがあっ
たようにも思えます。
イエレン氏は足元の株式、債券市場の動きについて、投資家の間で動揺が広がってい
ることを受け、「金融市場は良好に機能していると考える。秩序を欠いた状況にはな
い」との認識を示しました。
さらに長官は、「米国は他の多くの国々よりも早いペースで進んでいるため、ドルに
は上昇圧力が見られる」と指摘した上で、「私にとって、金融市場の引き締まりを反
映するこの種の展開は、インフレ対策に関わるものの一環だ」と語っています。
言うまでもなく、この発言はインフレの高進に苦しむ米国にとって、ドル高は好都合
だといった意味合いになります。
言い換えれば、「インフレを抑制するため、ドル高による効果も見込んでいる」とい
った意味にも受け取れると考えます。予想されたことですが、現時点では米国が「協
調介入」に賛同する可能性は極めて低いと考えられます。ドル円が再び145円を超
えて上昇し、政府日銀の介入が見られたとしても、結局「単独介入」であり、その効
果は限定的だということになります。

3会合連続で0.75ポイントの利上げを行い、3月に利上げを開始してからの利上
げ幅は3.0%に達しています。「やりすぎのリスクがあることも認識している」と
言ったカシュカリ総裁の言葉にもあったように、大幅利上げによる景気の急激な後退
も期待されていましたが、現実には米経済の足腰は思った以上に強く、その効果も想
定されたものではありません。昨日発表された9月の消費者マインドも市場予想を上
回り、2カ月連続で上昇していました。「好材料は、悪材料」というパターンが定着
し、この指標を受け金利が上昇し、株価の下落につながっています。

本日も多くのFOMCメンバーによる発言が予定されています。
基本はタカ派寄りの発言で変わりはないと思われますが、市場も徐々にそのような発
言にも慣れて、反応も限られてきそうです。
11月FOMCでの利上げ幅が焦点になりますが、そこに大きな影響のある9月の雇
用統計とCPIが最も大きな材料になります。

本日のドル円は143円50銭~146円程度を予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3475-dce002ec

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。