fc2ブログ

OPECプラス、減産で合意 

ひと目で分かる昨晩の動き 

NY市場

◆東京時間朝方には143円台半ばまで売られたドル円は
NYでは上昇に転じる。米長期金利が上昇したこともあり、
144円85銭までドル高が進む。
◆前日パリティー目前まで上昇したユーロドルは反落。
0.9835まで売られ、0.97~1.0のレンジを
形成しつつある。
◆株式市場は3日ぶりに反落するも小幅にとどまる。
ここ2日間大幅に上昇したこともあり、大きく下げて
取引が始まったが、午後には下げ幅を縮め、ダウは
42ドルの下落。
◆債券は下落。長期金利は大幅に上昇し、3.75%台に。
◆金は4日ぶりに反落。原油は「OPECプラス」が減産に
合意したことを受け続伸。

◆9月ISM非製造業景況指数    →  56.7
◆9月ADP雇用者数        →  20.8万人
◆8月貿易収支           →  -67.4b

本日の注目イベント

◆豪   豪8月貿易収支
◆日   10月日銀地域経済報告(さくらリポート)
◆独   独8月製造業新規受注
◆欧   ユーロ圏8月小売売上高
◆米   新規失業保険申請件数
◆米   エバンス・シカゴ連銀総裁、質疑応答に参加
◆米   メスター・クリーブランド連銀総裁講演
◆米   クック・FRB理事講演
◆米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、質疑応答に参加
◆米   ウォラーFRB理事講演

昨日の朝方の東京市場オープン時にドル円は143円53銭近辺まで売られ、
もう少し下値を試す展開も予想していましたが、その水準を底値にジリ高とな
り、NYでは144円85銭までドルが買われています。
再び144円80銭-145円のゾーンが「壁」になっており、上昇に勢いは
見られませんでした。前日はISM製造業景況指数が下振れしたことで株式と
債券が買われ、長期金利の低下を手掛かりにドル売りが進みましたが、長くは
続かなかったようです。3市場とも引き続きボラティリティの高い動きが見込
まれます。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非OPEC加盟国で構成する「OP
ECプラス」は、日量200万バレルの生産枠削減で合意しました。
この合意を受けてWTI原油価格は上昇し、一時は88ドル台半ばまで買われ
ましたが、結局、前日比1ドル24セント高の87ドル76セントで引けてい
ます。
今年6月には123ドル台まで買われた原油価格でしたが、インフレ率の高ま
りから各国中銀が大幅利上げ競争に走り、世界的に景気が減速するとの見方か
ら下落基調が続いていました。
先月下旬には76ドル台まで売られた価格の下落を止める意味でも、今回は減
産に合意した側面もあったようです。ナイジェリアの石油資源相は「OPEC
は90ドル前後の価格を望んでいる。その水準を下回ると一部の国が不安定化
する」と会合後に発言しています。
一方、「OPECプラス」の決定した日量200万バレルの減産計画について
バイデン大統領は、「詳細を見なければならないが、(減産は)不必要だ」と
述べ、サリバン大統領補佐官とディース国家経済会議(NEC)委員長は声明
文で「米国の消費者を守りエネルギー安全保障を高めるため、適切な限り大統
領はSPR(戦略石油備蓄)の直接放出を続ける」と説明しています。(ブル
ームバーグ)

昨日発表されたISM非製造業景況指数は前月よりも低下したものの、堅調な
水準を維持していました。また、ADP雇用者数も市場予想を若干上回り堅調
でした。
同指標は8月分も速報値の13万2000人から18万5000人と大幅に上
方修正されています。
明日の雇用統計でも堅調な数字が予想されますが、ADP雇用者数の結果につ
いてブルームバーグは「労働需要にいくらか鈍化の兆しも見られるが、ADP
のデータは労働市場が依然として力強いことを浮き彫りにしており、失業の急
増を引き起こすことなく数十年ぶりの高インフレ抑制を目指す米金融当局の取
り組みを複雑にしている」と論じています。
また、金融政策に関するFOMCメンバーのスタンスも変わっていません。
アトランタ連銀のポスティック総裁は、「40年ぶりの高水準付近にとどまる
インフレ率を押し下げるため、政策金利を年末までに4-4.5%に引き上げ
て金融引き締めを維持することを支持する」と語り、SFシスコ連銀のデーリ
ー総裁は、「データ次第だ。われわれが必要とする状況をデータが示せば、そ
の時はシフトダウンするだろう。データがそれを示さない場合、われわれは現
在やっていることを続けなければならないだろう」と述べています。

このように、多くのFOMCメンバーが発表されるデータに細心の注意を払っ
ており、明日の雇用統計の結果が最大の焦点になりますが、今夜の週間失業保
険申請件数も、その意味では材料になり得ます。
彼らは、景気が減速し、インフレのピークアウトを示すデータが喉から手が出
るほど欲しいはずですが、FRBが利上げに転じてから半年が経つにもかかわ
らず、依然として米景気に大きな崩れは見られません。米国の底力というべき
でしょうか。

本日のドル円は143円50銭~145円50銭程度と予想します。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3481-0d024411

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。