fc2ブログ

ドル円三度目の145円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は145円台を回復。タカ派発言が相次ぎ、FRBの利上げスタンスは変わらないとの見方が再びドル買いにつながる。

  • ユーロドルは続落。0.9789までユーロ安が進み、ドル全面高の様相に。

  • 株式市場は続落。FOMCメンバーのタカ派発言が相次ぎ、FRBのスタンスは変わらないとの見方から3指数とも揃って売られる。

  • 債券も売られ、長期金利は一時3.84%台まで上昇。

  • 金は変わらず、原油は4日続伸。

本日の注目イベント

  • 日 8月景気先行指数(CI)(速報値)
  • 中 9月外貨準備高
  • 独 8月鉱工業生産
  • 米 9月雇用統計
  • 米 8月消費者信用残高
  • 米 ウィリアムズ・NY連銀総裁、質疑応答に参加
  • 米 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、フォーラムに参加
  • 米 ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
  • 加 9月就業者数
  • 加 9月失業率

4日のオーストラリア準備銀行(RBA)による追加利上げの幅が0.25ポイントと、市場予想よりも小幅だったことから、FRBも含め世界の中銀による過度の利上げスタンスが和らぐといった見方が広がり、債券と株が買われ、ドル円は一時143円台半ばまで売られましたが、やはり、インフレ高進を前に、利上げペースを緩めるにはまだハードルが高いようです。

景気の鈍化を示唆する経済指標や、FOMCメンバーによる発言に対して、市場は極めて敏感になっており、昨日は後者のタカ派的な発言が今週前半の「楽観的な雰囲気」を一気に崩してしまいました。ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は6日、「まだやるべき仕事がある」と発言し、「基調的なインフレがしっかりとピークを付け、出来れば再び下向きになる幾らかの兆候が見られるまで、私は休止を宣言する用意はない。休止はかなり遠い先になると考える」と、これまでよりも一段とタカ派的な発言を行いました。さらに同総裁は、米経済の下振れリスクには留意が必要だが、「しかし、政策スタンスを実際に変更するハードルは高い」と述べています。また、FRB理事に就任後初の講演を行ったクック氏は、「インフレ率が当局の長期的な目標である2%を大きく上回って推移していることを踏まえると、物価の安定を取り戻すには、インフレ率が目標の2%にしっかり向っているとわれわれが確信できるまで利上げを継続し、その後政策をしばらく景気抑制的な水準で維持することが必要になる可能性が高い」と説明しました。この内容は、これまで多くのFOMCメンバーが口にしてきたことと相違はなく、足並みを揃えた形になっています。

さらに昨日はシカゴ連銀のエバンス総裁もイリノイ州で行われた会議で、「政策金利は来年のどこかの時点までに4.5-4.75%に達すると考えられ、これまでの利上げの速さを踏まえると、その時期は春になる可能性が高い」との認識を示しました。(ブルームバーグ)これまで、利上げの終点であるターミナルレートについては、4.25-4.5%といった見方、これでもどちらかと言えば高目だったと思われますが、エバンス総裁はそれを超える金利水準に言及しています。現行の政策金利からは少なくても1.5ポイントの大幅利上げが必要だということになります。カナダ中銀のマックレム総裁も、市場のセンチメントを厳しいものにする一役をかっています。マックレム総裁は「経済はまだ明白に過剰な需要がある状況だ。企業は極度にタイトな労働市場に直面し、賃金上昇が広がり、基調的なインフレ圧力に緩和の兆しは一切見られない」とし、「インフレは自然には消失しない。簡潔に言えば、さらにすべきことがある」と語っています。

これらの発言から市場の楽観ムードは再び元の軌道に戻され、株と債券が売られ、長期金利は3.84%まで上昇。金利上昇に呼応するかのように、ドル円は145円台を回復し、145円14銭までドル高が進んでいます。先月22日の政府日銀による市場介入で145円台後半から140円台前半まで一気にドルが下押しされましたが、日米金融当局の政策スタンスは全く変わらず、政府日銀は「双方の政策行動に矛盾はない」と説明に躍起になっていましたが、市場は冷静にドル買い円売りスタンスを維持しているようです。今週3日には介入後としては二度目となる145円台に乗せ、145円29銭前後までドル円が急伸する場面もありましたが、この時は時間的にも非常に短く、その後米金利の低下に伴い143円台半ばまでドルが下げました。

そして今回の145円台乗せが「3度目」ということになります。当然市場参加者には「介入警戒感」が依然として残っています。「どの水準で介入に踏み切るのか」、「介入水準」を探る展開になろうかと思いますが、ひよっとしたら、このままドルが上昇し、仮に145円台が定着するような状況になっても、「介入はないのではないか」と個人的には考えています。再度介入するのであれば、より効果的な介入をしたいと思うのが政府日銀の考えでしょう。市場が、「今か今か」と構えている所に実施するよりは、「介入はない」と思わせ、安心した所で実施するほうが、より効果が見込めます。単なる個人的な想像でしかありません。東京市場が来週月曜日に休場だということを考慮すれば、前回9月22日の状況と条件は一緒です。さらに今夜は雇用統計が控えています。結果次第では大きくドルが買われる可能性も否定できません。果たして「おばけ」は再び姿を現すのでしょうか。

本日のドル円は143円50銭~146円50銭程度とします。

--------------------------------------------------
今週、ウクライナ情勢に関して、「ウクライナでの戦争は年単位ではなく、恐らく月単位で終わるだろう」といったコメントが、同国大統領府長官顧問から発せられたという報道がありました。確かに、ロシアが予備役の部分的な動員を決めたことで国内で動揺が広がり、これまでには見られなかった「反プーチン運動」も各地で起きています。
隣国ジョージアに避難するロシア人の車の列が何十キロも続いているといったニュースもありました。
日経新聞「春秋」では、「ロシアでは動員逃れのため意図的に骨折する方法を指南するネット投降もある」といったコラムに、評論家山本七平氏が、戦時中に日本の若者が徴兵逃れに取った、もっともらしい手口について記述した著書を紹介していました。
それによると、当時、軍隊が最も嫌ったのは結核患者で、徴兵検査の際に結核と誤診させる方法として、「検査の前々日にツベルクリン注射をして、その朝にナマズの生き血を飲む」という珍説が広く流布したそうです。
本当に効果があるのかかどうかは分かりませんが、何か、聞いただけで気味が悪い感じもします。徴兵されるよりは良かったのでしょうか。
この著書、「私の中の日本軍」がロシア語に翻訳されて店頭に並んでいたら、飛ぶように売れ、ベストセラー間違いなしでしょう。

良い週末を・・・・・。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/3482-daf0e7cd

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。